時間確保

面接で「本日の面接の時間はどう確保しましたか?」の質問意図と回答例

転職面接では、在職中の転職活動者に限定した頻出の質問があります。

在職中とのことですが、本日の面接の時間はどう確保しましたか?

一発ドボンも有り得る質問ですから、しっかりと対策しておきたいですね。
ここでは企業側の質問意図、OK・NG回答例を交えて詳しく解説していきます。

企業側の本音 ~ここが知りたいポイント~

まずは、企業側の質問意図を把握しておきましょう。

<企業の質問意図>
社会人としての配慮ができる人物なのかを探っている。
現職の会社に対しての配慮が足りない人は、社会人として信用できない。また、この程度の「用意周到さ」も持っていない人が戦力になるとも思えない。

 
社会人として配慮のできる人間なのかを見極める質問ですから、「仕事を中抜けしてきました」という類いの回答は間違いなく「一発ドボン」で不採用となります。

現実には、勤務中に何とか時間を作って(さぼって)面接に来ている人も多いでしょうが、現勤務先は応募者にその時間分も給与を払うわけです。ですから、社会人としての自覚が足りない人に対して、企業がよく思わないのは当然のことなんですね。

ここは、有休を取得するなどして、きちんと筋を通して面接スケジュールを調整してきたことを伝える必要があります。この質問は「不採用者をあぶり出す為の質問」ですから、評価を上げようと考える必要はありません。社会人としてあたり前の対応で時間を確保したことを伝えればOKです。

NG回答例

実際の面接の場でよくある「NG回答例」について取り挙げておきます。

「仕事途中にこちらに寄りました。会社には、御社の近くの会社に営業に行くと伝えてあります。」
 
「会社には体調不良で休むと伝えております。」

事実であったとしても、仕事の中抜けはNGですし、虚偽による突発的な休みも論外です。
どちらも、社会人としての常識を疑われる行為であり、間違いなく不採用に直結します。

OK回答例

この質問には、どんな回答が適切なんでしょうか。
回答例からそのポイントを考えてみましょう。

本日の面接は午後14時スタートでしたので、午前中は仕事をし、午後は半休を取得して参りました。
面接のスケジュール案をいただいた後、すぐに会社に申請しました。今日の午後から休むことを前提に仕事も進めてきましたので、業務上支障がでることもありません。万全を期してこの面接に臨んでいます。

 
応募者の用意周到さが強く感じられる回答です。
ここまで丁寧に説明しておけば、「入社後の仕事に対する姿勢」に不安を感じることもないでしょう。

「有休を取得しました。」
「半休を取得しました。」
「スケジュール調整して公休(平日休みのサービス業など)にしました。」

この手の回答が簡単かつ無難です。
この一言だけでも問題ありませんが、休むことを考慮して仕事してきたことを伝えると尚良しです。

 


関連記事


転職サイトランキング



人気記事

  1. 転職の現実

    2016.10.15 | 転職の現実

    あまり知られていない「転職の現実」厳選10選!
  2. 壊す

    2016.07.15 | 転職の現実, 転職の考え方

    転職に対する良いイメージをぶち壊す!それが後悔しない為の秘訣!
  3. キャリア形成

    2016.09.04 | 転職の現実

    キャリア形成していかないと「会社から必要とされなくなる」怖い事実!
  4. 給料

    2017.01.08 | 転職サイト

    転職サイト求人の給料の実態!ホントはいくら貰えるの?
  5. 給料下げる

    2016.08.05 | 初めての転職, 転職の考え方

    給料が下がる転職はなるべく若い内、それも結婚前がベスト!
  6. 嘘

    2016.07.13 | 職務経歴書

    職務経歴書の実績に嘘を書いても構わない、ただし・・・。
  7. 妥協

    2017.02.09 | 転職の考え方

    転職には「妥協すべき点」と「妥協してはいけない点」が存在する!
  8. なぜ?

    2016.07.30 | 転職の悩み, 転職の考え方

    なぜ、転職では「残業が多いから」という退職理由が通用しないのか?