転職サイト注意

転職サイトを利用する際の注意点と心得!絶対に知っておくべき現実

転職が頭によぎったら、とりあえず「転職サイト」に登録するという人も多いかと思います。「こういう会社が存在するんだ」「こんな会社が中途採用を募っているんだ」など、最初に企業のことを知るのにこれほど便利なものはありません。

ただ、転職サイトを利用するにあたり、いくつか知っておいて欲しいことがあります。
転職サイトを有効に利用する為にも必要な知識ですから、しっかりと頭に叩き込んでおきましょう。

 

転職サイトは広告である!

まず、転職サイトを利用するにあたって、「転職サイト=広告である」ということを理解しておきましょう。というのも、転職サイトは企業からお金をもらって求人記事を掲載しているからです。

つまり、転職サイトからすると、求人掲載企業はスポンサーに当たるわけです。だからこそ、転職者側は無料で利用できるのであって、転職サイトの運営も成り立っているんですね。

「TV番組 ⇒ スポンサーのCM ⇒ 視聴者は無料」
「転職サイト ⇒ 求人掲載企業 ⇒ 転職者は無料」

この関係性と同じだと考えて下さい。

その為、企業に関する悪い情報は控えめで、応募者を減らすことに繋がる情報は書かれていません。TV番組でスポンサーの印象を損なう発言はご法度とされていたり、同業者の商品を扱わなかったりするのと同じですね。また、離職率が高いブラック企業であっても、素晴らしい会社であるかのように書かれていることもあります。

この事実から、転職者側は以下のことを理解した上で利用することが求められます。

  • 広告なので都合の悪いことは書かれていない
  • 応募者を募るために美化されている
  • 記載されている情報は本質を捉えておらず、内実は異なるこもある
  • 転職後に記載内容と異なってもサイトの責任にはできない

こんなのおかしいじゃないか!と感じる人もいるでしょうが、これは仕方がありません。何故なら、前述した通り「転職サイトは広告」であり、その広告を見てどう行動するかは個人の責任だからです。

企業側は高いお金を出してまで採用したいと考えているわけで、それを自ら妨げる情報を記載するはずがありません。憤りや思うところはあるでしょうが、「企業側の視点」や「広告の役割」を考えると理解できますよね。

これは、無料で利用できる側の「転職者が背負うリスク」と考えておくしかありません。だからこそ、転職者のあなたには「他の媒体も活用した徹底した企業研究」が求められるんです。

転職者と転職サイトの目的は異なる!

転職者の目的は「転職によって自分の思い描くキャリアを実現すること」「転職の原因(不満など)を解決すること」かと思います。一方、転職サイトの目的はというと「利益の追求」になります。

転職サイトの運営企業は、人材紹介業を生業とする営利企業ですから、より多くの企業に求人を掲載してもらい、より多くの利益を出すことを目的としています。決して、転職者のあなたに素晴らしい企業を紹介することが目的ではないので、勘違いしないようにしましょう。

つまり、極論を言うと、転職サイト側は、あなたがどんな企業に入社しようが、転職がどんな結果になろうが、そんなことはどうでも良いことなんですね。むしろ、転職に失敗して再び転職市場に戻ってくれる方が有難い。求人を通年で出してくれるようなブラック企業の方がお得意様だということです。

この事実から、以下のことを理解して利用する必要があります。

  • ホワイトもブラックも関係なく求人掲載されている
  • 転職はしない方が良いというニュアンスの情報は掲載されていない
  • 転職の厳しい現実には触れられていない
  • 転職サイトは求人を募っている企業を紹介してくれるだけ
  • 情報をどう読み解き、どう行動するかは全て自分の責任

よく、ネット上で「この転職サイトはブラックが多い!」などの議論がなされていますが、どんな転職媒体にもブラックは存在します。求人数が多いサイトほど、比例してブラックの数も多いと考えておくべきです。また、転職サイトとしても求人掲載企業の内実までは掴めないので、ブラック云々は判断できないのが実情です。

だから、基本的に求人掲載依頼があればどんな企業でも掲載します。

結局のところ、転職サイトは求人を募っている企業を転職者に紹介しているだけです。だから、企業の見極め、応募判断、入社判断、これら全て転職者個人の判断で行うべきことで、転職サイトに頼ることは一切できません。

 

 

まとめ

転職サイトが使いにくくなるような情報だったかもしれませんが、これは紛れもない事実ですから、頭の片隅にでも入れておいて下さい。そして、冷静に、客観的に求人を閲覧して下さい。また、転職サイトの情報だけに翻弄されることなく、様々な情報を集めてトータル的にどう行動するかを判断しましょう。

そうすることで転職サイトはあなたにとって大きな武器になります。

冒頭でもお伝えしましたが、最初に企業のことを知るのに「転職サイト」ほど便利なものはありません。それだけでも充分に利用価値がありますし、企業への応募やメールでのやり取りができる機能も提供してくれています。これを、利用しない手はありませんよね。

裏事情も知った上で賢く利用してやりましょう!

昨今は、転職サイトも多様化しており、様々な価値を提供してくれるようになっています。
サイトごとの特徴を把握し、あなたに適した「転職サイト」を利用しましょう。

 


関連記事


転職サイトランキング



ピックアップ記事

  1. クエスチョンマーク

    30代の転職, 40代の転職

    30代・40代で「マネジメント経験なし」の適切なアピール方法とは?
  2. 転勤

    面接

    転職面接「転勤は可能ですか?」の質問に対するOK・NG回答例
  3. リクルートエージェント

    エージェント

    リクルートエージェントの「面接力向上セミナー」は参加すべき?
  4. 給料が安い転職理由

    心得, 転職の考え方

    給料が安いことが転職理由である場合に考えるべき4つのこと
  5. 職務経歴書

    職務経歴書

    職務経歴書は手書き・パソコン作成どちらが正解?
  6. 履歴書

    転職の履歴書(JIS規格準拠型)無料ダウンロード
  7. イラストレーター

    職業

    転職で未経験から「イラストレーター」を志す人に贈る4つのこと!
  8. リクルートロゴ

    エージェント

    リクルートエージェントの「面談を無視する」とどうなるのか?