金融

金融・不動産系営業職「職務経歴書」の書き方とポイント!

金融業界と不動産業界は専門性が重視される分野で、「関わってきたプロジェクト」や「成果」が真に問われます。それ故に、職務経歴書ではキャリアの「軸」を明確に示さなくてはなりません。

金融業界の場合は、対象顧客層、扱った金融商品、営業実績などを記します。

不動産・建設業界は、多くの事業者や専門職が連携して動くため、自分の立場や役割、担当業務を明確にすることが重要です。また、関わった物件名・施設名なども記しておきましょう。土地や不動産の仕入れなどを担当していたのなら、人脈や情報ネットワークもアピール材料となります。

<職務経歴書で押さえるべきポイント>

  • 手掛けた案件・商品
  • 課題解決の手法
  • 実績(数値で示す)
  • プロジェクト概要
  • プロジェクト内での役割
  • 業務改善などへの取り組みと成果
  • 専門性を高めるための学習など

 

金融RM

対象顧客(中小企業・大手企業・富裕層など)、金融商品を使った課題解決手法を記すほか、実績や成果を「数値」で具体的に示します。職務経歴書で「売れるRM(リレーションシップマネジメント)」であることを印象付けることが大切です。

バックミドルオフィス

所属部署の役割、自身の役割、経験業務、責任の範囲が伝わるように記載します。業務効率化などの改善を提案、実現した経験があれば是非アピールしましょう。更に、使えるアプリケーションやシステムも書いておくのがベストです。

不動産管理

管理していた物件(オフィスビル・マンション・商業施設など)の規模・用途は必ず記載します。業務内容や範囲は、テナントとの交渉、販促、防犯、設備、リーシングなど、企業によって異なるため、経験した内容を網羅するようにしましょう。また、「どんな課題を抱え、どう解決したのか」もアピール材料となります。

施工管理

管理した工事の案件概要を並べ、その上で管理内容のどの領域(品質、納期、安全、コストなど)を担当していたのかを明記します。読み手のことを考え、物件ごとに一覧表などにまとめると良いでしょう。

 

 


関連記事


転職サイトランキング



人気記事

  1. 必ず聞かれる質問

    2016.05.28 | 面接

    転職の面接で必ず聞かれる質問10選(対策必須)
  2. 読み解く

    2016.07.16 | 転職サイト

    転職サイトの信憑性が低いのは当たり前、どう読み解くかが重要!
  3. 壊す

    2016.07.15 | 転職の現実, 転職の考え方

    転職に対する良いイメージをぶち壊す!それが後悔しない為の秘訣!
  4. 圧力

    2016.08.04 | 転職の現実, 転職の考え方

    仕事のプレッシャーから逃げたいから会社を辞める!そんなあなたに伝えたいこと。
  5. 妥協

    2017.02.09 | 転職の考え方

    転職には「妥協すべき点」と「妥協してはいけない点」が存在する!
  6. ブラック企業

    2016.09.03 | 転職の現実

    ブラック企業を避けて転職を繰り返すと、結局はブラックに辿り着く
  7. 最初

    2016.12.20 | 転職活動

    転職活動の最初にやるべき極めて重要な3つの行動!
  8. キャリア形成

    2016.09.04 | 転職の現実

    キャリア形成していかないと「会社から必要とされなくなる」怖い事実!