分析

転職の最終面接の結果が「遅い」・「早い」がもたらす真実に迫る!

最終面接の結果、めちゃくちゃ気になりますよね。

結果が良ければ、転職活動から解放されます。
結果が悪ければ、精神的ショックを受けて活動を継続しなければなりません。

まさに「天国」と「地獄」の境目です。

だからこそ、「1分、1秒でも早く結果が知りたい!」というのが転職者側の願いなんですが、採用側はそんな気持ちを無視した通知を行います。

結果、やきもきさせられるのはいつも求職者側です。通知が遅ければ遅いほど、「やっぱり不採用か・・・」なんてマイナス方向に考えも及びます。

では、実際のところはどうなんでしょうか?
やはり、結果が遅いと不採用の確率が高まるのでしょうか?

この疑問を解決する形で、最終面接の通知(遅い・早い)について考えてみましょう。

 

最終面接の結果通知が遅いと不採用!?

候補者の中からNo.1を採用する! というのが採用の本質なので、企業は応募者に優先順位を付けて採用活動しています。当然、より順位の高い人に入社して欲しいと考えています。

そのため、第一候補者には可能な限り早く内定の連絡を入れます。悠長に構えていると他社に「優良候補者」を奪われる可能性があるからです。

この事実を踏まえて言うと、あなたが第一候補者であれば、間違いなく結果通知は最速で届きます。面接の翌日(当日)に電話で内定の連絡が…なんてことも考えられるわけです。

つまり、「結果が遅い = 不採用の確率が高い」というのはあながち間違っていないんですね。結果が遅い・・・と感じてこのページを見ている方には「厳しい現実」かもしれませんが、これが嘘偽りのない真実です。

結果通知が遅くても不採用確定ではない!

前述の内容はあくまでも「確率が高い」という話であって、結果が遅いからと言って「不採用確定」ではありません。中途採用の現場では以下のようなケースで結果通知が遅くなることが多分にあります。

  1. 第二候補者の可能性がある
  2. 候補者全員の最終面接が終了していない

あなたが第二候補者だった場合、第一候補者の返事待ちとなるので結果通知は自ずと遅くなります。第一候補者がグズグズしていると、1週間~10日後にあなたに内定通知が届くなんてこともあり得ます。

次に、候補者全員の最終面接が終了していなケースもあります。他の候補者があなたと同じ日に面接を受けているとは限りません。転職においては働きながら活動している人が大半なので、むしろ日程はバラバラです。

つまり、最終候補者の中であなたが一早く面接を受けていたとすると、全員の最終面接が終了するまで待たされることになるので、結果は自ずと遅くなります。

これらの要素かあら、結果が遅いからといって不採用だとも限りません。

 

あなたががやるべきことは一つしかない!

最終面接の結果(遅い・早い)に伴う採用・不採用についてお伝えしてきましたが、結局、どう転ぶかは分からないということです。そして、転職者側の私たちには「待つ」ということ以外にできることはありません。

つまり、今あなたがやるべきことは、不採用の可能性を見越して活動を継続することです。

結果が遅い場合はやっぱり不採用?
結果が遅くても採用の可能性はある?

こんな疑問と向き合っても意味はありません。
そして、結果を変えることもできません。
要するに、時間の無駄なんです。

結果が気になって仕方がないのは分かります。結果が気になって他のことに手が回らないのも分かります。それでも、最悪の事態を想定して活動を継続しておくことが何よりも大切です。

活動を継続しておかないと不採用だった時に大きな遅れが生じます。その間に出ていた優良求人を見逃す可能性もあります。何よりも、一からの出直し感が出るので転職活動のやる気自体が減退します。

結果、余計に活動期間が長期化して辛い思いをすることになります。だから、結果が届くまでは活動を継続して下さい。それしかやることはありませんし、それがやるべきことでもあります。

活動を継続しながら「吉報」を待ちましょう!

 

 


関連記事


転職サイトランキング