仕事観

転職面接「仕事とは?」「こだわりは?」の例文とポイント

転職の面接では「仕事に対する価値観」を問われることが多々あります。

「あなたにとって仕事とは何ですか?」
「仕事する上でのこだわりはありますか?」
「仕事上でのモットーや信念があれば教えて下さい。」

転職では社会人経験を持つ人材を採用するので、企業側も「応募者の仕事に対する向き合い方」は気になるんですね。ただ、応募者側からすると、こだわり、モットー、信念なんてのは意識することが少ないので、答えるのが難しい質問となります。

そこで、転職面接において頻出の質問である「仕事に対する価値観」について、企業の質問意図、NG・OK回答を交えて詳しく解説していきます。

企業側の本音 ~ここが知りたいポイント~

企業は「仕事に対する価値観の質問」の回答に何を求め、何を探ろうとしているのでしょうか。
適切な回答を準備するため、まずは、企業の質問意図を把握しましょう!

企業の質問意図
  • 仕事観を通じて、向上心や将来性を探っている
  • 応募者の考えと当社の社風がマッチするのか見極めている
  • 仕事に対して甘い認識を持っていないか探っている
  • 理想論や夢物語は求めていない

この手の質問は抽象的で答え辛い質問なんですが、ここは自身の仕事観をしっかりと伝えないといけません。

基本的に仕事の価値観は人それぞれですから、どんな内容であっても構いません。ただ、あまりに現実的な話は評価アップに繋がりませんし、逆に現実離れし過ぎた話は「仕事に対する認識が甘い」とマイナスに捉えられます。

この微妙なところが難しいですね。

また、あなたが語る内容が「自社の社風とマッチするのか」も探られています。ここでミスマッチが発生すると不採用となりますから、「応募企業のイメージとかけ離れていないか」にも気を配る必要があります。

 

NG回答例

面接でよくありがちな「NG回答」をいくつかご紹介します。

「私にとって仕事は、お金を得る為の手段に過ぎません。」
 
「仕事は生活の為で、それ以上でもそれ以下でもありません。」
 
「働き始めたばかりなのでまだ答えは見つかっておらず、今、働きがら探している~」
 
「私の仕事上のモットーは会社(上司)の指示に従い、それを全て完璧に遂行することで~」
 
「まだ社会経験が浅いので、何事も自己判断せずに上司の判断を仰いでミスを防ぐことです。」

 

「仕事はお金の為(生活の為)、以上!」

これが本心であり、本当の気持ちでしょう。
こんな風に現実的な答えを述べたくなる気持ちも分かります。

ただ、ここは面接という選考の場、あまりに現実的すぎる話は、聞いている側からするとつまらないものです。採用側はこれを踏まえた上での答えを欲しているので、現実的な話を盛り込むのは問題ありませんが、それ一言だけで片付けるのはよくありません。

また、「答えが見つかっていない」という類の回答も避けるべきです。いくら社会人経験が短かろうが、既に社会に出て仕事をしてきたはずです。「社会人経験が短いから」「若いから」は採用側が決めることなので、これまでの経験から得た「現時点での答え」を提示する必要があります。

後半二つのNG例は「指示を全うする」「ミスを防ぐ」と一見プラスに感じますが、自ら動けない「指示待ち人間」だと思われる可能性があります。若い人にありがちな「マイナスにしかなり得ない回答」ですから注意しましょう。

OK回答例

OK例文から回答のポイントを探りましょう。

【あなたにとって仕事とは何ですか?】
 
私にとって仕事は2階建て住宅のようなもので、1階部分は生活の為の手段であり、2階部分はやりがいと成長です。
まず1階部分ですが、生活する上で経済的安定は必要不可欠です。流動的で見通しの悪い現代社会ですから、食べていけること、生活していけることは全ての基礎となり重要だと考えます。
次に2階部分ですが、よく「仕事だけが人生でない」と言われますが、人生の大部分を仕事に費やすのも事実です。ですから、私はどんな仕事であってもやりがいを見出し、全てが自己成長に繋がるとプラスに考えて仕事しています。将来、定年で仕事から身を引く時、職業人として何らかの功績を残すことができた、そんな満足感を得られればと思っています。
 
 
【仕事に対するこだわり(モットー、信念)があれば教えて下さい】
 
私はできるだけ本音や真実を伝えることをモットーに、営業の仕事をしています。営業の現場では必ず駆け引きがあり、なるべく安く買いたいお客様と、なるべく高いく売りたい会社側のせめぎ合いです。しかし、今や価格情報はネットに流れ、単なる価格競争に陥っては、価格の安いことだけが優先され、営業マンの存在意義がなくなります。ですから、私が現場でできることは、実直にお客様と向き合うことだと考え行動してきました。
私は、営業の際、お客様にとってのメリット・デメリット、会社側にとってのメリット・デメリットをはっきり伝えるようにしています。お客様にとってのメリットだけを並べ立てても、今のお客様は非常に勉強されていますから、すぐに見破られてしまいます。全てが綺麗ごとだけでは済みませんから、嘘も方便的な行動をとることもありますが、後々の信頼関係を考慮すると、真実を伝えることがベストだと判断しています。

 
一つ目の例は、仕事観を住宅に例えつつ、分かり易く説明しています。また、「生活の為」と現実的な話をしつつ、仕事をプラスに捉えていること、将来の話も織り交ぜることで上手く中和しています。よくありがちな回答例ですが、評価を落とすことはないでしょう。

二つ目の例は、営業という駆け引きがある世界で信頼関係を重視する視点から、本音をさらけ出す潔さが感じ取れます。一方で「嘘も方便」と、大人なやり取りも理解していることが感じられ、社会の現実もしっかりと理解していると高い評価を得られるでしょう。

<回答ポイント>

  • 仕事に対する甘さが露呈する幼稚な回答は避ける
  • 仕事の現実(厳しさ)を理解していることを示す
  • 仕事に対してプラスの面を見出していることを伝える

このポイントを満たした回答を準備して面接に臨みましょう!

 

 


関連記事


転職サイトランキング



人気記事

  1. 読み解く

    2016.07.16 | 転職サイト

    転職サイトの信憑性が低いのは当たり前、どう読み解くかが重要!
  2. 未経験OK

    2016.08.03 | 転職サイト, 転職活動

    転職サイトの「未経験OK」の意味を理解して応募しないと後悔する!
  3. 給料

    2017.01.08 | 転職サイト

    転職サイト求人の給料の実態!ホントはいくら貰えるの?
  4. 嘘

    2016.07.13 | 職務経歴書

    職務経歴書の実績に嘘を書いても構わない、ただし・・・。
  5. テスト

    2018.01.06 | 転職活動

    転職における「性格診断テスト」の対策と3つの目的!
  6. 個性

    2016.07.26 | 面接

    面接で個性的な回答は必要か否か?そもそも、個性的な回答とは何なのか?
  7. 給料下げる

    2016.08.05 | 初めての転職, 転職の考え方

    給料が下がる転職はなるべく若い内、それも結婚前がベスト!
  8. 転職先延ばし

    2016.10.14 | 転職の現実

    転職を先延ばしにするのは危険!