新着求人

転職サイトの新着求人は早く応募した方が得なのか?

基本的に転職サイトには週に2回の更新日があり、どんどん新たな求人が掲載されていきます。

サイトによってまちまちですが、掲載後1~2週間は「新着求人」として扱われています。

そんな時に頭を悩ますのが「新着求人には早く応募すべきなのか?」ではないでしょうか。強い志望度の会社であればすぐに応募すれば問題ないですが、微妙なラインである場合には迷ってしまうこともあるかと思います。「今後の新着求人を見てから応募するか否かを決定しよう!」とある程度の検討期間を設けることもあるかもしれません。

そこで、ここでは「新着求人への応募」について解説していきます。

新着求人への応募は1週間以内がベスト

ここは先に結論をお伝えしますが「可能な限り早く応募すべき」が正解となります。

ここで言う「早く」とは求人の出たその日、次の日というわけではなく、「1週間以内」です。何故なら、求人掲載企業は基本的に「1週間単位で応募を募り、選考を進めていくから」です。

例えば、掲載1週目に応募があった人に対しては、2週目に面接の日程連絡。2週目に応募があった人には3週目に面接の日程連絡。という風に区切って選考は進められます。また、2週目応募の人も1週目に応募があった人の日程と合わせて面接なんてケースもあります。

つまり、1ヶ月契約で転職サイトに求人を掲載していたとしても、選考はどんどん行われており、その過程で予定人数を確保できれば締め切られます。つまり、掲載終了に近い段階で応募しても、「実は採用は終了している」なんてこともあるんですね。

ですから、採用枠が全く埋まっていない「新着求人掲載の1週目に応募しておくこと」が正しい選択になります。また、求人掲載企業も掲載開始週は「どんな人が応募してくれるのか」と楽しみにしており、採用意欲も高くより多くの人と会いたいと考えています。故に面接に呼ばれる可能性も高く、自分をアピールするチャンスも増えます。

これが遅くなればなるほど、既に選考している人たちと比べられ、書類だけで判断されてしまう可能性が高まります。

人気求人は特にこの傾向が強い

人気が高い求人は情報が出るとすぐに大量の応募が集まり、あっという間に受付が締め切られたり、採用枠が埋まってしまいます。

応募するか否かをのんびり検討している時間はありませんから、スピーディに決断していくことも重要です。応募しても、企業研究の結果で辞退することは後からいくらでもできますからね。

また、あなたが望むような企業がいつ新着求人として登場するかは分かりません。ですから、登録している転職サイトの更新日を把握しておき、なるべく早くチェックしていくことも大切です。

いずれにしても、新着求人として掲載されてから1週間以内に応募しておけば、「受付締め切り」や「採用枠が埋まる」といった事態は避けることができます。この事実から考えても、チャンスを逃さないためにも「なるべく早く応募する方が得」だと言えますね。

 


関連記事


転職サイトランキング



人気記事

  1. なぜ?

    2016.07.30 | 転職の悩み, 転職の考え方

    なぜ、転職では「残業が多いから」という退職理由が通用しないのか?
  2. 2016.11.03 | 初めての転職, 転職活動

    転職における適性テストの全貌(内容・対策・注意点)を知ろう!
  3. キャリア

    2016.08.02 | 心得, 転職の考え方

    キャリアを積むとは?その意味について深く考える!
  4. 2016.12.29 | 転職活動

    転職活動に疲れた30代に贈る、その疲れを根本的に解決する活動指針!
  5. 最初

    2016.12.20 | 転職活動

    転職活動の最初にやるべき極めて重要な3つの行動!
  6. 給料

    2017.01.08 | 転職サイト

    転職サイト求人の給料の実態!ホントはいくら貰えるの?
  7. ブラック企業

    2016.09.03 | 転職の現実

    ブラック企業を避けて転職を繰り返すと、結局はブラックに辿り着く
  8. 転職の現実

    2016.10.15 | 転職の現実

    あまり知られていない「転職の現実」厳選10選!