判断

転職エージェントを使うべきか迷った時の判断基準!

転職エージェントを使うべきか迷っている・・・。

転職活動で多くの人が最初に抱える悩みです。

確かに転職エージェントは、転職サイトなどに比べるとお手軽感がないですし、「担当者とのやり取りが面倒くさそう」「無理やり転職させられそう」「良い企業は紹介されなさそう」「自分は相手にされないだろう」などの不安や猜疑心を抱いている人が多いのも事実です。

ただ、非公開求人や転職サポートには魅力を感じている・・・。

これも一つの事実かと思います。
だからこそ迷うんですよね。

そんなあなたにご提案です。
単純に「損得勘定」から考えてみてはどうでしょう。

「損か得か!」
「自分の転職にプラスかマイナスか!」

迷いを吹き飛ばす判断基準にご利用いただければと思います。

 

転職エージェントを使うべきか?を損得勘定から考える!

ここは先に結論をお伝えさせていただきます。

転職エージェントを使うことを損得勘定から考えると、絶対的に「得」です!

何故なら、あなたの転職にプラスにこそなれど、マイナスに作用することはないからです。つまり、損得勘定から判断するとこの結論に至るんですね。ここでは、絶対的に「得」だと結論付ける3つの理由を解説していきます。あなたがこの理由に共感できるのならば、エージェントの利用を前向きに考えてみてはいかがでしょうか。

  1. 転職エージェントは大量の求人を保有している
  2. 自分の市場価値を客観的に把握することができる
  3. 転職活動のレベルを向上させることができる

詳しく見ていきましょう。

 

1.転職エージェントは大量の求人を保有している

転職エージェントは非公開求人も含めて大量の求人を保有しており、大手であれば、その数は「10~15万件」にもなります。

単純に考えて下さい!
この大量の求人、捨てるのは勿体ないと思いませんか?

あなたは「自分にとって最適な企業に転職したい!」と考えているかと思いますが、最適な企業を見つける為には、より多くの企業(求人)と出会い、より多くの可能性を探る必要があります。エージェントはこれを満たすに値する大量の求人を保有しています。

世の中には、事情があって求人を公開できない企業が山ほど存在します。そんな隠れた求人はエージェントが非公開求人として保有しています。あなたにとって最適な企業がこの中に眠っているかもしれません。

どうでしょう?
使った方が「得」だな!と感じませんか?
最適な転職が実現できる可能性があるのなら、追い求めるべきだと思いませんか?

大量の求人に可能性を見出すこと!
この行為があなたの転職にマイナスになることはありません。

 

2.自分の市場価値を客観的に把握することができる

転職支援サービスは営利ビジネスなので、会社の存続には「売上」が必要不可欠です。その為、エージェントでは「あなたの実力に見合った求人(内定を取り得る求人)」しか紹介されません。これは、「紹介される求人にあなたの市場価値がもろに反映される」ということを意味します。

それ故に、自分の市場価値を客観的に把握するのに使えるんですね。

  • 今の自分は、どんな会社(業界・職種)から求められているのだろう?
  • 今の自分は、どんな会社(業界・職種)なら通用するのだろう?
  • 今の自分は、どれくらいの数の企業から求められているのだろう?

自分の市場価値を知れば、これらの疑問を解決できます。

転職では高望みは通用しないので、内定を獲得するには「自分の実力(市場価値)を知り、勝てるところで勝負する」というのが極めて重要になります。それ故に、市場価値の把握は転職に欠かせない要素なんですね。

自分の市場価値を知れば、企業選びが変わります!
適切な企業が選べれば、内定獲得の可能性が高まります!

つまり、あなたの転職にとってプラスとなる!

 

3.転職活動のレベルを向上させることができる

転職エージェントを利用すると、転職サポートの一環として「転職に対するアドバイス・悩み解決」「応募書類(履歴書・職務経歴書)の添削」「面接対策」などを実施してくれます。

このサポートがもたらす効果は、転職活動レベルの向上です。

転職に対する悩みが解決されるとどうなりますか?
半信半疑の活動が確信に満ちた活動に変わります!

応募書類のレベルが向上すればどうなりますか?
書類選考の通過確率が高まります!
書類不備によるもったいない不採用を防ぐこともできます!

面接のレベルが向上すればどうなりますか?
面接の通過確率が上がります!
内定獲得の可能性が高まることに繋がります!

何よりも、この転職活動レベルの向上は、転職サイトでの活動、ハローワーク経由の応募など、あらゆる活動に応用できるんです。だから、たとえエージェント経由で転職先が決定できなかったとしてもメリットはあるんです。

これもあなたの転職活動にプラスに作用します。

 

 

最後に!

転職にエージェントを使うべきか否か?に明確な答えはありません。

転職エージェントを使わなくても転職は実現できます!
転職エージェントを使っても転職先が決まる保証はありません!
転職エージェントを使っても最適な企業と出会えるとは限りません!

ただ、転職とは「転職サイト」「エージェント」「求人誌」「ハローワーク」などを併用し、数多くの求人と出会い、小さな可能性を追い求めて内定を獲得していくものです。可能性を追い求めることがマイナスに作用することはないので、損得勘定で考えると絶対に「得」だと言えるんですね。

後はあなたがどう考えるかです!

当サイトでもランキング形式でエージェントをご紹介しています。
転職エージェントを使う!
こう決断した人は、気持ちが冷めない内に申込みましょう!
 
⇒「転職エージェントランキング

 


関連記事


転職サイトランキング



人気記事

  1. 必ず聞かれる質問

    2016.05.28 | 面接

    転職の面接で必ず聞かれる質問10選(対策必須)
  2. 転職の現実

    2016.10.15 | 転職の現実

    あまり知られていない「転職の現実」厳選10選!
  3. テスト

    2018.01.06 | 転職活動

    転職における「性格診断テスト」の対策と3つの目的!
  4. 最初

    2016.12.20 | 転職活動

    転職活動の最初にやるべき極めて重要な3つの行動!
  5. 読み解く

    2016.07.16 | 転職サイト

    転職サイトの信憑性が低いのは当たり前、どう読み解くかが重要!
  6. 2016.12.29 | 転職活動

    転職活動に疲れた30代に贈る、その疲れを根本的に解決する活動指針!
  7. 給料下げる

    2016.08.05 | 初めての転職, 転職の考え方

    給料が下がる転職はなるべく若い内、それも結婚前がベスト!
  8. ブラック企業

    2016.09.03 | 転職の現実

    ブラック企業を避けて転職を繰り返すと、結局はブラックに辿り着く