転職我慢

転職したい気持ちを我慢することは人生の無駄かもしれない

転職したい!という気持ちを抱えながら、今の仕事を我慢して続けている…。

転職に踏み切れない原因があり、仕方がないので我慢しながら働いている…。

今のあなたはこんな状態なのかもしれませんね。

そんなあなたに質問です!
転職したいという気持ちを抱えながら、「今の仕事に全力で取り組めていますか?」「市場価値が高まるような経験・スキルを蓄積できていますか?」「今後のキャリア形成(希望)に直結するような仕事をしていますか?」

これに対して「YES」と回答できるのならば、今すぐに転職する必要はないのかもしれません。今は我慢して働き続け、条件が整い次第転職に踏み切っても遅くありません。

逆に、答えが「No」であるならば、それはただの「時間の無駄」であり、転職の可能性を自ら低下させる行為でしかありません。つまり、今の期間が「人生にとって無駄かもしれない」ということです。

  • 時間の経過と共に失うものがある
  • 転職することにおいてプラスにはならない
  • 次の人生のスタートを遅らせる行為でしかない

詳しく見ていきましょう。

 


 

時間の経過と共に失うものがある!

転職を有利に進めてくれる何よりも強い武器が「若さ」です。

企業には「若い人材を求める傾向」というものがあるので、同程度の能力なら「より若い候補者」を採用します。つまり、転職する上で「若い」というのはそれだけで大きな利点なんですね。また、職種転換を目指すような「大きな変革を伴う転職」は若い人にしか与えられていない特権です。

逆に、社会人経験が長くなるほど、年齢相応のスキルや実績が求められるようになります。「これだけの年数働いてきたんだから、最低限〇〇くらいはできるよね?」ってな厳しい目で見られるわけです。若い時分であれば許されていたレベルでも、年齢を重ねるとそうはいきません。

つまり、若さを失うと、転職のハードルが高くなるということです。そのため、「転職を我慢している状態にも関わらず、今の会社(仕事)でただ何となく働いている」というのは要注意です。

転職を我慢しているということは、最大の武器となる「若さ」を時間の経過と共に失っている!

この事実を認識しておいて欲しいと思います。

 

転職することにおいてプラスにはならない!

転職することを考えているが、今は我慢しながら惰性で働いている…。

これも意味のない行為となります。

転職では経験・実績・スキルが重要視されるため、市場価値を高めるために今の会社で頑張って働いているのなら、「我慢する」という行為に意味はあります。

逆に、ただ何となく与えられた仕事を惰性でこなしながら日々を過ごしているのなら、在籍期間を長くしているだけの無意味な行為です。いざ転職市場に出ても「年齢(経験年数)相応」を示すことができないので、まず間違いなく苦戦します。

  1. 転職したいという気持ちを抱えている
  2. 何らかの理由があって我慢している
  3. 今の会社では嫌々仕事こなしているだけ

今後、転職市場に乗り込むのであれば、この状態は決して良くないんだということです。

転職を我慢している人の中には、「今すぐ転職すると短期職歴となる」ということを気にしている人もいるかもしれません。もちろん、短期職歴は印象がよくありませんが、企業は「職歴の長い人」を採用するわけではありません。

価値のない仕事を続けての「長い職歴」には何の説得力もありません。

これに関しては、「職歴が短いのは不利、長い場合は有利を考える」にて詳しく解説しています。興味のある方は、参考までにご覧下さい。

 

次の人生のスタートを遅らせる行為でしかない!

転職とは、新たな会社に入社し、新たにキャリアを積み上げていくことを意味するわけですが、なるべく早く始めた方が良いとは思いませんか。給料が一時的に減少することも多いので、転職時期が遅れるほどに「生涯年収」にも大きく影響します。

また、人生は年齢を重ねるとほどに、結婚などのイベントで生活スタイルやお金の必要性が変化します。こうした将来のことも考えると、早く安定したキャリアを積み始めた方が余裕を持って何事にも対処できます。

更に、守るものができたことで、「動きたくても動けなくなる」というのもよくあることです。もし、あなたが今動ける状態にいるのであれば、転職に乗り出すのは「今」なのかもしれません。

 


 


関連記事


転職サイトランキング