リクルートロゴ

リクルートエージェントとリクナビネクストの3つの違い!

株式会社リクルートキャリアが運営する転職サービスは大きく2つあります。

  • 転職支援サービス「リクルートエージェント」
  • 転職サイト「リクナビネクスト」

転職の実現を目指すという方向性は同じですが、大きな違いが3つあります。

  1. サービス体系
  2. 求人/応募
  3. ビジネスモデル

「自分に適したサービスはどちらなのか?」

こんな観点で読んでいただければと思います。

 

1.サービス体系の違い

まずは、サービス体系の違いを見ていきましょう!

リクルートエージェントのサービス体系

リクルートエージェントは転職支援サービスと呼ばれており、その名の通り転職実現に向けて「支援」を受けることができます。登録するとキャリアアドバイザーが担当として個々人に付き、面談、求人紹介、各種支援という流れであなたをサポートしてくれます。

<転職サポートの具体的な内容>
 
求人紹介、応募書類(履歴書・職務経歴書)の添削、面接対策(模擬面接)、企業とのやり取り全般(応募手続き、面接の日時調整・内定後の給与や各種条件の交渉、入社日の調整)など。

キャリアアドバイザーの支援を受けて二人三脚で転職の実現を目指す!

これがリクルートエージェントの転職支援サービスです。

 

リクナビネクストのサービス体系

リクナビネクストは転職サイトとして求人紹介を目的としています。要は、「こんな企業が求人を募っていますよ!」を転職希望者に提供してくれる「求人広告」だと思ってもらえば分かり易いかもしれません。

エージェントとの大きな違いは全て「独力」で活動を行うところで、企業選び、応募、企業との連絡、面接の日時調整、応募書類作成、面接対策など全てを自分で行います。自由度が高く、自分のペースで活動できるのが強みです。応募フォームやメール機能(企業とのやり取りに使用)も提供されているので、登録を行えばサイト経由で転職を完結できます。

全て独力で自由に転職実現を目指す!

これが転職サイトのリクナビネクストです。

2.求人/応募の違い

求人/応募に関しても大きな違いがあります。

リクルートエージェントの求人/応募

リクルートエージェントが抱えている求人は、「〇〇な経験やスキルを持つ人がいたら紹介して下さい!」という企業からの依頼で成り立っているので、利用者は全ての求人を閲覧(検討)することができません。

あなたの経験・スキル、キャリアプラン、希望を考慮した上で、キャリアアドバイザーが抽出した求人の中から応募を検討することになります。これは、個人の市場価値で「求人数」や「求人の質」が大きく異なることを意味します。また、紹介される求人は基本的に「あなたの市場価値 ≧ 企業の求める基準」が成り立つので、高望みは通用しないと考えておいた方が良いでしょう。

内定を取り得る企業が紹介される!
紹介される求人はあなたの市場価値(経験・スキル)次第!

この認識で利用するのがベストです。
要は、個人の市場価値に応じた企業をマッチングしてくるサービスなんですね。

もちろん、意思決定(紹介された求人への応募、内定獲得企業への入社)は転職者側にあるので安心して下さい。エージェント側が応募や入社を強要することはありませんし、決定権もありません。

 

リクナビネクストの求人/応募

リクナビネクストは全ての求人に応募(厳しい挑戦や高望みであったとてもOK)が可能です。その意味で、「企業選択」や「応募」の自由度が高い媒体となります。ただ、自由に応募ができるだけであって、非マッチング企業からの内定獲得や高望みの実現が困難なのはエージェントと同じです。

転職サイトのメリットは、定期的に新着求人が掲載されるので継続的な利用にも適している点です。エージェントの場合は、抱えている求人の増減が少ないので、最初にある程度紹介されると、時間の経過と共に求人紹介は大きく減少していきます。

ここにエージェントとの大きな違いがあります。

3.ビジネスモデルの違い

ビジネスモデルは転職者に直接関係がない部分ですが、知っておく方がスムーズに利用できるので解説させていただきます。

リクルートエージェントのビジネスモデル

エージェントは企業に人材を紹介し、紹介者の入社が決定するこでコンサルフィを獲得します。

  1. 企業と求職者をマッチングする
  2. 求職者が応募する
  3. 求職者が内定を獲得する
  4. 求職者が入社を決定する

この流れを完遂して初めて企業からエージェントに料金が支払われます。キャリアアドバイザーがあなたの転職を無料でサポートてくれる理由がここにあります。裏を返せば、こんな側面があるからこそ「あなたの市場価値 ≧ 企業の求める基準」を満たす求人しか紹介してくれないんですね。

この点は、転職支援サービスが営利ビジネスであることを考えると仕方ありません。求職者側は無料ですしね。エージェントからすると、内定を獲得してもらって入社を決定してくれないと「売上」が発生しないので、大部分の人が無償支援となります。その分、成功報酬は紹介者の年収の約30%という高額なビジネスモデルとなっています。

 

リクナビネクストのビジネスモデル

リクナビネクストは求人を掲載した時点で企業からお金が支払われます。

企業はお金を払ってまで求人掲載しているので、採用に対する本気度が高く、期間が過ぎると掲載終了となるので速攻性もあります。リクナビネクストは転職サイトの中でも最高クラスに掲載料が高いので、特に採用本気度の高い求人が多いとされています。

 

リクルートエージェントとリクナビネクスト使うならどっち?

最初に企業のことを知るのに転職サイトほど便利なものはありませんし、簡易性、利便性の面を考えると「リクナビネクスト」は絶対に利用すべきだと言えます。24時間365日、簡単に求人検索・応募が可能な媒体なので、使わない理由は見つかりません。

一方、リクルートエージェントはあなたの状況次第で利用を決定すれば良いのかと思います。やはり、転職サイトと比較すると期間が制限されたり、担当者とのやり取りが発生するので、簡易的ではないですからね。

但し、両方使うのが最も賢明な選択となるのは言うまでもありません。何故なら、両者共に求人媒体であることに変わりはないからです。「可能な限り多くの求人から転職先を検討する!」というのは、最適な企業へ転職するために必要不可欠な要素ですからね。

そんな中で、特にダブル利用を検討して欲しいのは以下に該当する人です。

  • 初めての転職で何かと不安を持っている
  • 応募書類(履歴書・職務経歴書)の完成度に自信がない(書類の添削を受けたい)
  • 面接に自信がない(面接対策を受けたい)
  • 自身のキャリアについて的確なアドバイスが欲しい
  • 自分の市場価値(どんな求人が紹介されるのか)を知りたい
  • 非公開求人も含めて検討したい
  • 転職サイトや他の媒体に応募したい求人が見つからない
  • 忙しくて転職活動にあまり時間を割けない

リクルートエージェント!
リクナビネクスト!

共に圧倒的な求人数を保有する利用価値の高い転職媒体です。

有効利用してあなたの転職を成功に導きましょう!

<登録・申し込み>
両サービスを利用することに一切のリスクや損はありません。
転職を考えているのならば、「今」から活動をスタートさせましょう。
 
登録・申し込みは以下の公式サイトからどうぞ!
 
⇒「リクナビNEXT」公式サイトへ
⇒「リクルートエージェント」公式サイトへ

 


関連記事


転職サイトランキング



人気記事

  1. 転職先延ばし

    2016.10.14 | 転職の現実

    転職を先延ばしにするのは危険!
  2. 2016.11.03 | 初めての転職, 転職活動

    転職における適性テストの全貌(内容・対策・注意点)を知ろう!
  3. パニック

    2016.07.26 | 面接

    面接で頭が真っ白になっても”沈黙の許可”を貰えば問題なし!
  4. 給料下げる

    2016.08.05 | 初めての転職, 転職の考え方

    給料が下がる転職はなるべく若い内、それも結婚前がベスト!
  5. 嘘

    2016.07.13 | 職務経歴書

    職務経歴書の実績に嘘を書いても構わない、ただし・・・。
  6. 読み解く

    2016.07.16 | 転職サイト

    転職サイトの信憑性が低いのは当たり前、どう読み解くかが重要!
  7. 給料

    2017.01.08 | 転職サイト

    転職サイト求人の給料の実態!ホントはいくら貰えるの?
  8. 個性

    2016.07.26 | 面接

    面接で個性的な回答は必要か否か?そもそも、個性的な回答とは何なのか?