警告

転職先は「言わない」「言いたくない」が正解である理由!

転職先が決まり、退職することを会社・同僚・取引先などに伝えると、「どこの会社に決まったの?」と聞かれることがあります。実際、良い転職ができたと感じている場合、つい話したくなることもあるでしょう。

しかし、転職先は、既存の会社だけでなく、身内以外の誰に対しても言わないで伏せておく(最低限、転職先で初日を迎えるまでは)のが無難です。何故なら、入社前の段階で社名まで公表すると、思わぬところで他人から足を引っ張られることがあるからです。

つまり、転職先は言わないでおく、言いたくないというのは正しい考え方なのです。

 

転職先を言ってしまうことで発生するリスク

たとえば、転職先に「怪情報」が出回るのは、その一例です。

これから辞める会社の同僚や取引先の中には、あなたの転職先に知り合いがいるケースもあります。その場合、その人物を通して、あなたの情報が入社前に出回ってしまうことがあるのです。要は、良いこと悪いこと、過去の職場での評判など、いろいろと噂される可能性があるんですね。

これが転職先であなたを苦しめる原因となることがあります。

一見、良い評判なら問題ないと思うでしょうが、「すごく仕事ができる奴がいく」なんて情報を流されてしまうと、入社直後から過度な期待を掛けられてしまいます。結果的に、「なんだ想像していたほどでなかったな」なんてことになると、あなたを見る目が失望へと変わることも。

このように、転職先を打ち明ける行為には、情報漏れによるリスクが伴うのです。

邪魔な動きをする同僚も現れる

同僚の中には、あなたの転職先の社名を聞いて、「自分の方が優秀だし、自分も応募してみようかな」と、転職先に自分を売り込む人もいます。

そんなのはレアケースだと思われるかもしれませんが、本人に悪意がなくても、こうしたご時世「今よりも良い条件で採用してもらえるなら」という軽い気持ちで、同じ会社に応募書類を送る人は決して少なくないのです。

これも、転職後にあなたの思わぬ障害になることがあるのです。

転職先を伝える義務はない!

ここで一つ知っておくべきことは、辞める会社に転職先を伝える義務はないということ。

会社や上司がしつこく聞いてくることもあるでしょうが、「着任前なので、転職先の会社名は控えさせて下さい」と伝えれば問題ありません。関係の良質な上司や同僚には「水臭いなぁ」と言われるかもしれませんが、そこは分かってくれるはずです。

  • 転職先を伝えることに一切のメリットはありません
  • 転職先を言ってしまうことで不利益を被る可能性があります
  • 転職先を伝えなければならない!という義務もありません

転職先に気持ち良くスムーズに入っていけるよう、リスクは完全に排除しておきましょう。

 

 


関連記事


転職サイトランキング



人気記事

  1. 2016.11.03 | 初めての転職, 転職活動

    転職における適性テストの全貌(内容・対策・注意点)を知ろう!
  2. ブラック企業

    2016.09.03 | 転職の現実

    ブラック企業を避けて転職を繰り返すと、結局はブラックに辿り着く
  3. 2016.12.29 | 転職活動

    転職活動に疲れた30代に贈る、その疲れを根本的に解決する活動指針!
  4. 未経験OK

    2016.08.03 | 転職サイト, 転職活動

    転職サイトの「未経験OK」の意味を理解して応募しないと後悔する!
  5. 嘘

    2016.07.13 | 職務経歴書

    職務経歴書の実績に嘘を書いても構わない、ただし・・・。
  6. 給料

    2017.01.08 | 転職サイト

    転職サイト求人の給料の実態!ホントはいくら貰えるの?
  7. パニック

    2016.07.26 | 面接

    面接で頭が真っ白になっても”沈黙の許可”を貰えば問題なし!
  8. 妥協

    2017.02.09 | 転職の考え方

    転職には「妥協すべき点」と「妥協してはいけない点」が存在する!