すぐに辞める

転職してすぐに転職、辞める。これって良くないの?

期待を込めて転職したが、すぐに辞めてまた転職したい・・・。

何かしらの理由があってこのように感じることはあります。
ただ、あなたはこんな疑問を持っているのではないでしょうか。

「すぐに辞めるのは良くないのではないか?」
「短期の職歴となるので、再転職に不利になるのではないか?」

正解です。
すぐに辞めるのは良くないですし、再転職では100%不利になります。

ここでは、その理由について詳しく解説していきます。

すぐに辞めるとリスクを背負うことになる!

転職者を募る中途採用において、企業が最も嫌うのが「雇い入れてすぐに辞められること」です。何故なら、お金を掛けてまで採用したにも関わらず、会社に利益を生む前に辞められると「赤字」となるからです。

つまり、すぐに辞めた職歴を持つ人は「赤字を出した前科のある人」と見なされます。
これが、転職活動において非常に厄介なんですね。

まず、企業から「自社で雇ってもまたすぐに辞めるのでは?」という目で見られるので、「退職理由」や「今後の定着性」が相当深く突っ込んで問われることになります。この突っ込みに対して「企業側が納得する答え」を提示できないと、それだけで不採用となってしまいます。

あなたは、企業を納得させられる「すぐに辞めることになった理由」を用意できますか?

また、すぐに辞めるということは、転職市場で評価されるような「経験・実績・スキル」が積めていないことを意味します。それ故に、前回の転職活動時と同じ「市場価値」で勝負しなければなりません。

以前勤めていた会社では長期に渡って(3年以上)働いており、尚且つある程度の経験・実績・スキルがあればまだ大丈夫です。転職には、「ワンミスはOK、ツーミスはNG」という格言があり、「しっかりと頑張れる人だが、2社目はやむを得ない事情があって再転職するんだな」と許して貰えるからです。

最悪なのが、それ以前の会社の職歴も短い場合です。

今の会社もすぐに辞めるとなると、2連続で「短期の職歴」が続くことになります。つまり「ツーミス」です。こうなると完全に信頼を失い「すぐに辞める人」「すぐに逃げる人」「継続できない人」というレッテルを貼られます。このレッテルを貼られると、相手にしてくれる企業が激減します!

結果、あなたの望む転職が実現できない可能性が極めて高くなります。

世の中には、転職回数や職歴の長短なんて関係なしに、とにかく人が欲しい業界(会社)もありますから、転職できないことはないでしょう。ただ、それがどんな業界や会社なのか・・・敢えて言う必要はないですよね。

もし、そんな業界(会社)にしか相手にしてもらえなかったとしたら、あなたはそこで働いていく覚悟を持っていますか?今と同じように、「またすぐに辞めたい」と思うことはありませんか?

これをしっかりと自分自身に問うて下さい!

 

転職回数から後がない状態に追い込まれる可能性がある

転職してすぐに辞めるということは、最低でも2社以上経験してきたことになり、次の転職で3社目以上となります。はっきり言って、今の日本の社会は転職回数が多い人に寛容ではありません。私の感覚では「2回目はまだ受け入れられるが、3回目以上は敬遠されるようになる」という感じです。

転職回数が多い人というのは「すぐに辞める人」「継続性がない人」というレッテルを貼られるので、相手にしてもらえません。また、転職を繰り返している人は、年齢相応のキャリアを積めていないことが多いので、市場価値が低いという理由でも相手にされません。

それ故に、次が2回目以上の転職であれば「ラストチャンス」だと覚悟して臨む必要があります。今の状況よりも悪化したとしても、我慢して働き続ける必要があります。ここでもすぐに辞めれば「連続して短期職歴、転職回数3回以上」の最悪の状況に陥いるからです。

「次もダメならすぐに辞めればいいや!」

こんな甘い考えを持っていませんか?
これは「滅茶苦茶」危険な考え方です。

次の会社、どんな最悪な状況に陥ってもすぐに辞めることはできない!
この覚悟、しっかりと持っていますか?

転職は「会社」や「職種」選ばなければ何回もできますが、まともな転職のチャンスというのは実は多くありません。それ故に、「実績や経験を積まずにすぐに辞める」というのは、無駄に転職回数を増やし、チャンスを潰す行為でしかないんです。

 

すぐに辞めずに死に物狂いで頑張るとこうなる

すぐに辞めることを早計と考え、死に物狂いで頑張るとどうなるか。

ここで言う「死に物狂いで頑張る」とは、仕事を頑張って成果を出し、経験やスキルを積み上げ、「自身の市場価値を高めること」を意味します。

これが実現できと、望み通りの転職を実現できる可能性が高まります。
前述したリスクやデメリットを除去できるので、転職活動もやり易くなります。

また、ある程度の期間頑張って働いてみることで、「あれっ!?この会社も思っていた程悪くないのでは?」と気持ちが変化することもあります。転職してすぐの時期というのは、想像していなかったことが表面化すると「転職は失敗だった」という感情を抱きやすいんですね。

転職は全てが自分の望み通りにいくことは絶対にありません!
世の中にあなたの望みを全て満たしくれる会社も存在しません!

これを理解せず、理想郷を追い求めて転職を繰り返しても意味はありません。そして、転職の成功・失敗が分かるのは、総じて3年、5年、10年後であったりします。

つまり、すぐに辞めるというは「早計」であることが多いんです。
この事実を理解した上で判断していただければと思います。

「転職してすぐに辞める!」
「短い職歴を重ねる!」
「市場価値を高めない転職を続ける!」

これ、総じて将来的にマイナスに働きます。
でも、これを知らずに安易な転職をしてしまう人が多い!

これが事実だからこそ、ブラック企業や誰もが避けたい業界(会社)への流入がなくならないんです。
転職を繰り返し、行き場を失った人たちの「最後の砦」となっているわけです。

実は、このような「負の循環」で社会が成り立っている側面もあります。

あなたは、この循環に飲み込まれないようにして下さい!

 

 


関連記事


転職サイトランキング



人気記事

  1. 最初

    2016.12.20 | 転職活動

    転職活動の最初にやるべき極めて重要な3つの行動!
  2. 妥協

    2017.02.09 | 転職の考え方

    転職には「妥協すべき点」と「妥協してはいけない点」が存在する!
  3. 自己紹介

    2016.05.27 | 面接

    転職面接「自己紹介」の例文と流れ・内容・時間を徹底解説
  4. パニック

    2016.07.26 | 面接

    面接で頭が真っ白になっても”沈黙の許可”を貰えば問題なし!
  5. 給料下げる

    2016.08.05 | 初めての転職, 転職の考え方

    給料が下がる転職はなるべく若い内、それも結婚前がベスト!
  6. 圧力

    2016.08.04 | 転職の現実, 転職の考え方

    仕事のプレッシャーから逃げたいから会社を辞める!そんなあなたに伝えたいこと。
  7. なぜ?

    2016.07.30 | 転職の悩み, 転職の考え方

    なぜ、転職では「残業が多いから」という退職理由が通用しないのか?
  8. 2016.11.03 | 初めての転職, 転職活動

    転職における適性テストの全貌(内容・対策・注意点)を知ろう!