転職サイト@type

@type

No.2
求人数
更新日 火・金曜日
強み ⓵独自の転職診断8種類 ②豊富な求人
対象者 20代~40代の転職希望者

独自コンテンツであなたの転職を有利にしてくれる中堅最上位サイト!

転職サイト「@type」は利用価値のある転職サイトなんでしょうか。

求人の特徴、強み(メリット)、弱み(デメリット)から当サイトを調査し、
転職サイト「@type」を評価したいと思います。

登録への判断材料としてご利用下さい。

転職サイト「@type」の求人特徴

転職サイトの利用において最も重要となる「求人」について見ていきましょう。

求人数

求人数に関しては「中上位的な件数を誇る」との認識でOKです。
大手(リクナビNEXT、マイナビ、エン)と比較すると半分程度の求人数となりますが、
他の転職サイトとの比較では上位に位置しており、充分に利用価値が見込める件数を誇ります。

求人地域

求人地域に関しては「全国規模ではあるが、首都圏が中心」といった傾向があります。
この点は他の転職サイトと同様ですが、その割合が少し高いのかもしれません。

<地域別の求人割合>
北海道・東北 – 4.2%
北関東 – 5.1%
首都圏 – 60.5%(1位)
北陸・甲信越 – 3.6%
東海 – 7.4%(3位)
関西 – 9.3%(2位)
中国・四国 – 4.2%
九州・沖縄 – 5.7%
 
*2017年1月時点での求人社数2,343件から算出した数値*

首都圏(関西・東海)での転職には高い利用価値があり、その他の地域での転職には利用価値が低い!
求人の地域からはこの評価が適切ではないでしょうか。

求人の職種別割合

職種別の割合は「IT/WEB関連・営業系の割合が高い」といった傾向があります。

@typeは「ビジネスパーソン&エンジニアのためのキャリア転職サイト」と名乗っているだけあって、
IT/WEB関連が最も大きな割合(約30%)を占めています。
営業系の割合が高い(約20%)のは全ての転職サイトに共通することですね。

ただ、上位2職種(IT/WEB関連・営業系)を合わせても約50%ですから、
その他の職種に関しても満遍なく取り扱っていることになります。

IT/WEB関連企業への転職を考えている人にとっては登録必須のサイトであり、
他の業界(職種)への転職希望者でも利用価値は十二分に存在する。

そんな転職サイトです。

転職サイト「@type」の強み

他の転職サイトにはない@typeの「強み(利用メリット)」は、
何と言っても「各種診断機能の充実」において他なりません。

転職を有利に進めてくれる有益情報を多数得ることが可能なんですね。

  1. 転職力診断テスト
  2. 市場価値診断テスト
  3. 適正検査SPI2 実力テスト
  4. シゴト満足度診断
  5. 適職タイプ診断テスト
  6. 面接力診断
  7. 成り上がりタイプ診断
  8. 転職理由発見

これらの診断テストがサービスとして付随されています。
4~8に関しては価値が薄いですが、とにかく1~3がヤバい!

気付き

1~3が有益な理由をご説明させて頂きます。

昨今、転職の採用過程において「適正テスト」を取り入れる企業が増えています。
これには「本当のあなたを探るため」という意図が隠されているんですが、
面接では作られた回答が多いので、それができないからなんですね。

「あなたが本当はどんな人物なのか?」
「どんな考え方を持った人物なのか?」

これをテストから暴き、募集職種や自社の社風とマッチするのかを確認しています。
面接では応募者の話す内容がテスト結果と一致しているのかも探っています。

つまり、転職に臨むにあたり「自分がどう見らているのか?」を把握しておく必要があるんです!

それを実現してくれるのが「転職力診断テスト」と「市場価値診断テスト」です。

「適正テストを受けた時、どんな結果が出るのかを知ることができる!」
「面接で整合性のある適切なアピールをすることができる!」
「自己分析のヒントとなる情報を得ることができる!」

いいこと尽くしの有益なテストなんです。

<@typeの転職力診断テスト>
typeのテスト
 
総合力、順位、予想内定数、予想年収。
転職に求められる6項目の転職診断結果。
これら有益情報を約10分のテストで得ることができます。

次に、「適正検査SPI2 実力テスト」も非常に使えます。
中途採用の適性検査でもっとも出題率が高いSPI2の基本的な対策が行えるからです。

適正検査ではどんな問題が出題されるのか。
これを把握しておくことで採用過程を有利に進めることができますよね。

これらの有益な診断テストが登録者に無料で提供されています。
これこそが、他の転職サイトにはない「強み」となります。

転職サイト「@type」の弱み

@typeの「弱み」に関しては、強いて取り上げるほどのものはありません。

3大サイトと比較すると知名度は低いサイトですから、
競争率の面でもそこまで厳しくはありません。

ただ、求人地域が首都圏(関西・東海)が主であることを考えると、
その他の地域で転職を考えている人にとっては利用価値が低いと言わざるを得ません。

ただ、この利用価値の低下は「強み」の部分で相殺はできます。

転職サイト「@type」の総合評価

@typeは求人数は豊富な部類に入りますし、
強烈な強みを持っているので「利用価値は高い」と評価できます。

この「豊富な求人数」と「メリット」を享受しない理由はどこにもありません。

転職サイトは企業との出会いを無料で提供してくれるツールです。
是非、求人媒体として「@type」を加えてみてはいかがでしょうか。

あなたの転職に必ずやプラスの影響を与えてくれるはずです。

<登録関連情報>
登録は「転職サイト@type」公式サイトからどうぞ!
女性の方は「女の転職@type」が更にオススメです。
 
こちら、「@typeの登録方法解説(画像付)」にて初期登録の手順を詳しく解説しています。
登録の際の参考にご利用いただければと思います。

 


転職サイトランキング



ピックアップ記事

  1. 疑問

    面接

    面接で「残業時間」について質問するのはNGなのか?
  2. リスク

    転職の現実

    転職での「給料アップ」には思わぬリスクが潜んでいる!
  3. 転職活動

    転職における適性テストの全貌(内容・対策・注意点)を知ろう!
  4. ハタラクティブ

    エージェント

    ハタラクティブは「高卒」でも利用可能?最終学歴を考察!
  5. マーケティング

    職務経歴書

    企画・マーケティングの職務経歴書の書き方とポイント
  6. 給与減額

    面接

    転職面接で「給与が下がりますが大丈夫ですか?」と聞かれた時の回答例!
  7. 技術職

    職務経歴書

    技術職への転職に求められる職務経歴書でのアピールとは?
  8. マイナビロゴ

    エージェント, 転職サイト

    マイナビエージェントとマイナビ転職の違いとは?