ワンツースリー

配属が「不満」で転職を考えている人に考えて欲しい3つのこと!

会社で働いていると実に様々な「不満」を抱くものですが、とりわけ大きな不満につながりやすいのが「配属」に関する事柄です。

  • これまでの経験が活かせない部署に配属された
  • 自分自身の意に反する配属を言い渡された
  • 配属先が転居を伴う遠隔地であった

今現在の仕事(職場環境)にある程度満足している場合、意にそぐわない「配属」を言い渡されると不満を抱くのは当然のことです。だからこその「転職」が頭によぎるのでしょうが、ここは慎重に判断することをおすすめします。

何故なら、今後も組織で働いていくのならば、「配属」は受け入れなければならないものの一つだからです。

ここでお伝えしたことは、「配属が不満で転職してはいけない!」ということではありませんが、以下の3つの事項をしっかりと理解した上で決断して欲しいということです。

 

1.会社の存在意義を考えると「配置転換」は当たり前!

会社組織で働く上で理解しておかなければならないことは、「会社というのは一個人の為に存在するわけではない!」ということです。

会社の存在意義は”利益の追求”にあるので、会社は「今いる人材を適材適所に配置して、最大限の利益を出すこと」を目的に配属を決定します。その一環として人事異動が存在するわけで、配属に伴う変化というものは、会社組織で働く上で当たり前のことなのです。

そのため、社員一個人の「やりたい」「やりたくない」という感情は会社組織において何の意味も持ちません。もちろん、社内公募制などで配属希望を考慮してくれることもありますが、その希望が「会社の利益」と結びついていなければ実現しないのが普通です。

2.配属に伴う変化は「転職」で解決できる問題ではない!

仮に、転職して望み通りの部署(仕事)に配属されたとしても、後に「別の部署」や「他の勤務地」に配属される可能性は十分にあります。更に言うならば、年齢や経験を重ねていくと、次第にプレイヤーからマネージャーへの転換も求められるようになります。

組織で働くとはこういうことです!

つまり、ずっと同じ仕事を続けられるわけでもなければ、求められる役割もどんどん変化していくということ。また、事業拡大に伴い新たな部署や職場に配属されるなんてことも無きにしも非ずです。

結局、組織に属する限りは「配属に伴う変化」からは逃れられず、転職で簡単に解決できる問題ではないのです。そうであるならば、今の会社での「配属」を受け入れ、新たな経験を積み、会社内での地位を向上させる方が有益ではないでしょうか。

どうしても今回の配属が受け入れられず、自分のやりたいことだけを追求したいのであれば、「起業」するしか道はありません。逆に、起業できないのであれば、「配属に伴う変化」は受け入れる必要があるのかもしれません。

3.転職市場で通用する理由ではない!

会社から言い渡された「配属」が不満で転職を決意しました…。

この転職理由は絶対に通用しませんし、バカ正直に面接で語ると間違いなく不採用となります。あなたもこの事実は理解しているかと思います。要するに、「会社からの要望(配属)が受け入れられない = 社会で通用しない」ということなんです。

その理由は、前述した通り、組織で働く上で「配属に伴う変化」は当たり前のことだからです。

会社が求める人材というのは、「どんな変化をもプラスに捉え、様々な経験を積んで成長し、会社により多くの利益をもたらす存在として成長していける人」です。会社の意図や考えを理解しようとせず、自分のことだけしか考えられない人は、社会で評価されません。

 

配属を理由に転職してもいい人、駄目な人!

定年までの明確なキャリアビジョンを確立しており、キャリア形成を考える上で「以前から転職を視野に入れていた人」であるならば、意にそぐわない配属命令を機に転職しても良いかと思います。

逆に、一つの会社に長く留まって社会人人生を全うしようと考えている人は、会社の状況や社会の流れに応じて言い渡される「配属」は受け入れるのが得策かもしれません。

  • 何故、新たな配属を言い渡されたのか?
  • 自分は会社から何を求められているのか?
  • この配属のメリットは何か?
  • どう行動すれば今回の配属が自分にとってプラスになるか?

転職を決意する前に、これらの疑問に向き合ってみてはどうでしょうか。

突然の配属命令…。
意に反する配属先…。
遠隔地への配属…。

簡単には受け入れ難いでしょうし、不安もあるかもしれません。しかし、深く考えることもぜず、転職で解決しようとするのは早計です。

 

 


関連記事


転職サイトランキング



ピックアップ記事

  1. 会社の評判

    転職サイト

    会社の評判の「信憑性」から口コミの信用度を探る!
  2. 書き方ポイント

    職務経歴書

    職務経歴書「自己PR」の書き方と2つの重要ポイント
  3. アピール

    面接

    転職面接において「実績がない」と感じる人は〇〇をアピールしよう!
  4. リクルートエージェント

    エージェント

    リクルートエージェントはフリーター(ニート)でも利用可能?
  5. 短所

    面接

    転職面接「短所」の回答例と話す際のポイント
  6. 転職したいけど何がしたいか分からない

    転職の現実, 転職の考え方

    転職したいけど何がしたいかわからないあなたに伝えたいこと
  7. アルバイト

    エージェント

    アルバイトから正社員を目指すあなたにおすすめのエージェント!
  8. キャリアアップ

    転職の考え方

    営業・販売系職種のキャリアアップを階層構造で分かりやすく解説!