説明

転職で「人材紹介会社」を使うメリット・デメリット!

転職を考えたら、まずは人材紹介会社にアプローチを!

転職を実現してくれる媒体は数多く存在しますが、まずは「人材紹介会社(エージェント)」にアプローチすることを強くおすすめします。それもできるだけ複数に。何故なら、人材紹介会社には多くの利用メリットがあり、デメリットでさえ、自身の転職に役立てることが可能だからです。

人材紹介会社のメリット・デメリットについて詳しく見ていきましょう。

人材紹介会社のメリット・デメリット

転職サイトやハローワークなどは自分で求人情報を探さなければなりませんが、人材紹介会社ではコンサルタントがあなたに合う求人を探して紹介してくれます。要は、「あなたの市場価値」と「企業の求める基準」をマッチングしてくれるんですね。

実際、転職を実現する上で必要不可欠なのがこの「マッチング」なんですが、個人で活動している中ではなかなかに難しいことです。これが正確にできないから「無謀な挑戦」などを繰り返してしまいます。それ故に、人材紹介会社が提供する「マッチングサービス」は一つの大きなメリットになります。

また、それだけに留まらず、「応募書類の添削」「企業との折衝・日時調整」「入社前後のフォロー」などにも対応してくれるので、転職者は多くのメリットを享受できます。

一方、人材紹介会社を利用するにあたっては、大きな障壁(デメリット)もあります。それは、「誰もがこのサービスを享受できるわけではない」ということ。人材紹介会社は、企業から紹介料を徴収することで成り立っているので、いわゆる「売れる人材」しか扱いません。その為、市場価値が低いと判断されると、サービスの提供を断られることがあります。

ですが、「このデメリットでさえメリットになる!」というのがここでのお話しです。

 

人材紹介会社のデメリットは転職する上でのメリットに!

利用を申し込んで断られたとしても、複数の人材紹介会社に根気強くアプローチすることをおすすめします。その理由は、「自身の市場価値を客観的に把握できる」という利点があるからです。

複数の会社にアプローチして利用を断られる(面談すらしてもらえない)となると、「自身の市場価値は高くない」ということが分かります。一方、人材紹介会社から登録を歓迎されるのであれば、「自身に相応の価値がある」と見なすことができます。

転職を実現するには、「現実を知る」ということも大切な要素になりますが、これは人材紹介会社を利用して確かめるのが一番です。結局、転職が上手くいかないのは、自己中心的な考え方でやみくもに活動するからです。厳しいことを言うと、どんなに強く望んだとしても、「それを手に入れられるだけの価値」があなたに無ければ実現は不可能です。

これが転職の本質であって、現実を知る(自身の市場価値を把握する)ことは本当に重要なことなんですね。その意味で、人材紹介会社のデメリットはメリットとも言えるので、利用を躊躇う理由はありません。

仮に、サービスの提供を断られることが続くようであれば、今後の転職活動の戦略を立て直しましょう。(求人媒体の見直しや転職条件の再考・譲歩、転職先の業種・職種・エリアの拡大、転職時期・必要性の再考など)全てをプラスに捉えれば、人材紹介会社の利用にはメリットしかありません。

 

 


関連記事


転職サイトランキング



人気記事

  1. 最初

    2016.12.20 | 転職活動

    転職活動の最初にやるべき極めて重要な3つの行動!
  2. 自己紹介

    2016.05.27 | 面接

    転職面接「自己紹介」の例文と流れ・内容・時間を徹底解説
  3. キャリア

    2016.08.02 | 心得, 転職の考え方

    キャリアを積むとは?その意味について深く考える!
  4. 読み解く

    2016.07.16 | 転職サイト

    転職サイトの信憑性が低いのは当たり前、どう読み解くかが重要!
  5. 給料

    2017.01.08 | 転職サイト

    転職サイト求人の給料の実態!ホントはいくら貰えるの?
  6. パニック

    2016.07.26 | 面接

    面接で頭が真っ白になっても”沈黙の許可”を貰えば問題なし!
  7. 2016.12.29 | 転職活動

    転職活動に疲れた30代に贈る、その疲れを根本的に解決する活動指針!
  8. 仕事を辞めて転職

    2016.02.15 | 初めての転職, 転職の考え方

    仕事を辞めてから転職活動する4つのデメリット