スマートフォン女性

声優の「厳しい現実」を知ろう! 生活できないは当たり前!?

声優の世界は厳しい…

声優を目指している人であれば、ある程度は理解していることだと思います。しかし、「具体的に何がどう厳しいのか」までしっかりと理解いる人は少ないのではないでしょうか。その結果、中途半端な覚悟で声優を目指し、厳しい現実に直面して後悔するのです。

正直な話、「何とかなるだろう!」といった生半可な気持ちで目指す世界ではありません。

声優を仕事として捉えたとき、一般企業に就職して働くこととはワケが違います。言うならば、「お笑い芸人になって芸能界で成功してやる!」といったレベルの厳しさがそこにあるのです。

後の人生で後悔しないよう、声優世界の「厳しい現実」をしっかりと把握しておきましょう。

 

声優の世界には何段階もの壁が立ちはだかる!

声優になるには、「声優養成所」or「声優専門学校」に通って基礎力を身に付け、その後プロダクションに所属する、というルートが一般的です。このルートの中には何重もの壁が待ち構えており、厳しい現実を突きつけられる原因となっています。

<一般的な声優への道筋>

  1. 養成所(審査あり)or 専門学校で基礎力をつける
  2. 声優プロダクションのオーディションを受ける
  3. 声優プロダクションに入所
  4. 仕事は自分自身で勝ち取る必要がある
  5. 2年間の準所属(ジュニア)期間で結果を出す必要がある
  6. 2年後、正所属に格上げするか査定が行われる
  7. 正所属となっても競争は終わらない
  8. 人気声優へ

 

第一の壁【声優プロダクションのオーディション突破】

声優として本格的に活動していくには、「声優プロダクションに」に所属しなければなりません。

これは、「番組オーディションの情報が声優プロダクションに届き、プロダクションがその情報に基づき所属声優を選抜し、オーディションを受けさせる」という仕組みが出来上がってるからです。

このオーディションにはあらゆる方面から声優を目指している人が参加するので、当然、競争倍率は高いです。また、プロダクションは即戦力を求めているので、ある程度の力がないと合格できません。

養成所や専門学校、独学でいくら頑張ろうと、ここを突破する力がなければ何も始まりません。

 

第二の壁【仕事は自分で勝ち取ることが求められる】

声優プロダクションに所属できたとしても、声優としての活動が有利になるだけで、自動的に仕事が割り振られるわけではありません。仕事は各番組のオーディションに参加して自力で勝ち取る必要があります

そのため、声優プロダクションに所属できても、番組のオーディションに合格できなければ、声優デビューは叶いません。つまり、声優として収入を得ることができないのです。

オーディションには各プロダクションから多くの人が募るので、倍率は約300倍と言われています。ここに、声優として継続的に収入を得ていく最も大きな障壁があります。

300倍…あなたはこの競走倍率を戦い抜く覚悟を持っていますか?

 

第三の壁【準所属(ジュニア)の2年間で結果を出す必要がある】

プロダクションに入所すると、まず2年間限定の準所属(ジュニア)となります。

準所属(ジュニア)として経験を積み、正所属を目指すことになるのですが、この期間の「売上」や「活動実績」を元に査定されるため、2年の間に結果を出すことが求められます。

準所属(ジュニア)は声優の最低ランクに位置するので、ギャラは安いです。(時間に関係なく1本あたり15,000円と定められており、事務所が5,000円を差し引くので、10,000円が自分の収入になります)

当然、声優の仕事だけで生活するのは困難であるため、アルバイトや派遣で食いつないでいるのが実情です。生活費を別で稼ぎながら、声優としても結果を残さないといけない…これも決して楽ではありません。

 

第四の壁【正所属への査定】

準所属(ジュニア)としての期間が終了すると、正所属への格上げ査定が行われ、格上げできないと判断された場合、その時点でマネジメント契約は終了となります。

声優の世界は実力主義であり、「利益をもたらすことができない声優はいらない!」ということです。ここは、非常にシビアでドライな部分ですが、これが声優の世界です。

 

第五の壁【継続的に続く勝負の世界】

ジュニア期間の実績が認められると「正所属」となり、マネジメント契約が継続され、晴れて正式なプロダクション所属の声優となります。(ただし、仕事はオーディションで自力で勝ち取る必要があるのは変わらない)

ここから、キャリアや人気度合いによりギャラのランクも上がっていき、最終的にはノーランクとなって、交渉でギャラを決めることができるようになります。もちろん、ここにも競争があるわけで、競争に勝てなければ、正所属となっても収入はゼロです。

人気声優への道は前途多難で、その頂に立つことは決して簡単ではありません。

 

最後に

声優の世界は本当に厳しい…この一言に尽きます。

中途半端な取り組みや覚悟で勝ち上がっていける世界ではありません!

実際、声優を目指す人の中で、声優の仕事で収入を得ることができるのは100人に1人、さらに、声優として食べていける(継続的に声優一本で生活できる)のは3000人に1人、と言われています。

生活できないのは当たり前…と言えるレベルの厳しさがここはあるのです。

この現実をしっかりと認識した上で声優を目指して欲しいと思います。

 

 


関連記事


転職サイトランキング