Uターン転職

Uターン転職で後悔しない為の10の心得と行動指針

転職を機に生まれ育った地元に戻ることを考えている!

それはそれで素晴らしいことだと思います。

  • 今いる場所で働く意味を見出せない
  • 将来的には地元に戻って生活していきたい
  • これからの事を考えると両親の近くにいたい

理由は人それぞれだと思いますが、Uターン転職を考えているならば、是非それを実現させましょう。充分にチャンスはあります。また、「それができる内にやっておきましょう」というのが最も伝えたいところでもあります。年齢を重ねるだけそれは難しくなりますし、状況がそれを許さないことも考えられます。

チャンスが少ないと考えられがちなUターン転職ですが、地方の優良企業は大都市圏でのビジネス経験者を求めていますし、人材確保が難しい地方都市では、対象年齢の範囲が広がる傾向も見られます。それ故に、大都市圏の転職で苦戦を強いられている方にとっても可能性が広がる選択となります。

ただ、Uターン転職には「Uターンだからこその難しさ」があるのも事実です。ですから、ここではUターン転職を考えているあなたに「後悔しない為の10の心得・行動指針」をお伝えしたいと思います。

一つの考え方として参考にしていただければと思います。

 

 

1.選択肢は狭まる

首都圏(大都市圏)にUターンする場合は当てはまりませんが、そうでない場合は確実に求人数は減ります。

求人数が少ないからといって、転職が難しい訳ではありません。応募する人(ライバル)も少ないので難易度は変わりません。ただ、選択肢が少なくなるということです。例えば、1000社の中から選べていたものが、200社の中から選ばなければならない。そういうことです。

これは都市の規模や職種によっても変化しますが、選択の幅が狭まることは覚悟しておきましょう。

2.企業規模は小さくなる可能性が高い

企業規模に関しても小さくなる可能性が高く、「大企業で働いていたけれど、中小企業で働くことになる」といったことは十二分に考えられます。

ただ、企業規模なんてものははっきり言って「どうでもいいこと」なので気にしないことです。若い時は「大都市で働く」「大企業で働く」などに憧れますが、年齢を重ねるとそんなことは重要でないと気付きます。Uターンを考えている人でしたら、それを理解しているかもしれませんね。

3.給料が減る可能性が高い

企業規模が小さくなる可能性が高いわけで、物価も違いますから給料は下がる可能性が高いです。

また、給料UPの為に転職するわけではないでしょうから、この傾向は顕著です。あなたが手に入れたいものは「Uターン転職すること」であるはずなので、これは受け入れるべきデメリットと言えますね。

ただ、これはあくまで転職直後の話であって、その後の頑張りで昇給していけば問題ありません。また、会社が小さくなれば、そのチャンスは存分にあります。

4.何処で働こうが、仕事は仕事

首都圏(大都市圏)で働こうが、地方で働こうが、仕事は仕事だということを忘れないで下さい。

会社に属して仕事をするということは「厳しさ」が必ずあります。明確な理由があっての「Uターン転職」であれば問題ありませんが、「働くことに疲れた」「合わない」「ついていけない」などの理由で転職を考え、地元の帰って「のんびり」「楽に」というイメージを抱いている場合は注意が必要です。

これら仕事に対する感情や精神的な理由はUターンをしたから解決されるものではありません。Uターンしようが、会社という組織に属し、仕事をするという本質は変わりません。

5.活動計画は綿密に

Uターン転職を行う際に頭を悩ますのが、仕事を続けながら活動するか、辞めて地元に戻ってから活動するかだと思います。もちろん、現在の仕事内容、Uターンする場所によって限度はありますが、可能なら働きながら活動して下さい。なぜなら、辞めてから転職活動する方が圧倒的にデメリットが多いからです。

ただ、現実的にそれが不可能な場合は辞めてからで問題ありません。但し、辞める2、3ヶ月前から活動は始めておくことです。利用する求人媒体の選定、履歴書・職務経歴書準備、面接対策は必ずやっておきましょう。地元に戻ったら「求人を検索して応募するだけ」の状態にしておくことが成功の秘訣です。

もし、あなたが「取りあえず仕事を辞め、地元に戻って落ち着いてから活動を始めよう」と考えているのなら注意が必要です。これは、とてつもなく大きな遅れを生み出します。その遅れがもたらすものは、転職活動を不利な方向に導く「離職期間の長期化」です。

 

 

6.資金計画は綿密に

Uターン転職に伴うお金の問題も疎かにできません。Uターンするとなれば引っ越しを伴うことが多いかと思います。その際、現地までの交通費、引っ越し費用、新居の契約費用など、ある程度まとまったお金が必要になります。必要経費を事前に計算しておき、想定以上の資金を蓄えておくことが大切です。

特に、仕事を辞めて転職活動する人で、かつ実家に戻るといった選択ができない人は特に注意が必要です。すんなりと転職先が決定するとは限らないので、上記費用と共に無収入の状態でも半年程度生活ができる資金は貯めておきたいですね。

7.家族や婚約者がいる人は真っ先に相談

家族、婚約者、付き合っている彼女・彼氏がいる人は、Uターン転職を考えていることを真っ先に伝え、相談しておきましょう。Uターンで居住地も変わる場合は、大切な人の人生にも大きな影響を与えますから、これを疎かにしてはいけません。

事後報告では上手くいかないことが多く、Uターン転職よりも大切なものを失う危険性があります。あなたにとって何が大切なのかを考えて行動しましょう。

8.各地域の支援制度をチェック

実はあまり知られていませんが、Uターン・Iターン転職者への支援制度を設けている道県・市町村もあります。例えば、就労支援、住宅支援、定住促進などです。移住促進の為にこれらの支援を実施している場所もあるので、Uターンを検討している地域の自治体について調べてみましょう。

9.地元愛だけでは転職できない

これは当たり前のことなんですが、「地元に戻って働きたいという気持ち」をいくらアピールしても意味はありません。

企業は「地元愛が強い人」を採用するわけではないので、転職理由や志望動機で「Uターンしたいから」は通用しないと考えておきましょう。働く場所が違うだけであって、会社で働くことに変わりはありません。Uターンを話の片隅に入れることは問題ありませんが、話の中心に持っていくことはNGです。

また、Uターン転職を行う際に考慮しておくべきことに「転勤」があります。地元に戻っても、全国規模で展開している会社に就職すれば転勤の可能性があります。後々の問題となることも多いので、企業選びの段階でしっかりと調査しておきましょう。転勤がある企業の場合は、「転勤できない」という理由だけで不採用になるので注意して下さい。

10.多くの転職媒体を活用する

求人数が減る傾向にあるUターン転職ですから、可能な限り多くの求人媒体を利用したいですね。全国規模で求人を掲載している大手転職サイト、特定の地域に強い媒体、ハローワーク、地元の求人誌など、利用できるものは何でも利用しましょう。Uターン転職では特にこの考え方や行動が重要になります。

 
以上、10の心得・行動指針をお伝えしてきました。どれも全ての転職に当てはまる要素ではありますが、Uターン転職では特に意識して欲しいことになります。

  • Uターン転職の現実を知り受け入れる覚悟を持つ
  • 事前準備・綿密な計画が成功への鍵
  • 地域の支援や家族の同意を得て活動する
  • 活用できるものは何でも積極的に利用して全力で活動する

あなたがUターン転職を成功すれば、その地域に色々な形で貢献することになります。また、それが両親が住んでいる近くであれば、親は意外に嬉しく感じているものですよ。

是非、Uターン転職であなたの望みを実現させて下さい。

 

 


関連記事


転職サイトランキング