リクナビNEXT

リクナビネクストの「プライベートオファー」の全貌に迫る!

リクナビネクストには3種類のオファーが存在しますが、
プライベートオファーに関しては「価値がある!」との認識で間違いないでしょう。

ここでは、その理由と共に「プライベートオファーの全貌」についてお伝えします。

全てを知ってあなたの転職に有効活用しましょう。

プライベートオファーを出す企業は本気度が高い

実は、リクナビネクストは転職サイトの中で求人掲載料金が圧倒的に高い媒体です。

それ故に、リクナビに求人を掲載している企業は「採用に対する本気度が高い!」という特徴があるんですね。更に、プライベートオファーの機能を利用するにも、上乗せで高額な料金が必要になります。

それ故に、リクナビネクストでプライベートオファーを出している企業は、「高い料金を支払ってでも人材を確保したい」と考えているわけです。また、無限にオファーを出せるわけではなく、数にも限りがあります。

つまり、あなたに届くプライベートオファーには料金が発生しており「ある程度の価値がある!」との認識で間違いないんです。

プライベートオファーを出す企業の本音

なぜ、企業は高い料金を支払ってまでプライベートオファーを利用するのでしょうか?

そこには2つの理由が存在します。

  1. オファーを出して企業を知ってもらわないと応募が集まらないから
  2. 今回の採用で是が非でも自社の求める人材を確保したいから

オファーを利用しなくても優秀な人が多く集まる知名度の高い企業は、面接確約となるプライベートオファーを利用することはありません。だからこそ、プライベートオファーが届く会社は「あまり知られていない会社」が多いんですね。

ただ、「あまり知られていない無名な会社 = 駄目な会社」の公式は成り立ちませんし、高額な掲載料金とオファー料金を支払うことができる会社であるわけです。

つまり、事業が上手くいって利益を出している「優良企業」である可能性が高く、知らない企業であっても充分に検討する価値があるんです。(日本には約400万という膨大な数の会社が存在しますが、世に知れ渡っている会社は全体の1%にも満たない。)

また、「待っているだけでは優秀な人材は確保できない!」というのが昨今の転職市場の実状ですから、会社側からアプローチを掛けてでも優秀な人材を確保したいというのが企業の本音です。

 

プライベートオファーの転職成功率

プライベートオファーは「あなたが企業の求める経験・スキルを有している」から届きます。
これが意味するところは、その企業の内定を獲得できる条件を持っているということなんです。

つまり、マッチングが成立しており、内定を獲得できる確率は高い!

こう考えることができるんですね。

但し、プライベートオファーが届いているのはあなただけではありません。企業は「できるだけ多くの人と会って判断したい」と考えますから、上限人数いっぱいまでオファーを出しているはずです。

これが実状ですから、オファーが届いたからといって「簡単に内定が採れるんだ!」と勘違いしてはいけません。当然、あなたと同じように「内定を獲得できる条件を持っているライバル」が存在しますから、通常応募と同じく競争に勝たなくてはいけません。

でも、でもです。

プライベートオファーは無視・辞退する人も多いのが実情です。
何故なら、無名な会社であることが多く、オファーを信用していない人も一定数いるからです。

つまり、簡単に内定が取れるわけではないが、「内定を獲得できる確率(成功率)は通常応募よりも高い!」と考えることができるんですね。

特に、求人を掲載していから一定期間経過して届いた場合は、「想定通りに応募が集まっていない企業」である可能性が高いですから、大いにチャンスがあります。

プライベートオファーの無視・辞退について

プライベートオファーに関しての疑問、「無視しても良いの?」「辞退するには?」にもお答えします。

まず、興味のない会社からのプライベートオファーは「無視」しても構いません。
返信有効期限が過ぎれば勝手にキャンセルになりますし、そうしている人も多いです。

ただ、真剣にオファーを出して返信を待っている企業もありますから、「辞退すること」を伝えてあげることが丁寧ではあります。(画像の通り、「このオファーを辞退する」ボタンが用意されていますから、ワンクリックで辞退が可能です。)

オファー辞退

お金を掛けてまでオファーをくれてありがとう。
でも、申し訳ないですが辞退させて頂きます。

こんな情けで良いので、社会人の対応として「辞退」を伝えてあげて下さい。

プライベートオファーへの返信方法

逆に面接確約オファーに申し込む場合は、「面接にあたって」の項目にある返信テンプレートに沿って、面接希望日を返信すればOKです。

内容としては以下のようなもので問題ありません。

株式会社〇〇
採用ご担当者様(名前が分かっている場合は個人名でも可)
 
お世話になっております。
この度はオファーをいただき誠にありがとうございます。
 
面接ですが、以下日程でよろしくお願いいたします。
 
■面接ご希望日
第1希望:〇月〇日 〇時~ 〇時スタートまで
第2希望:〇月〇日 〇時~ 〇時スタートまで
第3希望:〇月〇日 〇時~ 〇時スタートまで
※調整不可日(〇月〇日、〇月〇日、〇月〇日)
※その他面接の希望:あれば記載する
★面接前に質問・相談したいこと:あれば記載する
 
〇〇〇〇(氏名)
 

 

最後に!

リクナビネクストのプライベートオファーには、検討するに値する価値がある!

この認識で間違いありません。

あなたに興味があります!
あなたは自社の求める条件を満たしています!
自社を転職先として検討してくれませんか?

プライベートオファーはこれをあなたに知らせてくれる貴重なものですから、しっかりと企業研究して応募判断してみてはいかがでしょうか。

意味はない!と決めつけて検討もしないのは勿体ないだけです。

 


 

<類似情報>
他のオファーの価値に関しては「リクナビネクストのオファーの種類と仕組み!意味のあるオファーは?」にて解説しています。参考までにご覧下さい。

 


関連記事


転職サイトランキング



人気記事

  1. 給料

    2017.01.08 | 転職サイト

    転職サイト求人の給料の実態!ホントはいくら貰えるの?
  2. 転職先延ばし

    2016.10.14 | 転職の現実

    転職を先延ばしにするのは危険!
  3. 圧力

    2016.08.04 | 転職の現実, 転職の考え方

    仕事のプレッシャーから逃げたいから会社を辞める!そんなあなたに伝えたいこと。
  4. 仕事を辞めて転職

    2016.02.15 | 初めての転職, 転職の考え方

    仕事を辞めてから転職活動する4つのデメリット
  5. 壊す

    2016.07.15 | 転職の現実, 転職の考え方

    転職に対する良いイメージをぶち壊す!それが後悔しない為の秘訣!
  6. ブラック企業

    2016.09.03 | 転職の現実

    ブラック企業を避けて転職を繰り返すと、結局はブラックに辿り着く
  7. 未経験OK

    2016.08.03 | 転職サイト, 転職活動

    転職サイトの「未経験OK」の意味を理解して応募しないと後悔する!
  8. 自己紹介

    2016.05.27 | 面接

    転職面接「自己紹介」の例文と流れ・内容・時間を徹底解説