企業研究2

転職における企業研究のやり方と目的をお伝えします!

転職において企業研究はとても重要な役割を担います。

まず、求人に応募するかを検討する時「どんな会社なのか」「何をやっている会社なのか」を把握する為に行いますよね。また、口コミ情報を確認して「会社の実態を探る」こともあるでしょう。

要するに「会社を知る」ということが目的なわけです。特に面接では「どれだけその会社を理解しているか」が明暗を分けることもありますし、質問でそれを問われることもありますからね。

ただ、企業研究が重要とされているのは「会社を知るため」だけではなく、「企業の求めている人物像を探る」という目的を持っているからなんですね。

転職で内定を獲得するには、企業のニーズを踏まえ、自分がそれにマッチする人材であることをアピールすることが必要不可欠です。あなたがどれだけ優れた人物であろうと、企業が求める人材でなければ普通に不採用となります。故に、企業研究で企業のニーズを把握し「何をどうアピールすべきか」といった戦略を練ることが大切なんですね。

そこで、ここでは「会社を知る」「企業の求めている人物像を探る」というポイントを念頭に置きつつ、それが可能な企業研究媒体の紹介、各情報の読み解き方をお伝えします。有効な企業研究のやり方として参考にしていただければと思います。

企業HPは情報の宝庫

企業研究で欠かすことのできない媒体が「企業HP」ですね。会社概要、事業内容、沿革から基本的な情報を探ることはもちろん、以下の項目にも注目して研究を行いましょう。

取扱商品
サービス
売るために必要な経験やスキルをイメージできます。
取引先 取引先の属性(業種・業態・企業規模)から、それら企業と付き合うために必要な知識をイメージできます。また、自分が何らかの縁を持っている企業があれば、それをアピール材料として利用するこも可能ですね。
社長挨拶
企業理念
社長や企業の価値観・考え方が読み取れるので、どんな人物が受け入れられやすいかを想像することができます。
組織体系 力を入れている領域、手薄な領域を把握できます。
人材関連 どんなキャリアビジョンを描いている人がマッチするかを推測できます。
社員の声 ここに掲載されている社員は、会社で高く評価されている人であるケースが多いので、望ましいスキルや取り組み姿勢を知ることができます。
ブログ
(SNS)
社風や雰囲気を知ることができ、どんな人物がマッチするかを推測できますね。また、タイムリーな情報が掲載されていることが多いので、最新情報を掴む媒体として最適です。
新卒採用ページ 学生でも理解できるように「業界」や「事業内容」について分かりやすく解説されていることが多く、会社を知る上で非常に参考になります。

企業HPは情報量が豊富で有効に利用したいですね。応募企業の情報量が少ない場合は、同業他社のHPを参考にするのも一つの手です。

求人情報からアピールポイントを探る

求人概要には応募条件や必要スキル(経験)が明確に定義されていることが多いため、求める人物像を推測できます。また、採用ポジションや仕事内容からアピールすべきポイントも推測可能ですね。

応募必須条件 応募への必須条件ですから、全ての応募者がその条件を満たしています。つまり、これはアピールとして使えないことを意味します。
あれば尚可 無くても応募可能だが、ある人は優遇されます。つまり、無い人は不利になるわけで、それをカバーするものを示す必要があります。

外部情報で第三者目線での会社を知る

社名・経営者名・商品名などでネット検索し、報道記事や経済誌、業界専門誌の紹介記事、ユーザーの口コミ情報を探ることも有効です。

社名検索 ニュースリリース、新聞・経済誌の記事、評論家や個人ユーザーのコメントから情報収集が可能です。
社名+社長名 経歴、インタビュー記事から情報収集が可能です。
社名+商品名 一般消費者の声や評価から「企業の戦略」や「課題」を知ることができ、求められている人物はそのビジョンを実現できる、あるいは課題を解決できる人物だと推測できます。
業界+動向 会社単体だけでなく、業界全体の市場や動向を知っておくことで、面接のネタを拾うことが可能です。
口コミサイト 転職会議やキャリコネなどの口コミサイトは企業の実態を掴むことが可能です。ただし、あくまでも辞めた人間の一方的な口コミである為、参考程度に留めることが大切です。(参考「転職会議の信憑性を知り、やってはいけないことを防ごう!」)

実店舗

実店舗やショールームを展開している企業の場合は、実際に足を運んで研究を行いましょう。商品・サービス・スタッフの動き、業務オペレーションを生で見ることができ、「その会社で働くにあたって何が必要か」をより具体的に掴むことが可能だからです。

また、面接では「店舗を利用したことがありますか?」と問われることもしばしば。そこで「ありません」となれば、あなたが語る内容や志望度(本気度)を疑われる原因になってしまいます。

 
以上、企業研究媒体と情報の読み解き方をお伝えしてきました。

これらの媒体で企業研究を行う上でのポイントは「どんな人物を求めているのだろう?」「どんな人物が最適だろうか?」と推測しながら行うことです。そうすることで、自然と企業のニーズは見えてきますから「何をアピールすべきか」「どうアピールすべきか」も芋づる式に掴むことが可能です。

企業ニーズを満たした「適切なアピール」こそ、内定を勝ち取るための最もな近道です。

その為に意味のある企業研究を行いましょう!

 


関連記事


転職サイトランキング



人気記事

  1. 2016.11.03 | 初めての転職, 転職活動

    転職における適性テストの全貌(内容・対策・注意点)を知ろう!
  2. 妥協

    2017.02.09 | 転職の考え方

    転職には「妥協すべき点」と「妥協してはいけない点」が存在する!
  3. 仕事を辞めて転職

    2016.02.15 | 初めての転職, 転職の考え方

    仕事を辞めてから転職活動する4つのデメリット
  4. 圧力

    2016.08.04 | 転職の現実, 転職の考え方

    仕事のプレッシャーから逃げたいから会社を辞める!そんなあなたに伝えたいこと。
  5. キャリア形成

    2016.09.04 | 転職の現実

    キャリア形成していかないと「会社から必要とされなくなる」怖い事実!
  6. キャリア

    2016.08.02 | 心得, 転職の考え方

    キャリアを積むとは?その意味について深く考える!
  7. パニック

    2016.07.26 | 面接

    面接で頭が真っ白になっても”沈黙の許可”を貰えば問題なし!
  8. 嘘

    2016.07.13 | 職務経歴書

    職務経歴書の実績に嘘を書いても構わない、ただし・・・。