サクセス

転職のタイミングは〇年目ではなく、仕事をやり遂げたかどうか!

ひとつの会社にどれくらい在籍すれば転職しても良いのか?

はっきり言って、これに決められた年数や期間はありません。巷では「最低3年は働くべき」「5、6年働いた20代後半がベスト」なんて言われ方をします。もちろん、入社1年で辞めるよりは、3年働いた方が企業に対する見え方がいいのは確かで、需要の面から見ても間違った考えではありません。

ただ、ここで勘違いしてはけいないのは、企業というのは「〇年の業務経験を持つ人」を採用したいわけではないということです。あくまでも、「採用することで自社に利益をもたらしてくれる優秀な人材」を採用したいのです。

つまり、3年継続して働こうが、5年継続して働こうが、その年数相応の経験・スキルを積んでいなければ「仕事のできない人物」と認識されて終わりなわけです。だから、「転職したいけど、短期間で辞めると良くないので嫌々でも3年働こう」という気持ちで、ダラダラと何の成果も残さず働き続けても意味はないのです。

企業が応募条件に掲げる「◇◇の業務経験3年以上」というのは、「◇◇の業務経験が3年以上あれば習得しているであろう経験やスキルを持っている人」という意味です。つまり、2年でそれを達成している人は採用候補となりますし、4年の業務経験があってもそれを達成していない人は候補外です。

何年働けば転職しても良い、〇年働けば転職が上手くいく、こんな法則はどこにもありません。

 

転職するタイミングは年数ではなく、仕事をやり切ったかどうか!

転職する理想のタイミングとは、あくまでも「任された職務をやり遂げたかどうか」で決まります。

それは3年かもしれまんせんし、5年かもしれませんし、7年かもしれません。転職では、期間というよりも、その期間中に何をやり遂げたのか、という中身が問われるのです。勤続年数が長いほうが良いと思われがちですが、長ければ長い程、それ相応のものが問われるのです。

<あなたが社長なら誰を採用しますか?>

  • A「勤続4年、対象期間で成し遂げられるであろう実績をしっかりと残し、経験から得られるスキルを自分のものとして確立している人」
  • B「勤続6年、対象期間で成し遂げられるであろう実績もなく、ただ何となく働いてきた印象の人」
  • C「勤続6年、勤続3年で達成できるような実績しか持たない人」

極端な例ですが、この場合、企業は100%「A」を採用します。

何故なら、これが「応募者の中から最も仕事のできる人材(会社に最も多くの利益をもたらす人材)を採る」という採用の本質だからです。企業は、応募者の中からNo.1を採用します。このNo.1は、継続して働いた期間ではなく、仕事力のNo.1のことです。そして、仕事力は働いていた期間中に何をやり遂げたのかで探られます。

あなたは、担当職務について「ミッションクリア」しているでしょうか。転職の面接で「私は〇〇をクリアしてきました」と自信を持ってアピールできるでしょうか。企業側に「この期間でこれだけ成し遂げて来たなら問題ないだろう」と思わせることができるでしょうか。

与えられた職務を全うすることもなく、「会社が悪い」「環境が悪い」「上司が悪い」「条件が悪い」「やりがいがない」など、責任を他者に押し付けて職務を途中放棄していないでしょうか。こんな状態で転職に臨んで何をアピールするんでしょう。しっかりと経験・スキルを積んできた内定を争うライバルに勝てるのでしょうか。

このことをしっかりと考えて欲しいと思います。

転職に臨むのであれば、〇年継続して働いてきたかどうかよりも、仕事のひと山をやり遂げているか否かの事実こそ重要なのです。

 

 


関連記事


転職サイトランキング



人気記事

  1. キャリア

    2016.08.02 | 心得, 転職の考え方

    キャリアを積むとは?その意味について深く考える!
  2. 転職先延ばし

    2016.10.14 | 転職の現実

    転職を先延ばしにするのは危険!
  3. 給料下げる

    2016.08.05 | 初めての転職, 転職の考え方

    給料が下がる転職はなるべく若い内、それも結婚前がベスト!
  4. 読み解く

    2016.07.16 | 転職サイト

    転職サイトの信憑性が低いのは当たり前、どう読み解くかが重要!
  5. 最初

    2016.12.20 | 転職活動

    転職活動の最初にやるべき極めて重要な3つの行動!
  6. 給料

    2017.01.08 | 転職サイト

    転職サイト求人の給料の実態!ホントはいくら貰えるの?
  7. 2016.11.03 | 初めての転職, 転職活動

    転職における適性テストの全貌(内容・対策・注意点)を知ろう!
  8. 妥協

    2017.02.09 | 転職の考え方

    転職には「妥協すべき点」と「妥協してはいけない点」が存在する!