はてな?

転職サイトは大手を利用するのが正解なのか?

転職を考え始めたら、取り敢えず大手の転職サイトに登録する!

大多数の転職希望者がこの行動をとります。
大手、リクナビネクスト、マイナビ転職、エン転職を代表とする有名サイトのことです。

果たしてこの選択は正しいのでしょうか?
大手の転職サイトは転職希望者にどんな価値をもたらしてくれるのでしょうか?

こんな観点で大手サイトの利用について考えていきたいと思います。

大手転職サイトを利用するのは正解!?

大手転職サイトを利用するのは賢い選択なのか?

ここは先に結論をお伝えします。
正解、不正解を判定するとしたら正解である!
これがこの疑問の答えです。

何故なら、求人数が豊富なので多くの出会いをもたらしてくれるからです。
つまり、あなたにとって最適な企業と出会える確率が高いということ。

だから、利用しない手はないですし、利用するのが正しい選択です。

ですが・・・、大手である利点はそれだけです。
この点をしっかりと認識しておく必要があります。

「大手 = 求人数が多い = 出会いが多い」

これだけであると!

大手を勘違いしていはいけない!

大手というと、どうしても「安心」「信頼」などの言葉を連想してしまいます。
だから、大手の転職サイトを以下のように勘違いしてしまう人もいます。

  • 大手だから優良企業の求人だけだろう
  • 大手だからブラック企業の求人はないだろう
  • 大手を利用していればいつかは転職先が決まるだろう

あなたはこんな勘違いをしていないでしょうか?

こんな風に勘違いしていたとしたら要注意!
これ、全部間違っています。

大手は求人数が豊富なので、その数に比例して優良企業も多ければ、ブラックも多いです。
優良だとか、ブラックだとかは転職サイト側が見抜けることではないですし、企業から支払われる掲載料金で成り立っているので、依頼があれば基本的にどんな企業の求人でも掲載するのが転職サイトです。

むしろ、ブラック企業ほど積極的に大手を利用します。
継続的に大量の人員補充を行わなければならず、利用者の多い大手でないとそれを実現できないからです。
ブラックとして有名な大企業ほどこの傾向が強いことを覚えておきましょう。

転職サイトは「求人を募っている企業」を転職者に紹介してくれるわけですが、
「あなたに良い企業に転職してもらおう」とは考えていません。

あくまでも「利益の追求」が最大の目的であり、存在意義です。

気付き

次に、大手サイトは利用者が多いことも忘れてはいけません。
利用者が多い = ライバルが多い = 高倍率 = 内定獲得のハードルは高い
この公式が成り立つのが大手です。

特に、冒頭で挙げた大手は想像を絶するほどの大多数が利用しています。

だから、求人が豊富な大手を使っていればいつかは転職先が決定できるだろう。
こんな風に勘違いしてもいけません。

優秀な人は内定を獲得して抜けていきますが、新たに優秀な人が入ってきます。
つまり、ライバルの流入が止まらないので「常に高倍率が保たれている」ということなんですね。
なんたって、転職希望者の大部分の人が利用する訳ですから。

活動方法を間違っているとずっと転職先を決定できない!
これが大手転職サイトの本質です。

「万全の準備もって採用過程に臨んでいない」
「何とかなるだろう、数打ちゃ当たるだろうと勘違いしている」
「自分の市場価値を理解せず、高望みを繰り返している」

こんな状態で利用を継続しても負け続けます。
結果、転職先が決まらず活動の長期化を誘発します。

転職サイトの正しい使い方とは?

転職サイトほど最初に企業のことを知るのに便利なものはありません。
転職において非常に有益な媒体だと言えますので、絶対に利用すべきです。

そこで大切なのが「どんな認識を持って使うのか?」という部分です。

  • 大手だとか無名だとかは関係がない
  • 企業を見極めるのは転職者が行うべきこと

転職サイトは求人広告です。
「こんな企業が転職者を募っていますよ!」を教えてくれる媒体なだけです。

だから、転職者にとって「大手」だとか「小規模」だとかは関係がないんですね
要は、広告が多いのか、広告が少ないのか、それだけの違いです。

だから、可能な限り多くの転職サイトを利用するのがベストな選択となります。
利用する数が増えれば、それだけ最適な企業と出会う確率が高まるからです。

この選択が如何に正しいかを知るのに良い例えがあります。
もしあなたが「生涯の伴侶」を選ばなければならない立場にあったとしましょう。

あなたは1,000人の中から選びますか?
それとも2,000人の中から選びたいですか?

生涯の伴侶となる存在ですから、より多くの可能性を探りたいですよね。
だから、普通であれば「2,000人の中から最適な人を探す」という選択をするはずです。

それは何故か!?
今後も長きに渡って共にする伴侶だから、自分にとって最適な人と出会いたいからです。
だって、合わない人、興味のない人とずっと一緒って苦痛ですからね。

これ、今後も長きに渡って何十年も働いていく会社(仕事)も同じではないですか?

だから、より多くの転職サイトを利用し、より多くの企業との出会いを求めること!
これは、最適な企業に転職する為に当たり前にやるべきことなんです。

気付き

また、企業を見極めるのは転職者が行うべき事です。
転職サイトはこれを実現してくれるものではありません。

あの転職サイトは良い企業が多い!
あの転職サイトはブラックが多くて使えない!

有り得ません。
そんな他人の口コミも全て無視して下さい。

どんな転職サイトにも優良・普通・ブラックが存在します。

深い企業研究を行う!
実際に面接に行って会社を肌で感じ、自分の望みが満たされそうかを確認する!

これを実践して企業を見極めるのはあなたです。
また、他人の評価とあなたの評価が一致するとも限りません。

だから、企業との出会いを得るためのツールとして転職サイトを利用して下さい!
その数が多いほど、あなたにとって最適な企業と出会う確率が高まります。

 

ラストメッセージ

ここまで、転職サイトの実態と使い方についてお伝えしてきました。

これは何も転職サイトだけに限ったことではありません。
あらゆる求人媒体に言えることでもあります。

だから、転職サイト、エージェント、求人誌、ハローワークなど多くの媒体を利用して下さい!

媒体が増える程に企業選びの負担が増します。
でも、結局はそれをやった人が最適な企業に転職していきます。

逆に、面倒だからと媒体を限定して可能性を狭める人が後悔します。
「あの時、もっと多くの企業を検討しておけばよかった・・・」

どんな企業に転職するか。
これは今後の人生をも大きく左右します。
ある意味、生涯の伴侶と言えるのが会社(仕事)です。

より多くの可能性を探る!
これが求人媒体を選択する際の真の正解です。

当サイトでも有益な転職サイトをいくつかご紹介しています。
⇒「転職サイトランキング」ページへ
最適な企業に出会うための一つの媒体として利用を検討して下さい。

 


関連記事


転職サイトランキング



人気記事

  1. 妥協

    2017.02.09 | 転職の考え方

    転職には「妥協すべき点」と「妥協してはいけない点」が存在する!
  2. 2016.12.29 | 転職活動

    転職活動に疲れた30代に贈る、その疲れを根本的に解決する活動指針!
  3. 読み解く

    2016.07.16 | 転職サイト

    転職サイトの信憑性が低いのは当たり前、どう読み解くかが重要!
  4. 必ず聞かれる質問

    2016.05.28 | 面接

    転職の面接で必ず聞かれる質問10選(対策必須)
  5. 給料下げる

    2016.08.05 | 初めての転職, 転職の考え方

    給料が下がる転職はなるべく若い内、それも結婚前がベスト!
  6. なぜ?

    2016.07.30 | 転職の悩み, 転職の考え方

    なぜ、転職では「残業が多いから」という退職理由が通用しないのか?
  7. 嘘

    2016.07.13 | 職務経歴書

    職務経歴書の実績に嘘を書いても構わない、ただし・・・。
  8. 2016.11.03 | 初めての転職, 転職活動

    転職における適性テストの全貌(内容・対策・注意点)を知ろう!