meeta転職

meeta

No.5
求人数
更新日 随時更新
強み 適正マッチング、逆指名型面接オファー
対象者 ①20~50代の転職を考える男女 ②自分を必要としてくれる企業を知りたい ③スマホで転職活動を完結したい

選ぶより選ばれる時代!?企業があなたを選ぶ逆指名型転職サイト

<重要なお知らせ>
残念ながら、転職サイト「meeta」は2016年11月18日(金)を持ってサービスが終了しました。
 
株式会社インテリジェンスが運営する「新しい形の転職サイト」でしたので期待していましたが、
求人や転職者希望者を集めきれなかったのではないでしょうか・・・。
 
当サイトでは他の「有益な転職サイト」をご紹介しています。
転職サイトの追加を検討している方は参考までにご覧下さい!

 
ここに、今までにない「新しい転職スタイル」を提供してくれる転職サイト「meeta」をご紹介します。

新しい転職スタイルとは「逆指名型」というものになります。

一般的な転職サイトは「求人閲覧⇒応募⇒書類選考⇒面接」という流れで採用過程が進みますが、meetaは「企業からの面接依頼⇒あなた」というシンプルな流れになります。つまり、あなたは何もする必要がなく「企業側からの逆指名を待つ」という転職スタイルになります。

「あなたが選んだ企業に転職する」⇒「あなたを欲する企業に転職する」

この様な「新しい転職スタイル」を実現してくれる転職サイト、それが業界大手のインテリジェンスが新たにサービスを開始した「meeta」なんですね。ここでは、そんな逆指名型転職サイトの特徴、求人、メリット、デメリットについてお伝えしていきます。

meetaは株式会社インテリジェンスが運営する新興の転職サイトです。
 
meetaロゴ
 
インテリジェンスは誰もが知る転職サービス「DODA」、求人情報サービス「an」「salida」などを中心に、人材派遣サービス、就職支援・採用支援サービスを提供する業界大手の会社です。そんなインテリジェンスが新しい転職サービスを提供する為に立ち上げたサイトです。

 

meetaの特徴

meetaは逆指名型の転職サイトですから「求人閲覧(企業選び)」「応募書類準備」「応募」「書類選考の結果待ち」というプロセスが存在しません。会員登録をすると、あなたに最適な正社員求人が面接依頼として届けられます。ですから、「基本的に何もする必要がなく、待つだけ」というのが特徴です。

<meetaの転職スタイル>

  1. 会員登録
  2. 逆指名を待つ
  3. 逆指名(面接依頼)が届いたら応募を検討する
  4. 面接を受ける

また、アプリ(スマホ/タブレット)を利用してやり取りを行うのが特徴で、応募から希望面接日時の設定までもが簡単に行えます。昨今は、スマホだけでも転職が可能なサイトが増えてきていますが、その先駆け的存在だと言えますね。

<PC・スマートフォンサイト>
・会員登録機能
・「シゴトフィット」による適性・志向性診断
・求人情報の閲覧及び検索機能
 
<スマートフォンアプリ(iPhone・Android)>
・会員登録機能
・「シゴトフィット」による適性・志向性診断
・企業からのオファー受信機能
・企業と面接日程の調整ができるメッセージ機能
・プロフィール管理機能

 

meetaの求人

求人に関しては全国規模で、職種に関しても満遍なく取り扱っています。
meeta求人
逆指名制ですから求人数はあまり関係ありませんが、新興サイトにしては充分な求人数を誇っています。何より、インテリジェンスの営業力がありますから、サイトの知名度と共に求人は増えていくと考えて良いでしょう。

meetaを利用するメリット

meetaを利用する最大のメリットは「逆指名制がゆえの楽さ」ではないでしょうか。上記でも取り上げた通り「求人閲覧(企業選び)」「応募書類準備」「応募」「書類選考の結果待ち」などの採用過程の手間を省くことができます。

また、企業から届くオファーは全て「あなたの適正にマッチした面接確定オファー」ですから、採用過程をスムーズに進めることが可能です。更に、あなたに興味を持った企業からのオファーですから、一般的な転職サイトと比較すると「内定も得やすい」と考えても良いでしょう。

「meeta」が持つメリットは以下の思いを抱く人に最適です。

  • どんな会社を選べば良いか分からない
  • 応募したいと思う会社が見つからない
  • 自分を必要としてくれる会社で働きたい
  • 採用過程の手間を省きたい
  • 書類選考で落ちることが多く、面接で自分を伝えられない
  • 転職したいけど、忙しくて活動に充てる時間がとれない
  • 自分がどんな企業から評価されるのか興味がある

あなたが思いもよらなかった企業からオファーが届く可能性もあります。ですから、転職の可能性を広げる意味でも「利用価値が高いサイト」と言えますね。また、基本的には「待っているだけ」であり、興味のある企業だけを相手にすれば良いので、利用しても手間が増えることもありません。

meetaのデメリット

meetaを利用するデメリットは特に無いのですが、強いて挙げるとするならば「企業からのオファーはアプリを利用しないと確認できない」ことでしょうか。登録後にスマホ(タブレット)にアプリをダウンロードする必要があり、それが「面倒だ」というくらいですかね。

ただ、アプリを利用するからこそ、面接日時の調整などをワンクリックで済ませることができます。また、通常の転職サイトの様に、かしこまった文書でメッセージをやり取りする必要もありません。そう考えると、このデメリットは「取るに足らない」と言えるレベルですね。

 
以上が「逆指名型」という新しい転職スタイルを提供してくれる転職サイト「meeta」です。企業を選べない様に感じますが、面接依頼が来た企業をどうするかは選べるわけで、転職者にとって一切の損はありません。

転職の可能性を広げる。
転職の検討先を増やす。
転職の手間を省く。

これらを「登録して待つ」というスタイルで実現できます。
転職を成功させる為の一つのツールとして「meeta」を利用してみてはいかがでしょうか。

 


転職サイトランキング



ピックアップ記事

  1. 解説

    面接

    転職面接「前職を短期間で辞めた理由を教えて下さい」の答え方とポイント!
  2. ワンツースリー

    転職の考え方

    配属が「不満」で転職を考えている人に考えて欲しい3つのこと!
  3. 無職

    エージェント

    無職からの就職におすすめのエージェント【BESE3】
  4. リクルートエージェント

    エージェント

    リクルートエージェントの内定率の高低を探る!
  5. 職歴短い転職不利有利

    転職の考え方, 面接

    職歴が短い転職は不利、長い場合は有利を採用する側から考える
  6. 真実と嘘

    職務経歴書

    職務経歴書の適正枚数は2枚!という常識に潜む嘘とは?
  7. 非正規社員

    転職活動

    非正規から正社員になりたい!を実現してくれる転職エージェント!
  8. 転職サイト

    転職サイト

    転職サイトをまとめてご紹介!自分にとっての最適を探そう!