世間話

なぜ、面接で雑談・世間話が取り入れられるのか?その理由と対策!

昨今、転職の面接で「雑談」や「世間話」が取り入れられることが多くなっています。

企業によっては「志望動機」や「自己PR」などの一般的な質問がなく、面接が終始「雑談・世間話」だったなんてこともあります。特に「最終面接」や「中小企業の面接」ではこのようなことは珍しくありません。

「なぜ!?」
「仕事と関係のない話をして意味があるの!?」

実際に面接を受けた人は、こんな疑問を抱いたことでしょう。

面接で「雑談」や「世間話」が取り入れられている最大の理由は、「あなたが本当はどんな人物なのかを探るため!」です。採用側はあなたの本当の人柄が表われやすい「雑談」や「世間話」を通じて、人柄、性格、考え方、コミュニケーション能力、社風とのマッチング度を探っているんですね。

ここでは、採用側の視点と応募者側の対策から、面接での「雑談」や「世間話」に迫っていきます。

採用側の視点で雑談・世間話を考えよう!

採用側は昨今の面接に対してこう感じています。

  • 誰もが同じような回答をするのでつまらない
  • 何を聞いても形式的な答えしか返ってこない
  • 応募者の本当の人柄が見えてこない
  • まるで、ロボットと面接をしているようだ

面接の質問事項や回答事例がネットを中心にあふれ、大多数の人がその情報を基に回答を準備しているので、「独自性のない似たり寄ったりの回答」が多いんですね。その為、面接では、個性や独自性が欠如したやり取りが行われ、人間性を探ることが難しくなっています。

こんな状況なので、企業は一般的な質問では見えてこない「あなたの人間性」を、雑談や世間話で探っています。実際、考え方、社交性、コミュニケーション能力は、ある程度会話するだけで大まかに掴めますからね。

あなたも、初対面の人との会話を終えて、「この人は恐らく〇〇的な感じの人だろう」と推測するこがあるかと思います。慣れてくると印象が変わることもありますが、何となくは初見で掴めますよね。それと同じことが「面接」でも行われているということです。

転職の採用過程に「適正テスト(性格診断)」を取り入れる企業が増えているのもこの理由からです。また、最終面接で「雑談・世間話」が多いのは、これまでの面接で「能力・スキル」が採用基準に達していることは確認できているので、最終で人間性を探るためです。

 

応募者は雑談・世間話にどう対応すべきか?

雑談や世間話は、一見すると選考とは関係のないように感じますが、実は「あなたの人間性を探る」という明確な意図が隠されています。つまり、一般的な質問と同じように、応募者を見極めるための手段なんですね。

この事実を理解した上で、応募者側の対応方法について考えてみましょう。

まず、雑談・世間話に対しては、素直に会話を楽しむ感覚で臨んで下さい。あなたも、日常生活で友人や同僚と「雑談・世間話」をするのに準備なんてしませんよね。だから、普段の会話と同じように、あれこれ考えず素直なあなたを出せばOKです。

ネットの情報では「仕事と関係のない質問には答えなくても良い!」なんてことも書かれていますが、私はそうは思いません。何故なら、回答を拒否すると会話が終了するので、企業の意図(応募者の人間性を探る)を満たせないことになるからです。

つまり、不採用の確率がUPするだけなんですね。

「柔軟性に欠ける人だ」
「仕事でも臨機応変に対応できない人かもしれない」

こんな風に捉えられ、マイナスに連想されます。
これって、内定を目指す面接の場では「避けるべき行為」ですよね。

だから、雑談・世間話には素直に応じることが対応方法として正しい選択となります。

雑談・世間話でプライベートなことを語る必要はあるの?

雑談や世間話は仕事と関係がない!
プライバシーの侵害だ!
プライベートなことには答えなくも良いはずだ!

もし、あなたがこんな風に考えるのならば、「お答えできません」と回答しても問題ありませんが、不採用となっても責任は自分にあります。何故なら、面接という「選考の場」でマイナス方向に振れる行為をしたからです。

既に履歴書で個人情報を晒し、面接の場で顔も晒しているわけです。また、これから一緒に働く可能性がある人たちですから、少しくらい自分を知ってもらうのも悪くはないですよね。

雑談や世間話で不採用となるのは納得できない!と感じる人がいるかもしれませんが、雑談や世間話から「うちの会社には合わない」と判断された結果ですから仕方がありません。また、昨今は「適正テスト(性格診断)」で同じことが普通に行われています。

結局、面接は何がどう転ぼうが「選考の場」であり、一般的な質問、雑談、世間話、プライベートに関すること、これら全てはあなたを探るための手段です。

この事実を忘れてはいけません。

面接の時間をわざわざ設け、終始選考に何の関係もない話をすることはありません。必ずあなたの何かを見極めようとしていますから、内定確率を高めるためには「雑談・世間話でのプライベートな会話にも素直に応じる」が対策としては最適ではないでしょうか。

 

 


関連記事


転職サイトランキング



人気記事

  1. テスト

    2018.01.06 | 転職活動

    転職における「性格診断テスト」の対策と3つの目的!
  2. 圧力

    2016.08.04 | 転職の現実, 転職の考え方

    仕事のプレッシャーから逃げたいから会社を辞める!そんなあなたに伝えたいこと。
  3. ブラック企業

    2016.09.03 | 転職の現実

    ブラック企業を避けて転職を繰り返すと、結局はブラックに辿り着く
  4. 個性

    2016.07.26 | 面接

    面接で個性的な回答は必要か否か?そもそも、個性的な回答とは何なのか?
  5. 転職先延ばし

    2016.10.14 | 転職の現実

    転職を先延ばしにするのは危険!
  6. 妥協

    2017.02.09 | 転職の考え方

    転職には「妥協すべき点」と「妥協してはいけない点」が存在する!
  7. 給料下げる

    2016.08.05 | 初めての転職, 転職の考え方

    給料が下がる転職はなるべく若い内、それも結婚前がベスト!
  8. 必ず聞かれる質問

    2016.05.28 | 面接

    転職の面接で必ず聞かれる質問10選(対策必須)