ヘッドハンティング

ヘッドハント転職とは?意味を知らずして成功は得られない!

そもそも、なぜ企業は、30代以降のビジネスリーダーたちをヘッドハンティングするのでしょうか?

この疑問に対して的確な答えを提示できる、かつ、自分自身に求められる役割を理解している(求められる役割を遂行できる)といのであれば、ヘッドハントによる転職を受けても良いでしょう。

逆に、ここを理解していないのであれば、ヘッドハントを受諾して転職しても成功は訪れません。現に、ヘッドハンティングされたことに浮足立ち、「年収アップだ!」「キャリアアップだ!」と安易な考えで受けたことで失敗する人は少なくないのです。

ヘッドハントの意味するところ、求められる役割を理解しておきましょう。

 

ヘッドハントのよくある勘違い

転職者の中には「15件もヘッドハントされた」などと自慢気に話す人がいますが、よくよく聞いてみると、「単なる案件紹介だった」なんてことがよくあります。これは、人材紹介業界が勘違いを助長させる原因となっていることがあります。

たとえば、案件を紹介するスカウト機能を「オファー」と名付け、あたかも価値の高そうなものに見せているわけですが、オファーとは本来は内定のことを指します。つまり、本当の意味でのヘッドハントとは、「うちの会社に来てくれないか」といった内定前提のオファーのことを言うわけです。

ここは勘違いしてはいけません。

企業がヘッドハンティングする理由

高額な報酬を支払ってまで外部から優秀な人材をヘッドハンティングする理由...。

それは、何かを大きく変えたいからです!

  • 新しい事業を立ち上げて収益化したい
  • 既存の事業を立て直したい
  • 破綻した経営を再建したい

こういった大きな変化を求めているわけで、「今うまくいっているものをそのまま引き継いで、粛々とやってくれればよい」といった案件は限りなくゼロに近いのです。過去のやり方を踏襲できるのであれば、わざわざ外部から幹部クラスを採用しようなどとは思いません。

つまり、あなたのもとにヘッドハンターが表れるとしたら、案件は、「創造」「変革」「再生」のいずれかに限られているのです。企業はこの大きな変化を実現できるであろう人物をヘッドハントするのであって、いかに「求められている役割」が大きく重大かが理解できるかと思います。

この事実を認識せず、「自分はヘッドハントされるくらい優秀なんだ」「最高の好条件で迎えるべし」などと思っていては、どの企業からも最終的なオファーが出ることはないでしょう。

もしヘッドハントを受けたのならば、「この話は自分にどんな挑戦を求めているのだろう」「自分はこの役割を遂行できるだろうか」という部分を確認して下さい。ここでボタンを掛け違えず、スタートダッシュで期待を上回る成果を上げられたなら、ヘッドハントによる転職は大きな成功へと繋がるはずです。

 

 


関連記事


転職サイトランキング



ピックアップ記事

  1. 反対

    転職活動

    転職で「すぐ決まる人」と「決まらない人」の20の決定的な違い!
  2. 女性の転職

    ブランク有りから経理・事務を目指す主婦におすすめの転職求人サイト
  3. 休日出勤

    面接

    面接質問「緊急的な休日出勤に対応できますか?」のOK・NG回答例
  4. 3つのチェック

    30代の転職

    35歳以上の転職を厳しいものにする「三重苦」とは?
  5. 指さし

    転職の考え方

    転職してやりがいのある仕事がしたい!という考えに潜む落とし穴
  6. 閃き

    面接

    面接回数が「多い」ことは会社と求職者の双方にメリットが!
  7. 提案

    転職の悩み

    無職からの就職活動が不安・やり方が分からないという方への提案!
  8. 相性

    エージェント

    転職エージェントとの「相性」の重要性と賢い付き合い方!