ビジネスウーマン

女性の転職は「営業職」にチャンス有り!未経験でも問題なし!

女性は結婚・出産・育児などのライフイベントなどがあり、すぐに辞める!
企業からこんな見られ方をする影響で、女性の転職は難しいと考えられている節があります。
確かにこれが全くのゼロかというとそうではないでしょう。

でも、今はこれが次第に薄まってきているんですね。
むしろ、「この案件はぜひ女性で!」という依頼が増えています。
特に、男性の構成比が高い企業では、人員構成のバランスをとる上でその傾向が強いです。

女性の需要は充分にある!
これが今の転職市場の実状です。

でも、女性は将来のライフイベントを考えざるを得ない部分もあり、
潰しが効いて、残業などが少なく、責任が薄い、経理・事務などに希望が偏ることが多い。
つまり、それらの仕事は需要よりも供給が大きく上回っている状態であり、
それが故に倍率が高くなって転職が難しくなっているんですね。

これ、逆を言えば「需要が多く、供給が少ない職種」に大きなチャンスがあることを意味します。

その代表例が「営業職」なんですね。

 

今、営業職の女性需要が高まっている!

昨今、企業のリクエストとして多いのが「営業職に女性が欲しい」というものです。
でも、残念ながら希望する人は極めて少ない状況にあります。
つまり、需要と供給のバランスがかみ合っていない状態なんですね。

これ、転職する側からすると大きなチャンスです。
女性営業職は圧倒的な売り手市場となっており、
未経験や業界が異なっていても内定を勝ち取れる狙い目の職種なんです。

女性は販売・サービス関連の仕事をしてきた人も多いかと思います。
お客様と直接やり取りした仕事をしてきた人ならば、コミュニケーション能力が高く、
営業トークも上手いので、実は適正がある人も多いんです。

だからこそ、将来を考えて「正社員として長く働いていきたい」「しっかりと稼いでいきたい」と考えるのならば、営業職に転職するという選択肢も悪くはないんですね。

特に、法人営業なんかはクライアントの担当者に男性が多いので、
女性が訪問するだけで喜ばれる傾向があるようです。
また、女性ならではの視点が求められているといった実状もあります。
そんなこんなで、今、営業職に女性が求められているんです。

営業職は非常に厳しいというイメージが強いですが、
ノルマもほどほどで、土日祝が完全に休みで働きやすい企業も数多く存在します。
これは女性に限ったことではありませんが、
イメージだけでその職種の全てを候補から外すのは非常にもったいないことです。

検討すべき価値は充分にあります。

未経験から営業職へ転身した女性の成功例

ここで、営業職への転職が上手くいったパターンを見てみましょう。

Aさんは、あるアパレルブランドの販売員として従事していました。
最初は、学生時代から好きだったブランドの商品を扱えるだけで嬉しかったのですが、年数が経過するにつれて、不安を感じるようになりました。
 
契約社員であった為、ずっと雇用が保証されるわけではない・・・。
給料はなかなか増えていかない・・・。
ボーナスや退職金も期待できない・・・
若い人が多く、年齢を重ねっていった時にどうなるのか・・・。
 
このままでいいのかと悩み始めたAさんは、転職も視野に入れて転職エージェントに登録してみることにしました。担当者はAさんが販売職の経験者だと知ると、ある会社の営業職を勧めました。
 
全く未経験の業界・職種なので初めは不安を抱きましたが、求人票を見ると給料がアップするだけでなく、福利厚生も充実しています。面接を受けたところ、最終面接まで順調に進み、結果的に内定を獲得しました。そこで、思い切って飛び込んでみることにしたんです。
 
新しい会社では、法人営業のセクションに配属されました。これまでは女性ばかりの職場でしたが、今はチームの紅一点として、同僚や上司から可愛がられています。アパレル出身のAさんは、センスがよくお洒落な人だと客先からの評判もよく、順調なスタートを切りました。
 
不規則なシフト勤務から、固定の週休2日に変わったことで、予定も組みやすくプライベートも充実しています。社内には結婚後も仕事をしている女性も多く、ずっと働いていけそうな環境です。
 
思い切って営業職に飛び込んで良かった・・・こう感じたのは言うまでもありません。

もちろん、全てがこんなに上手くいくことはありません。
でも、あなたの経験が思いもよらない職種でも通用することはよくあります。

また、転職の実現において「需要と供給のバランス」を知ることは非常に重要なんですね。
需要(求める企業)が多いのに、供給(転職希望者)が少ない!
これは、転職を実現するのに大きな力となり、未経験からの挑戦も叶えてくれる要素です。

それが、女性で言うところの「営業職」なんですね。
限りなく大きなチャンスが眠っている、そう考えて候補の一つとしてみてはどうでしょうか。

 

女性で営業職を検討するのならば!

もし、あなたが営業職も視野に入れて考えてみたいと思うのならば、
転職エージェント」の利用を強くおすすめします。

エージェントは企業側の採用に対する要望を把握していますので、
「女性だけを求めている会社」なんてのも把握しています。
また、女性ならではの労働条件に対する要望もあるでしょう。

ただ、独力で「自分の望む条件を満たした会社」を見つけるのは難しいです。

だからこそ、あなたの要望に沿った会社を探してくれるエージェントがおすすめなんですね。
是非、あなたの要望を満たした営業職に出会うために利用を検討して下さい。

当サイトでも「有益なエージェント」を詳細情報付きでご紹介しています。
エージェント選びの参考にご利用下さい!

 


関連記事


転職サイトランキング



人気記事

  1. 2016.12.29 | 転職活動

    転職活動に疲れた30代に贈る、その疲れを根本的に解決する活動指針!
  2. なぜ?

    2016.07.30 | 転職の悩み, 転職の考え方

    なぜ、転職では「残業が多いから」という退職理由が通用しないのか?
  3. 壊す

    2016.07.15 | 転職の現実, 転職の考え方

    転職に対する良いイメージをぶち壊す!それが後悔しない為の秘訣!
  4. 読み解く

    2016.07.16 | 転職サイト

    転職サイトの信憑性が低いのは当たり前、どう読み解くかが重要!
  5. キャリア

    2016.08.02 | 心得, 転職の考え方

    キャリアを積むとは?その意味について深く考える!
  6. 最初

    2016.12.20 | 転職活動

    転職活動の最初にやるべき極めて重要な3つの行動!
  7. 給料

    2017.01.08 | 転職サイト

    転職サイト求人の給料の実態!ホントはいくら貰えるの?
  8. 転職の現実

    2016.10.15 | 転職の現実

    あまり知られていない「転職の現実」厳選10選!