分析

転職の最終面接の結果が「遅い」・「早い」がもたらす真実に迫る!

めちゃくちゃ気になりますよね?
最終面接の結果って!

結果が良ければ、転職活動から解放されます。
結果が悪ければ、精神的ショックを受けて活動を継続しなければなりません。

まさに「天国」と「地獄」の境目です。

だからこそ、結果を早く知りたいというのが転職者全員の願いなんですが、採用側はそんな気持ちを無視した結果通知を行います。

基本的に結果通知は遅いことが多い!
だから、応募者側は「結果が遅い = 不採用」なんて想像をしてしまうんですね。
転職の嫌な部分がここにあります。

そこで、ここでは結果が「遅い」「早い」がもたらす採用・不採用の真実をお伝えします。

 

第一候補者は絶対に結果通知が早い!

当たり前のことですが、採用側は応募者に優先順位を付けて対応しており、より順位が高い人に入社して欲しいと考えています。

それ故に、第一候補者には可能な限り早く内定の連絡を入れます。悠長に構えていると、他の会社に優良候補者を奪われる可能性があるので、これだけは全ての企業に共通していることです。

だから、あなたが第一候補者であれば、間違いなく結果はすぐに届きます。面接の翌日(当日)に電話で内定の連絡が来た!なんてこともよく聞きます。だから、「結果が遅い・・・」と感じてこのページを見ている方には「厳しい現実」が待っているかもしれません。

これが嘘偽りのない転職市場の真実です。

なんだ、遅い場合はやっぱり不採用確定なんだ・・・と気落ちした方もいるでしょうが、絶対にそうだとは言えないのが採用過程の難しいところなんですね。

最終面接の結果通知が遅いと不採用なのか?

前述した内容を加味すると「結果が遅い = 不採用」と考えてしまいますよね。

隠しても仕方がないので真実をお伝えします。
最終面接の結果が遅ければ遅いほど、不採用の確率は高まる!
残念ですが、この認識で間違いはありません。

でも、不採用確定ではなく、あくまでも確率が高いだけです。
そして、採用活動には以下のようなケースも存在します。

  1. 第二候補者である可能性がある
  2. 候補者全員の最終面接が終わっていない

あなたが第二候補者だった場合、第一候補者の返事待ちとなるので結果は遅くなります。これに関しては、第一候補者がどれだけ早く返事するかによって期間は変化します。

次に、最終まで進んだ人の面接が全て終了していなケースもあります。他の候補者があなたと同じ日に面接を受けているとは限りませんし、働きながら活動している人も多いので、むしろ日程はバラバラなことが多いです。

つまり、最終候補者の中であなたが早めに面接を受けていたとすると、全員が終わるまで待たされることになるので、結果は自ずと遅くなります。

だから、結果が遅いからといって不採用だとも限らないんですね。

応募者側がやるべきことは一つしかない!

結果が「遅い」、または「早い」に伴う採用・不採用についてお伝えしましたが、結局、応募者側がやれることは何もなく、結果に関しては待つことしかできません。

だから、応募者がやることは一つしかないんです。
それは、「不採用の可能性を見越して活動を継続すること!」です。
これが今のあなたがやるべきことです。

結果が遅いから不採用?
遅くても可能性がある?

こんなことを考えても答えは出せませんし、結果も変わりません。気になって仕方がないのは分かります。内定だったら活動終了なので力が入らないのも分かります。転職活動がしんどいのも分かります。

それでも、やるべきことは「最悪の事態を想定して活動を継続すること」なんですね。

活動を継続しておかないと、結果が悪かった時に大きな遅れを生みますし、その間に出ていた優良求人を見逃す可能性もあります。そして何よりも、一からの出直し感が出るので活動のやる気も起きません。結果、余計に活動期間が長期化して辛い想いをします。

だから、結果を待っている間は活動を継続して下さい!
それしかやることはありませんし、それがやるべきことでもあります。

活動を継続しながら「吉報」を待ちましょう!

 

 


関連記事


転職サイトランキング



人気記事

  1. 個性

    2016.07.26 | 面接

    面接で個性的な回答は必要か否か?そもそも、個性的な回答とは何なのか?
  2. テスト

    2018.01.06 | 転職活動

    転職における「性格診断テスト」の対策と3つの目的!
  3. 妥協

    2017.02.09 | 転職の考え方

    転職には「妥協すべき点」と「妥協してはいけない点」が存在する!
  4. なぜ?

    2016.07.30 | 転職の悩み, 転職の考え方

    なぜ、転職では「残業が多いから」という退職理由が通用しないのか?
  5. 転職先延ばし

    2016.10.14 | 転職の現実

    転職を先延ばしにするのは危険!
  6. パニック

    2016.07.26 | 面接

    面接で頭が真っ白になっても”沈黙の許可”を貰えば問題なし!
  7. ブラック企業

    2016.09.03 | 転職の現実

    ブラック企業を避けて転職を繰り返すと、結局はブラックに辿り着く
  8. 2016.11.03 | 初めての転職, 転職活動

    転職における適性テストの全貌(内容・対策・注意点)を知ろう!