限界

転職における「35歳限界説」の嘘と本当!

転職を考えている30歳以上のビジネスパーソンの方であれば、「35歳転職限界説」という言葉を一度は聞いたことがあるかと思います。「35歳以上になったら転職先はなくなる」「転職をするのなら35歳までにすべき」といった説がまことしやかに囁かれています。

実は、この35歳転職限界説には「嘘」と「本当」の部分が隠されています。

確かに、35歳転職限界説は、ある一定条件のもとでは嘘ではありません。それは、「未経験の業界・業種への転職」という条件の中では成立します。企業が未経験者を採用する場合、新しい環境への適応度、長期的な貢献、成長のポテンシャルを考慮して、より若い人材を採用するからです。

ただ、35歳以上の方であっても、これまでに培った経験・スキル(若年層が持ちあわせていないもの)を活かした転職ならば十分に可能性があります。何故なら、今、豊富な経験・スキルを求める求人が転職市場において右肩上がりで増えているからです。

 

35歳転職限界説を年代から考える

20代の転職のきっかけは、「やりたくない仕事に就いてしまった」「入社してみたら想像と違った」など、就職活動に失敗したことに対するツケを払うために転職するケースが多いです。失敗を正すために、未経験の業界(業種)にも視野を広げて活動するわけですが、20代なら未経験でも採用される可能性はあります。経験がなくても、育てれば長きに渡って貢献してくれるわけで、ポテンシャル採用が可能だからです。

一方、30代(特に35歳を超えてくるあたり)になると、企業の見る目や評価そのものが変わってきます。たとえば、35歳にもなれば、会社や仕事の種類、そして本人の適正次第では「管理職」を任される年齢となります。若手のお手本としてリーダー的な役割を期待したい年代であり、一から新しい仕事を始めるには遅すぎるというわけです。

それ故に、35歳以上の人に対する未経験可の求人は極端に少なくなり、35歳転職限界説が成立します。もちろん、これは絶対的な要素ではありませんが、受け入れてくれるのは「離職率の高い業界(業種)」に限られます。また、35歳以上で未経験職に就いてしまうと「生涯年収」に大きく影響するのでおすすめもできません。

ただ、35歳以上の人には、これまで培った経験やスキルを発揮して活躍できる求人は大いにあります。つまり、35歳以上の転職は、若手の転職とは意味合いが違ってくるだけであり、転職ができないわけではなく、むしろ転職で飛躍するチャンスを掴める可能性は十分にあるんです。

それ故に、35歳以上の人は、未経験の仕事を求めるのではなく、「今までの経験・スキルをどう活かすか」を考えて転職に臨んで欲しいと思います。ここに主眼を置いて転職に臨めば、35歳限界説はあなたにとって「嘘」の説に過ぎません。

 

 


関連記事


転職サイトランキング



ピックアップ記事

  1. 転職面接壁

    面接

    転職面接の「壁にぶつかったことは?どう乗り越えましたか?」の回答例
  2. はてな虫眼鏡

    転職の悩み

    自己評価が低い人は転職しない方がいいのか?【現実と対策】
  3. 管理

    職務経歴書

    経理・人事・総務の職務経歴書の書き方とポイント
  4. 個性

    面接

    面接で個性的な回答は必要か否か?そもそも、個性的な回答とは何なのか?
  5. ビジネス握手

    面接

    転職面接の「採用基準」は親和性の高いアピールにあり!
  6. 資格の力

    転職の現実

    簿記2級を取れば経理未経験でも転職できると思っていませんか?
  7. ハタラクティブ

    エージェント

    ハタラクティブは「関西」の就職もサポートしてくれるのか?
  8. 意思確認

    面接

    転職の最終面接で「入社意思」を確認する意図と適切な回答例!