大企業転職

大企業に絞っての転職は99%の企業を捨てることになる

「99%を捨てるのはあなたの可能性を狭める行為!?」

転職を考えているあなたはご存知でしょうか。
日本には大小421万の企業が存在し、その内419.8万社(99.7%)を中小企業が占めており、大企業は1.2万社(0.3%)に過ぎません。つまり、大企業のみを転職先として検討することは99.7%の企業を捨てることを意味します。

確かに、大企業であれば既に職場環境も整っているだろうし、給料や賞与の面でも優良な企業が多いことも事実でしょう。ただ、大企業や上場企業であるから必ずしもそうとは限りませんし、中小企業であっても優良企業は五万と存在します。そう考えると、企業規模だけで検討先を決めることは非常にもったいない行為だと思いませんか。

大企業に転職したい。そこに明確な理由があれば問題ないですが、それが無いのであれば選択の幅を広げて検討するこが大切ではないでしょうか。特に、大企業であれば「安定しているだろう」「ずっと働けるだろう」「給料が良いだろう」というイメージや「大企業出身だから次も大企業」「大企業で働いているという優越感」「周りから凄いと思われたいというエゴ」などが理由である場合は検討の余地ありだと思います。

大企業を狙うことは全く間違いではありません。ここで伝えたいのは「企業規模だけで選ぶことはあなたの可能性を減らす行為だ」ということです。その理由をお伝えしていきたいと思います。
 

イメージは本当に正しいの?

「大企業=良い」というイメージだけで企業を選ぶことは危険です。

まず、大企業を選ぶのは「安定しているから」という理由が多いですが、それは本当ですか。ただのイメージではありませんか。少子高齢化、人口知能の発達などこれからの時代を見据えて10年後、20年後も考えての結果でしょうか。安定を考えるならば未来を見なくてはなりません。それができていないのならば、それは安定で選んでいるとは言えず、大企業だから安定していて将来的にも大丈夫だろうという希望的観測に過ぎません。

次に「ずっと働けるだろう」も同じですね。これは企業規模に関係しませんが、業績が悪くなると早期退職やリストラも大いに考えられます。従業員数が多い大企業ではその規模が当然大きくなりますから、大企業であれば安定してずっと働けるだろうは間違いです。これは企業規模ではなく「あなたが会社に必要な人間かどうか」が重要なわけです。

最後に「給料が良いだろう」ですが、確かに良いところは多いと思います。ただ、それは最初だけです。入社後に給料を上げていけるかは自分次第ですよね。また、中小企業は人が少ないので個人の実績が見え易く評価されやすいですが、大企業はそうではありません。つまり昇進によっての昇給は中小企業の方が得やすいと言えるでしょう。

結局、イメージは「今」しか見ていないことが多く、それが有効なのは最初だけということです。つまり「安定・将来・給料は自分で手に入れていくもので、会社に頼るものではない」ということですね。
 

誰もあなたの会社なんて気にしていない

これは新卒や比較的年齢の若い人に多いのですが、大企業という「ステータス」を求めるだけのケースですね。これだけで大企業を選ぶことははっきり言って無意味な行為としか言えません。

  • 高学歴というプライドを引きずっている
  • 大企業出身だから次も大企業しか考えられない
  • 大企業で働いているという自己満足
  • 周りから凄いと思われたいというエゴ

まず、転職では「あなたがどんなキャリアを持ち、具体的に何ができるのか」が問われるのであって、出身大学や学歴を問われるわけではありません。新卒は社会人経験がなく採用基準がないからSPIでの学力や出身大学が意味を持ちます。ただ、一度社会に出ればそんなものは何の価値も持ちません。良い大学や高学歴を持っていれば損をしないだけです。

極まれに、「自分は良い大学を出たから大企業しか考えられない」などの意味の無いプライドを持っている人がいますが、それは不必要なプライドです。採用する側の企業は「学歴」ではなく「人」を採用することを忘れてはいけません。

また、有名企業で働いてるという優越感や周りからの評価で大企業を選ぶ行為も同じです。まず、優越感なんてものを感じるのは最初の数か月間だけです。また、周りの人はあなたがどんな会社で働いているかなんて実は全く気にしていません。3年後、5年後、10年後に評価されることは「充実した仕事をしていること」や「実際の収入」であって、決して「会社の規模や知名度」ではありません。

あなたは「超有名企業で500万の収入」と「誰も知らない無名企業で600万の収入」のどちらを手に入れたいですか。恐らく多くの人が後者ではないでしょうか。つまり、今の知名度や企業規模で会社を選んでも将来的には何の価値もないということです。
 

更に選ぶから選択肢がなくなる

大企業に絞って活動していたとしても、更にそこから選びますよね。恐らく誰もが避けるだろう業界やブラックと言われることのある企業も選ばないでしょう。つまり、少ない中から更に選択するので極端に選択肢が少なくなります。また、そこに応募が集中することになるので、何百倍の競争率となることも考えられます。

世の中には数えきれないくらい多くの企業があるのに、企業規模だけを見て選択肢を狭めることに意味があるのでしょうか。大多数を捨てることは様々な可能性を捨てることと同義であると思います。ですから、企業規模に絞った選択はベストな方法とは言えないのではないでしょうか。
 
 
転職で重要なのは起業規模ではなく、あなたの転職の目的が達成されることであって、そこから得られる将来的な充実度です。何の目的もなく「今」だけの充実や優越感を求めても意味はありません。あなたの可能性を狭めない為にも、大きな視野で企業を検討することをおすすめします。

転職では短期的な充実ではなく、未来を見据えた長期的な充実を目指しましょう。

それが、これから何十年も働いていく上で重要なことではないでしょうか。


関連記事


転職サイトランキング



人気記事

  1. 必ず聞かれる質問

    2016.05.28 | 面接

    転職の面接で必ず聞かれる質問10選(対策必須)
  2. パニック

    2016.07.26 | 面接

    面接で頭が真っ白になっても”沈黙の許可”を貰えば問題なし!
  3. 給料下げる

    2016.08.05 | 初めての転職, 転職の考え方

    給料が下がる転職はなるべく若い内、それも結婚前がベスト!
  4. 給料

    2017.01.08 | 転職サイト

    転職サイト求人の給料の実態!ホントはいくら貰えるの?
  5. 2016.12.29 | 転職活動

    転職活動に疲れた30代に贈る、その疲れを根本的に解決する活動指針!
  6. 2016.11.03 | 転職活動

    転職における適性テストの全貌(内容・対策・注意点)を知ろう!
  7. 仕事を辞めて転職

    2016.02.15 | 初めての転職, 転職の考え方

    仕事を辞めてから転職活動する4つのデメリット
  8. キャリア

    2016.08.02 | 心得, 転職の考え方

    キャリアを積むとは?その意味について深く考える!