成功要素

転職でキャリアチェンジを成功に導く「逆側」の思考とは!?

今回の転職を機に「キャリアチェンジを実現したい」という話はよく聞きます。

たとえば、「SIベンダー(情報システムの企画・開発・運用)」から「企業の情報システム部門」へ、「広告代理店」から「企業の宣伝・マーケティング部門」へ、「会計・税理士事務所」から「企業の経理財務部門」へといったものです。

果たしてこれは、可能なステップなんでしょうか?
成功させるためには何が必要なんでしょうか?

この論点でキャリアチェンジについて考えてみましょう。

20代~30代 年代別に見るキャリアチェンジの可能性

キャリアチェンジの可能性を年代を含めて考えると、30代を過ぎてからとしては、容易なことではないが完全に無理というわけでもないとなります。

やはり、30代を迎えてくると、企業はおおむねリーダークラス以上の技能も求めます。その為、いくら技術力や専門性が身に付いていても、これまで発注を受けていた側の人を、発注元となる自社の部門責任者として採用するには、相対する側の職務経験が乏しすぎると判断されるのが現実です。

となれば、前述したようなキャリアチェンジ思考(最初に専門的な職能を身に付けてから、後に上流工程側を目指す)をお持ちであるならば、20代にの内にキャリアチェンジしておくのがベストという結論になります。

 

キャリアチェンジを成功に導く「逆側」の思考

20代がベスト、30代になると厳しいとはお伝えしましたが、年齢に関係なく、キャリアチェンジを成功させた人には共通点があります。それは、相手側の目線に立った仕事を、前職のベンダー側にいたときからしていたということです。

たとえば、SIベンダーにとっては、「どれだけ開発人月が大きな案件(受注額が大きな案件)を受託できたか」が実績となります。逆に、発注元の企業の情報システム部門からすると、「どれだけ工数を少なく開発コストを抑えてシステムを構築できたか」が実績となるので、評価軸が正反対なんですね。

広告代理店も同じで、「いかに大きなプロモーション費を獲得できたか」が代理店側の実績ですが、企業の宣伝部からすると、「いかにコスト効率良く効果的なプロモーションを実施できたか」が実績となります。

その為、キャリアチェンジを成功できるかどうかは、職務経歴書や面接において、「逆側」の思考でしっかりと意味合いを理解し、実績をアピールすることができるかどうかにかかっているのです。このポイントを満たしさえすれば、多少の年齢の不利は跳ね除けることができるはずです。

最後に、こうしたことを確認した上で、自身が本当に「キャリアチェンジ」を望んでいるのかという点を、得意不得意、好き嫌いの面も含めて再検討してみることをおすすめします。

 

 


関連記事


転職サイトランキング



ピックアップ記事

  1. 応募判断

    転職の悩み

    転職活動で「応募するかどうかを迷った時」のたった一つの行動指針
  2. 転職の現実

    転職の現実

    あまり知られていない「転職の現実」厳選10選!
  3. 転職する人注意

    心得, 転職の考え方

    転職する人の特徴と傾向、それを持っているが故の注意点
  4. 年齢制限

    転職サイト, 転職活動

    転職で年齢制限を超えている求人の応募・採用可否について考える
  5. 休日出勤

    面接

    面接質問「緊急的な休日出勤に対応できますか?」のOK・NG回答例
  6. まるばつ

    履歴書

    履歴書には「書くべきこと」と「書いてはいけないこと」がある!
  7. 転職の現実

    転職の現実, 転職の考え方

    誰も教えてくれない「転職の現実」をお伝えします
  8. ビジネス指さし

    面接

    転職の面接では「契約(派遣)社員」の経歴も自信を持って語ろう!