パソナキャリア

パソナキャリアは「既卒者」も支援してくれるのか?

パソナキャリアは「既卒者」でも支援してくれるエージェントなんでしょうか?

既卒未就職からの脱却を考えている人にとっては気になりますよね。

この疑問について調査してみました。

 

パソナキャリアは既卒者の利用を不可とはしていないが・・・

パソナキャリアの公式サイトでは以下のように回答されています。

パソナキャリア既卒

言葉を濁さず要約すると、「社会人経験のない既卒者に紹介できる求人は極少のため、サービスを提供できない可能性が高いです!」ということですね。

実際のところ、「既卒者として登録してみたが、利用できない主旨のお断りのメールが届いた・・・」という結果となる人が大半のようです。

それ故に、「パソナキャリアが既卒者(社会人経験のない未就職者)を支援してくれる可能性は極めて低い!」というのが表題の答えになります。

 

利用できたとしても価値は薄い!?

パソナキャリアの回答を信じるとするならば、既卒者に対して支援してくれる可能性はゼロではありません。要は、「正規の社会人として通用するような経験・スキルを有している」と判断されれば利用できる可能性があるわけです。

ただ、利用できたとしても、以下の条件を持った「就職希望者」として扱われるため、
優先順位を低く設定される可能性があります。

  • 紹介できる求人が極端に少ない
  • 社会人経験がないので市場価値が低い
  • 未経験への応募となるので、年収が低く、支援しても対価が低い

優先順位を低く設定されてしまうと、希望通りの支援を受けることが難しくなります。
結果的にこれが「就職を実現できない・・・」に繋がってしまうんですね。
全ての人がそうだとは言えませんが、可能性が高いことは否めません。

つまり、既卒者に最適なエージェントではないので利用価値も低いんですね。

 

既卒者を優先対応してくれるエージェントを選ぼう!

昨今、転職(就職)支援サービスは充実の一途を辿っており、
既卒者やフリーターに限定してサービスを提供する会社も増えています。

これらの会社を利用すれば、既卒者がメインターゲットとなるので、優先順位を低く設定される心配はありません。また、紹介される求人全てが「経験を問わない未経験可」となりますから、就職を実現しやすいのは言うまでもありません。

それ故に、利用できる可能性が低いパソナキャリアに登録するよりも、「既卒者を確実に優先対応してくれる会社」を選ぶことが賢い選択ではないでしょうか。

当サイトでも既卒者の支援に特化したエージェントをご紹介しています。
⇒「既卒者におすすめのエージェント【厳選3社】
最適なエージェント選びの参考にご利用下さい。

 


関連記事


転職サイトランキング



ピックアップ記事

  1. 大企業

    転職の現実

    有名企業への「転職」が難しいとされる3つの理由!
  2. ビジネスマンタブレット

    40代の転職

    40代の転職は目先の「内定獲得」をゴールにしてはいけない!
  3. 20代転職しないほうがいい

    初めての転職, 転職の考え方

    20代は転職しないほうがいい!?いや、20代こそ動こう!
  4. 大丈夫

    転職の考え方

    転職求人の「応募条件」は満たしていなくても問題なし!
  5. ひらめきアイデア

    転職の悩み

    転職先で「馴染めない」「歓迎されない」と感じても気にする必要なし!
  6. エージェント服装

    エージェント

    転職エージェントに会う時の服装は何がベスト?
  7. 転職履歴書

    履歴書

    短期の職歴を履歴書に書く、書かないはあなたの覚悟次第
  8. 転職回数

    面接

    面接で「転職回数が多いようですが~」と聞いてくる質問意図と回答例