転職面接「希望職種に就けない可能性もありますが」の質問に対する回答例

総合職や複数職種の募集のように、入社後に適正や能力などで配属先を決めるようなケース、または別の部署で経験を積んでからの配属となるケースの場合、この質問を面接で問われることがあります。

やりたい仕事ができなかった場合どうしますか?
希望職種に就けない可能性もありますが、問題ありませんか?

企業側はこの質問から何を探ろうとしているのでしょうか?

この質問は「どう回答するか」によって評価が大きく分かれるので、企業側の質問意図をしっかりと把握して回答を準備しておく必要があります。ここでは「企業側の質問意図」「NG回答例」「OK回答例」を交えて詳しく解説していきます。

企業側の本音 ~ここが知りたいポイント~

企業側はこの質問の回答から何を探ろうとしているのでしょうか。適切な回答を準備するため、まずは、企業の「質問意図」を把握しましょう。

<質問意図>
この質問は、「問題ありません」を大前提に聞いているので、「問題ない!」と言える明確な理由を答えとして求めている。また、「将来的に希望職種へ就くためのプラン」も合わせて聞かせて欲しい。

転職に臨むにあたって理解しておくべきは、「会社は個人のために存在しない」ということです。個々人の希望を全て聞くわけにはいきませんし、会社の利益を最大化させる為に人員を配置するのが普通です。それ故に、「希望が通らないのであれば辞退します」「再転職を考えます」では話が前に進みませんし、間違いなく不採用となるでしょう。

採用側は、「会社の意向を受け入れる柔軟性や適応力があるのか」を確認する為にこの質問を投げかけていますので、「問題ありません」という回答が組織で働く人間として大前提となります。

その上で、希望職種に就きたいという想いをどう伝えるかが重要です。すぐには希望通りの職種に就けなかったとしても「入社後にその希望を実現するための取り組みを行っていく」といったニュアンスで伝えれば、入社意欲と希望職種への想いの両方を伝えることができます。

 

NG回答例

実際の面接の場でよくある「NG回答」について見ておきましょう。

「〇〇の仕事をするために転職を決意しましたので、希望が通らないのであれば選考を辞退させていただきます。」
 
「希望職種に就けないのであれば、辞めることも含めて検討いたします。」
 
「御社に入社できるのであれば、希望職種でなくても構いません。(この一言のみ)」

不採用覚悟で自分の想いを貫きたいのであれば問題ありませんが、希望が通らないだけで「選考辞退」や「会社を辞める」などの話を持ち出すのはNGです。社会人としての認識が甘い、単なるわがままと取られて終了です。

また、3つ目の例文のように「希望職種に対する熱い想いが感じられない回答」も避ける方が無難でしょう。印象が悪いだけでなく、「結局は何でも良いんだ」とマイナスに取られる可能性があるからです。

OK回答例

この質問の回答としては、どんな内容が適切なんでしょうか。

組織で働く以上、希望通りにならないことがあるのは理解しています。
前職でもシステム開発営業職に就きたいとの希望を出し続けていましたが、在職中は社内ネットワークやパソコン、サーバーのトラブルに対処する社内SE職に従事していて、当初の願いは叶いませんでした。しかし、社内SE職でもやりがいを持って業務に就いていましたし、希望するシステム開発営業職との共通・類似業務もありましたので、私なりに満足して働くことができました。
御社の視点から見て、私が活躍できるフィールドが他にあるとのことでしたら、まずは希望外であったとしもお受けしたいと思います。そこでしっかりと結果を出してから、自分の希望を実現するために、社内公募制度などを活用して次に進めるよう努めたいと考えております。

希望が叶わなかった今までの経験を交えて語ることで、柔軟性を感じさせます。この内容であれば、「希望外の部署への配属も問題はない」「会社を簡単に辞めることはない」と判断されるでしょう。また、入社後の希望実現に向けての具体的な取り組みにも触れており、入社意欲と希望職種への想いの両方を感じさせられる回答となっています。

このように、「希望が通らないことがあるのは当たり前である」という認識を提示しつつ、「入社後に希望職種へ就くために取り組む」という積極的な姿勢を示すのがベストな回答でしょう。

このポイントを意識して回答を準備しておきましょう。

 

 


関連記事


転職サイトランキング



人気記事

  1. なぜ?

    2016.07.30 | 転職の悩み, 転職の考え方

    なぜ、転職では「残業が多いから」という退職理由が通用しないのか?
  2. 圧力

    2016.08.04 | 転職の現実, 転職の考え方

    仕事のプレッシャーから逃げたいから会社を辞める!そんなあなたに伝えたいこと。
  3. 嘘

    2016.07.13 | 職務経歴書

    職務経歴書の実績に嘘を書いても構わない、ただし・・・。
  4. テスト

    2018.01.06 | 転職活動

    転職における「性格診断テスト」の対策と3つの目的!
  5. 2016.11.03 | 初めての転職, 転職活動

    転職における適性テストの全貌(内容・対策・注意点)を知ろう!
  6. 転職先延ばし

    2016.10.14 | 転職の現実

    転職を先延ばしにするのは危険!
  7. 仕事を辞めて転職

    2016.02.15 | 初めての転職, 転職の考え方

    仕事を辞めてから転職活動する4つのデメリット
  8. 転職の現実

    2016.10.15 | 転職の現実

    あまり知られていない「転職の現実」厳選10選!