テスト

転職における「性格診断テスト」の対策と3つの目的!

学生時代の就職活動で「適正テスト」を受けた人は多いと思いますが、昨今、転職の採用過程にも「適正テスト」が取り入れられることが増えています。それ故に、診断テスト対策は採用を勝ち取る上で重要なファクターとなりつつあります。

採用側の企業が何を見て求職者の人格をジャッジするのか?
答えは「適正テスト」の結果です!

例えば、「賢い人(地頭の良い人)を採用したい」という時、学歴を重視するか、適正テストの学力面の結果を重視するか。これに関しては、適正テストの結果を重視する企業が圧倒的に多いです。性格に関しても同じで、面接で求職者が答えた内容よりも、性格診断テストの結果を重視します。

このように、重要度の高い「適正テスト」ですが、テストには「能力診断」と「性格診断」が存在します。両方を行う企業もあれば、「性格診断」のみを実施するという企業もあります。いずれにせよ「性格診断」は行われる確率が非常に高く、採用を勝ち取るにはその意義と目的をしっかりと把握しておくことが望ましいです。

 

性格診断テストの意義と目的

性格診断テストは「採用するか否か」「採用者をどの部署に配置するか」を判断する上で、最も重要な参考情報となります。性格に関しては、面接でも「あなたはどんな人柄(性格)ですか?」「長所と短所は?」という類いの質問で探るのですが、採用側は面接で語られることの全てを信用していません。何故なら、面接では「嘘」を述べることが可能だからです。

その為、面接での回答の信憑性を探るために「性格診断テスト」が用いられているんですね。つまり、採用側は「テストの結果」と「面接時の回答」に隔離がないか、整合性をチェックしているわけです。これが、採用過程に「性格診断テスト」が取り入れられている最たる理由です。

面接において、自己認識の的確さは、ある意味、その人の精神年齢や人格の成熟度を表します。面接での回答と性格診断テストの整合性が高い人は、高く評価されます。何故なら、自分を客観視する能力が高く、欠点を内省する力も備え、入社後も自らの欠点を克服するために自主的に考え、努力して成長していけると判断されるからです。更に、勝負どころである面接の場で欠点を正直に言えるということは、「自己開示能力が高く誠実な人柄である」という仮説まで立てることができます。

逆に、自己認識が的確でない人(整合性が取れていない人)は、自分自身と向き合う力や、欠点を認める力が欠如している可能性が高いと判断されます。また、入社後の配属先の上長にとっては、弱点を指摘して反省させたり、負けを認めさせて謙虚にしたりと、育成するためのマネジメントに工数がかかると評価されるんです。それ故に、不採用となる可能性が高まるわけです。

<性格診断テストの実施目的>

  • 面接では探れない性格を探るため
  • 面接の回答と整合性が取れているかを探るため
  • 自己認識力を見極めるため

もちろん、性格診断テストには、単純に「求職者の性格を知りたい」という意図もあります。採用側は、「あの部署には〇〇な性格の人が合うだろう」「あの上司の下で働くのならば、〇〇な性格の人でないと厳しいだろう」と想像しながら採用活動をしています。つまり、採用したい「性格」というものが存在するんですね。

その為、採用条件を満たした優秀な人であったとしても、性格の不一致で不採用となることも普通にあります。求職者からすると、性格テストの結果で落とされることは憤りを感じるでしょうが、会社も人と同じで、性格が合う合わない、求めている性格というものが存在します。合わない会社に入ることは求職者にとってもデメリットですから、性格が合否を決める重要ファクターであることは悪いことでもありません。

 

性格診断テストの対策

性格診断テストの対策をお伝えする前に知っておいて欲しいことがあります。それは、性格診断テストでは絶対に嘘は通用しないということです。恐ろしいことに、テストの結果を操作して自分を良く見せようとして嘘の回答をしていも、100%バレます!性格診断テストは、それくらい高い精度で完成されたものなんです。だから、性格診断テストは正直にありのままの自分を回答することが超重要です。

この事実から分かる通り、性格診断テストの対策とは、自分をより良く見せるための回答方法を習得することではありません。性格診断テストの対策とは、事前に類似のテストを受けておき、「自分は企業からこんな人間だと思われるだろう」という予測を立て、その予測に基づいて適切な自己アピールができるようにすることです。

予測をしないまま、面接の時に性格テストの結果と全く違う受け答えをしたらどうなるでしょう。まず間違いなく、「嘘を付いている」「自己認識力が低い」と判断されて終わりです。だからこそ、自分の性格テストの結果を予測し、それを応募書類や面接の質疑応答に反映することが大切なんですね。

自分自身が採用の仕組みのなかで、どのような評価をされるのかを事前に予測することが「自己分析」であり、その予測に基づいて適切なアピールができるようにすることが「面接対策」です。この点をしっかりと認識して対策しておきましょう。

今であれば、無料で簡単なテストが受けられるサイト(転職サイトなどが提供している簡易的なもの)が多数存在します。これを利用してテスト結果の予測に役立てましょう。その際のポイントは可能な限り多くのテストを受けることです。そうすることで、テスト結果の傾向をより深く知ることができます。

特におすすめなのは「転職サイト@type」が提供する転職力診断テストです。利用するのに登録が必要になりますが、詳細な分析結果が受け取れるので、自己分析ツールとして最適です。(もちろん転職サイトとしても利用できます。)
 
@typeテスト

 


関連記事


転職サイトランキング



人気記事

  1. 2016.12.29 | 転職活動

    転職活動に疲れた30代に贈る、その疲れを根本的に解決する活動指針!
  2. 転職の現実

    2016.10.15 | 転職の現実

    あまり知られていない「転職の現実」厳選10選!
  3. 壊す

    2016.07.15 | 転職の現実, 転職の考え方

    転職に対する良いイメージをぶち壊す!それが後悔しない為の秘訣!
  4. 給料

    2017.01.08 | 転職サイト

    転職サイト求人の給料の実態!ホントはいくら貰えるの?
  5. 必ず聞かれる質問

    2016.05.28 | 面接

    転職の面接で必ず聞かれる質問10選(対策必須)
  6. ブラック企業

    2016.09.03 | 転職の現実

    ブラック企業を避けて転職を繰り返すと、結局はブラックに辿り着く
  7. 未経験OK

    2016.08.03 | 転職サイト, 転職活動

    転職サイトの「未経験OK」の意味を理解して応募しないと後悔する!
  8. 給料下げる

    2016.08.05 | 初めての転職, 転職の考え方

    給料が下がる転職はなるべく若い内、それも結婚前がベスト!