意思確認

転職の最終面接で「入社意思」を確認する意図と適切な回答例!

転職の最終面接で問われることが多いのが「入社意思の確認」です。

当社に間違いなく入社していただけますか?
内定となった場合、入社意思はどれくらいですか?

応募企業が第一志望であれば、「はい、喜んで入社いたします!」の一言で終わりなんですが、問題は他にも志望度の高い企業を並行してい受けている場合です。

内定を得る為にはどう答えるべきなんでしょうか?

ここでは、企業側の質問意図と共に、NG・OK回答例を交えて詳しく解説していきます。

企業側の本音 ~ここが知りたいポイント~

適切な回答を準備するため、まずは、企業側の質問意図を把握しましょう。

<企業の質問意図>
現在の活動状況について語ってもらった上で、素直な気持ちを聞かせて欲しいと考えている。もちろん「御社で働きたい!」という強い意思も示して欲しい。

この質問に関しては「素直な気持ちを聞かせて欲しい」と企業側は考えています。

ここで嘘を付いて「はい、100%入社いたします」などと答えておいて、「いざ内定が出たら辞退」なんてことになると後々のトラブルにも発展しかねません。その為、今の心境をプラス方向に素直に語ることが正解となります。

但し、いくら素直にとは言っても「御社は志望度が低いので、他社の状況次第です」といった回答がNGなのは言うまでもありません。企業は、「志望度が低い」「優先順位が低い」「滑り止め」などの感覚で受けている人に内定を出したいとは思わないですからね。

ここは、第一志望でなかったとしても、「今ここで確実に入社するとは即答できませんが、私の中で優先度が高い企業の一つであること、御社で〇〇をやってみたい気持ちがあることに間違いはありません」といったように、応募企業で働く意思を持っていることを伝える必要があります。

仮に、プラス方向で素直に語ったのに不採用となった場合は、「その会社とは縁がなかったんだ」と結論付けるしかありません。

 

NG回答例

実際の面接の場でよくある「NG回答」について見ておきましょう。

「はい、間違いなく入社いたします(嘘を付く)。」
 
「それは内定が出てから考えたいと思います。」
 
「それって、今すぐ確約しなければいけないことですか?」

まず、内定獲得だけを優先した「断定的表現(絶対、確実、100%など)」や「嘘」は避けた方が無難です。あなたの言葉を信じ、確実に入社してくれることを前提に内定を出すことも有り得ます。万一、辞退の必要性が生じた時に断り辛いですし、トラブルにもなり兼ねません。

また、「内定が出てから考えます!」という主旨の回答もおすすめできません。応募者からすると当然の権利なんですが、「入社意思が低い」と捉えられて評価が下がってしまう可能性があります。

最後の例のように、質問の趣旨をはぐらかし、面接官に不信感を抱かせるような発言もNGです。ます間違いないく不採用となるでしょう。

OK回答例

この質問の回答としてはどんな内容が適切なんでしょうか。
OK例文から回答のポイントを探りましょう。

正直に申し上げて、今この場で「間違いなく御社に入社します」とは申し上げられません。
もちろん、内定をいただけることは大変光栄なことですし、御社が「働いてみたいと強く思う企業」であることに間違いはありません。
ただ、約3年前の就活(前回の転職)で「企業選びがうまくいかなかった」という反省の念がありますので、ここは次の進路として慎重に検討させていただければと思います。

現在の気持ちを素直に語り、入社意思も示しているので、不信感をもたれることはないでしょう。また、「慎重に検討したい」という理由もはっきりしており、企業側も理解を示してくれるはずです。

この質問の回答ポイントは以下の3点です。

  1. 現在のキモチを素直に語る
  2. 入社意思があることを示す
  3. 今すぐ回答できない理由も添える

他にも志望度の高い企業を並行して受けている場合は、このポイント満たした答えを提示しましょう。

また、第一志望で強い入社意思をもっている場合は、「御社で働かせていただくことを第一としていますので、内定をいただきましたら入社させていただきます」という一言でOKです。

 

 


関連記事


転職サイトランキング



人気記事

  1. 圧力

    2016.08.04 | 転職の現実, 転職の考え方

    仕事のプレッシャーから逃げたいから会社を辞める!そんなあなたに伝えたいこと。
  2. 未経験OK

    2016.08.03 | 転職サイト, 転職活動

    転職サイトの「未経験OK」の意味を理解して応募しないと後悔する!
  3. 壊す

    2016.07.15 | 転職の現実, 転職の考え方

    転職に対する良いイメージをぶち壊す!それが後悔しない為の秘訣!
  4. 転職先延ばし

    2016.10.14 | 転職の現実

    転職を先延ばしにするのは危険!
  5. 転職の現実

    2016.10.15 | 転職の現実

    あまり知られていない「転職の現実」厳選10選!
  6. パニック

    2016.07.26 | 面接

    面接で頭が真っ白になっても”沈黙の許可”を貰えば問題なし!
  7. 妥協

    2017.02.09 | 転職の考え方

    転職には「妥協すべき点」と「妥協してはいけない点」が存在する!
  8. 自己紹介

    2016.05.27 | 面接

    転職面接「自己紹介」の例文と流れ・内容・時間を徹底解説