転職中小企業出身

転職における中小企業出身者の強みと弱み

中小企業出身者は大手企業出身者に経歴で劣ると考えがちですが、実はそんな中小企業出身者にも強みがあり、企業から良い評価を得ているケースも多分にあります。ですから、その点をアピールすることで企業規模に関係なく充分に転職市場で戦うことができます。

ここでは、その中小企業出身者の「強み」と「弱み」に的を絞ってお伝えしていきます。この強みを効果的にアピールし、弱みを知って対策を練ることがあなたの転職を成功に導く為のカギとなるかもしれません。

中小企業出身者の強み

この中小企業出身者の強みは、大手にはない環境だからこそ生まれる強みであり、その点をアピールすることで転職活動を有利に進めることができます。

  • 幅広い業務経験が強みに
  • 整った環境でないからこその創意工夫がプラスに
  • 同年代の大手出身者にはない経験がプラスに

まず、大企業と中小企業では人員数に大きな差があり、同じ業態であったとしても業務の範囲が大きく異なります。大企業は業務が細分化されて個人が受け持つ範囲は限られますが、逆に中小企業は個人が広く業務を受け持たないと運営が成り立ちません。つまり、複数の業務を兼務していることも珍しくないわけです。実は転職市場においてはこの様な幅広い経験を求めている企業が多いんですね。

分かり易く「経理職」で例えると、入出金管理・請求書発行・伝票仕分け・決算業務・税務申告・予算管理など、大手なら複数のスタッフで分担している業務を一人で担っていたりするわけです。もちろん、大手と中小では規模が違いますから、大手は一人で賄えないという面があるのですが、この広く業務をこなしていることは大いにプラスとなります。採用側からしても多くのことを任せることができるので採用しやすいですよね。また、そういった人物を想定している場合には、どちらを採用するかは一目瞭然ですよね。

ですから、この幅広い業務経験は大きな強みとなります。

次に、中小企業は大手と比較するとあらゆる面で環境的に不利な状況で働いていることが多いです。簡単に言うと「フォローがなかったり」「仕事のやり易さ」が劣っていたりするわけです。そんな状況下で創意工夫を行い、実績を出してきた経験は大いに評価されます。自然と「考えながら仕事をして成果を出す」というスタンスが身に付いているんですね。ですから、この様な経験を持っているのであれば、それは大いにアピールすべき点となります。

また、中小企業は人員が少ないので、比較的若い時期からマネジメントを経験することになります。また、不利な環境化でのマネジメントは難易度も高くなる傾向にあります。つまり、これは同年代の大手出身者では持っていないことが多い経験やスキルであったりするわけです。規模が小さくても「人」「物」「お金」「情報」いづれかを管理した経験は、高評価を得ることができる強みになります。ですから、その経験や創意工夫してきた点も併せてアピールしたいですね。

中小企業出身者の弱み

中小企業出身者の弱みは「知られていない」ことが弱みに繋がるケースがあります。ここをしっかりと対策して活動に臨みたいですね。

  • 大手企業出身者の強みがない可能性がある
  • 無名企業の場合は詳しく伝えないと評価されない

まず、「大手企業だからこそ得ることができるもの」を持っていない可能性があるということです。これについては「転職における大手企業出身者のメリット・デメリット」で詳しく解説していますので、合わせてご覧下さい。大手と中小企業出身者のそれぞれの強み・弱みはの一部は逆転するということです。ただ、これは企業の規模にもよりますし、無くても気にする要素ではありません。

次に、日本には400万社を超える企業が存在しますから、その大部分が誰にも知られていない企業です。それは様々な企業の出身者と対峙する採用担当者であっても同じです。大手で有名な企業であれば、どんな会社でどんなサービスを提供しているかは想像できますが、逆の場合は想像できません。

あなたが後者に当てはまるならば、職務経歴書に簡単な会社概要・事業内容・従業員数・売上高なども記載する様にしましょう。あなたが「どんな規模の会社で、何をしてきたのか」を誰が見ても分かるレベルで書いておくことが大切です。これを疎かにすると書類選考で弾かれる可能性が高まりますし、経験や実績について正当な評価を受けられなくなることも考えられます。ここが転職活動において最も重要なところとなります。
 

 
中小企業出身者の強みと弱みを見てきましたが、高い評価を得ることができる強みを持っていることが理解いただけたと思います。中小企業では当たり前に行っていた業務の幅や経験が、実は思いもよらぬ強みになったりします。ですから、出身企業の規模は転職においてあまり意味を持ちません。

もしあなたが出身企業の規模などに引け目を感じているとしたら、それは何も気にすることない要素です。自信を持って転職市場で勝負して下さい。必ず強みとなる部分を持っていますから、それを効果的にアピールしていきましょう。


関連記事


転職サイトランキング



人気記事

  1. テスト

    2018.01.06 | 転職活動

    転職における「性格診断テスト」の対策と3つの目的!
  2. 壊す

    2016.07.15 | 転職の現実, 転職の考え方

    転職に対する良いイメージをぶち壊す!それが後悔しない為の秘訣!
  3. 2016.11.03 | 初めての転職, 転職活動

    転職における適性テストの全貌(内容・対策・注意点)を知ろう!
  4. 読み解く

    2016.07.16 | 転職サイト

    転職サイトの信憑性が低いのは当たり前、どう読み解くかが重要!
  5. 妥協

    2017.02.09 | 転職の考え方

    転職には「妥協すべき点」と「妥協してはいけない点」が存在する!
  6. 最初

    2016.12.20 | 転職活動

    転職活動の最初にやるべき極めて重要な3つの行動!
  7. 個性

    2016.07.26 | 面接

    面接で個性的な回答は必要か否か?そもそも、個性的な回答とは何なのか?
  8. なぜ?

    2016.07.30 | 転職の悩み, 転職の考え方

    なぜ、転職では「残業が多いから」という退職理由が通用しないのか?