DODA

DODAは既卒者に「最適」なエージェントなのか?

DODAは既卒者(卒業後未就職)に最適なエージェントなんでしょうか?

この疑問を解決する為、DODAの既卒者利用について調査してみました。

 

既卒者は利用不可!とはなっていないが・・・

DODAの公式サイトでは以下のように回答されています。

doda既卒

転職エージェントは「利用不可」などの断定表現を避ける傾向があるので、言葉を濁さず要約すると「正規社員としての就業経験がない既卒者を支援するのは難しい!」ということですね。

各種情報を調査してみると「既卒未就職状態で申し込みをしてみたが、支援できない主旨のメールが届いた・・・。」という結果となる人が大半のようです。残念ですが、これがDODAエージェントサービスの既卒者利用の実態です。

それ故に、「DODAは既卒者に最適なエージェントではない!」という評価で間違いはないでしょう。

 

仮に利用できたとしても価値は低い!?

DODAの回答では利用不可とはされていないので、既卒者でも利用できる可能性はゼロではありません。要は、「正規社員として通用するような経験・スキルを有している」と判断されれば利用できる可能性があるわけです。

ただ、利用できたとしても「優先順位を低く設定される可能性が高い!」と考えられるんですね。
何故なら、以下の条件を持った「就職希望者」として扱われるからです。

  • 紹介できる求人が極端に少ない
  • 社員としての就業経験がないので市場価値が低い
  • 未経験への応募となるので、年収が低く、支援しても対価が低い

優先順位を低く設定されてしまうと、希望通りの支援を受けることが難しくなります。
結果的にこれが「就職を実現できない・・・」に繋がってしまうんですね。
全ての人がそうだとは言えませんが、可能性が高いことは否めません。

つまり、既卒者に最適なエージェントではないので利用価値も低いんですね。

 

既卒者をターゲットとしているエージェントを選ぼう!

昨今、転職(就職)支援サービスは充実の一途を辿っており、
既卒者やフリーターに特化したサービスを提供する会社も増えています。

これらの会社を利用すれば、既卒者がメインターゲットとなるので優先順位を下げられる心配はありません。また、扱っている求人も「経験を問わない未経験可」となりますから、就職を実現しやすいのは言うまでもありません。

それ故に、利用できる可能性が低いDODAに登録するよりも、「既卒者を確実に優先対応してくれる会社」を選ぶことが賢い選択ではないでしょうか。

当サイトでも既卒者の支援に特化したエージェントをご紹介しています。
⇒「既卒者におすすめのエージェント【厳選3社】
最適なエージェント選びの参考にご利用下さい。

 


関連記事


転職サイトランキング



人気記事

  1. 2016.11.03 | 初めての転職, 転職活動

    転職における適性テストの全貌(内容・対策・注意点)を知ろう!
  2. 仕事を辞めて転職

    2016.02.15 | 初めての転職, 転職の考え方

    仕事を辞めてから転職活動する4つのデメリット
  3. 転職先延ばし

    2016.10.14 | 転職の現実

    転職を先延ばしにするのは危険!
  4. 最初

    2016.12.20 | 転職活動

    転職活動の最初にやるべき極めて重要な3つの行動!
  5. キャリア形成

    2016.09.04 | 転職の現実

    キャリア形成していかないと「会社から必要とされなくなる」怖い事実!
  6. 自己紹介

    2016.05.27 | 面接

    転職面接「自己紹介」の例文と流れ・内容・時間を徹底解説
  7. 壊す

    2016.07.15 | 転職の現実, 転職の考え方

    転職に対する良いイメージをぶち壊す!それが後悔しない為の秘訣!
  8. 個性

    2016.07.26 | 面接

    面接で個性的な回答は必要か否か?そもそも、個性的な回答とは何なのか?