大手志向

大手(ブランド)志向は転職を失敗に導く!?

知名度がある!
就職人気ランキングに入っている!
有名な社長がいる!

新卒就活時に、このようなブランド力のある「大手有名企業」に入りたいと思っていた方は多いのではないでしょうか。

この影響から、転職時にもこうした大手有名企業を志す人が多くいらっしゃいます。「安定した大手の有名企業に転職したい」「どうせ転職するなら、胸をはれる会社に」「新卒就職時に実現できなかったから」など、理由は色々あるかと思います。

ただ、転職においてはこの「大手(ブランド)志向」は持たない方が良いでしょう。何故なら、大手(ブランド)志向が災いして転職で「損」をする人がとてつもなく多いからです。

たとえば、ブランドに目を奪われる人は、「転職理由の解決に繋がらない会社」「今まで積み上げてきた経験・スキルが活かせない環境」を選んでしまう傾向にあります。転職とは、今の会社では解決できない問題を解決するため、またはキャリアアップを図るために行うはずです。

でも、ブランド志向を持っていると、「大手有名企業に入る事」が第一目的になってしまい、最も重要な「転職理由の解決」を疎かにしてしまうのです。

結果、転職が失敗に終わります。

大手(ブランド)志向で満足できるのは、内定を得てから入社するまでの間だけです。でも、人生において重要なのは、会社に入社してからですよね?一時の満足感を得る為の転職は、人生においてはマイナスにしか作用しません。

「何故、転職することに決めたのか?」

この疑問にしっかりと向き合い、この疑問を解決できる会社を探しましょう!

 

転職が成功する人は、自分が活躍できる会社を選ぶ!

転職が成功する人やキャリアデザイン意識が高い人は、知名度や企業規模に関係なく、組織やビジネスそのものが成熟していない会社を選ぶ傾向にあります。そのような会社を選んだ方が「自分の活躍する場がある(キャリアになる)!」と考えるからです。

業績が安定していない、課題が山積みである、人材不足で忙しいなど、これだけを見ると会社の将来に対して不安な気持ちになるかもしれません。しかし、数々の問題を抱える発展途上の会社だからこそ、あなたの存在が注目されると言えるのではないでしょうか。

業績が安定し、人材も豊富にいる大手企業の場合、あなたの存在価値はそれほど大きくありません。何故なら、成熟した大手企業が中途採用を行う理由は、単に、辞めた人員を補充するといった「穴埋め」的な要素が強いからです。また、組織化されているので、あなたの「換え」となる人材はいくらでも探せますし、外様ということで昇進の流れにも乗りにくいです。

それ故に、企業規模が小さく、知名度も低い企業であっても、「自分の存在価値が高く、自分がいないと会社が回らない」といった会社で働いている人の方が、リストラの心配もなく、雇用は安定しており、キャリアの面でも大きな可能性を秘めているとも言えるんです。

業績が極めて悪く潰れる寸前のような会社は避けるべきですが、知名度や企業規模に関わらず、「独自のキラリと光る技術や商品を持っている会社」「優秀な人材が集まる会社」を探してみてはいかがでしょうか。もちろん、ブランド力の高い大企業がダメだというわけではないですが、企業規模(知名度)を第一条件として転職先を選ぶのは、多くの可能性を捨てる行為に過ぎません。

世の中で名前が知れ渡っている会社なんてのは、全会社の1%未満に過ぎません。
つまり、ブランド志向で会社を選ぶということは、世の中に存在する99%以上の会社を捨てることです!

 

 


関連記事


転職サイトランキング