グッド

30代の転職者が面接で伝えるべき「2つ」の重要な資質!

30代以降の転職者が、面接という限られた場面で伝えるべきことは何か。

このポイントに絞って考えると、最低でも伝えなければならないことが2つあります。

  • あなたがリーダーシップを発揮した経験
  • あなたがオーナーシップを発揮した経験

リーダーシップとは「働き方により物事を動かす力を発揮すること」であり、オーナーシップとは「自らの主体性と責務を発揮すること」です。

30代以降になると、否が応でもリーダーとしての資質が求められます。それがないのであれば、企業は簡単に20代の若手を優先して採用します。つまり、30代以降の中途採用で求められるのは、名刺の肩書に関わらず、リーダーとして活躍してくれる人材なのです。

これまでの職務を通し、チーム単位でも、プロジェクト単位でも、リーダーシップを発揮した経験・実績を、具体的なエピソードを交えて「ファクト」「ナンバー」「ロジック」で語る必要があります。仮にリーダーという肩書きがなかったとしても、仕事をしていれば、リーダーシップを発揮した経験は誰にでもあるはずです。

 

 

リーダーシップを伝える際のポイント

採用の現場でよくある間違いなんですが、絶対に「学生時代はサークルのリーダーとして」など、仕事とは関係がない過去の出来事や、「私はリーダーシップがあります」「リーダーシップを発揮した経験を持っています」など、総論だけを語ってはいけません。

事実・エピソードを具体的に話すことで、採用側が「なるほど、この人は、この時にリーダーシップを発揮したのだな」と理解してくれることが重要なのです。要は、リーダーシップという言葉を使わずにリーダシップを語る。これが伝える際のポイントです。

オーナーシップを伝える際のポイント

オーナーシップに関しては、あなたが自ら主体性を持ち、何らかの軸・テーマに徹底的にこだわって責任を持ちながら仕事に取組み、成し遂げた経験を語って下さい。

こちらも同じく、オーナーシップという言葉は使わずに、具体的なエピソードをもって「ファクト」「ナンバー」「ロジック」で語るのがポイントです。

30代以降のキャリア転職市場において、企業は、この2つをしっかりと話せる人、それを通じて仕事への想い・考え・行動力が伝わってくる人を求めてます。「自己PR」「仕事での工夫・取り組み」「成功体験」などの項目において伝えることを意識しましょう。

 

 


関連記事


転職サイトランキング



人気記事

  1. なぜ?

    2016.07.30 | 転職の悩み, 転職の考え方

    なぜ、転職では「残業が多いから」という退職理由が通用しないのか?
  2. パニック

    2016.07.26 | 面接

    面接で頭が真っ白になっても”沈黙の許可”を貰えば問題なし!
  3. 転職先延ばし

    2016.10.14 | 転職の現実

    転職を先延ばしにするのは危険!
  4. 必ず聞かれる質問

    2016.05.28 | 面接

    転職の面接で必ず聞かれる質問10選(対策必須)
  5. 圧力

    2016.08.04 | 転職の現実, 転職の考え方

    仕事のプレッシャーから逃げたいから会社を辞める!そんなあなたに伝えたいこと。
  6. 読み解く

    2016.07.16 | 転職サイト

    転職サイトの信憑性が低いのは当たり前、どう読み解くかが重要!
  7. 2016.12.29 | 転職活動

    転職活動に疲れた30代に贈る、その疲れを根本的に解決する活動指針!
  8. ブラック企業

    2016.09.03 | 転職の現実

    ブラック企業を避けて転職を繰り返すと、結局はブラックに辿り着く