ひらめきアイデア

転職先で「馴染めない」「歓迎されない」と感じても気にする必要なし!

転職によって、これまでの職場で感じていた問題を解消できたはいいが、新たな問題を抱え込むこともよくあります。その一つに、「転職先に馴染めない」「転職先で歓迎されていないように感じる」といったものがあります。

転職した人の中には、実際にこのような印象を抱く人も少なからずいます。「採用された以上、転職先では喜ばれるはずでは?」「新戦力として歓迎してくれるのでは?」と思っていたが、現実はその逆だったといった場合ですね。

何故このような空気を感じてしまうかというと、「新たな人材を採用する必要はないのでは?」「採用するお金があるのなら、自分たちの給料に回して欲しい」などと社員が感じているケースがあるからです。他にも、転職者の「人柄」や「仕事の能力」が判明するまでは、必要以上に警戒心を抱いていることも原因の一つです。

その為、転職初期に「馴染めない」「歓迎されない」と感じたとしても、あまり気にする必要はありません。

あなたが社会人としての常識をしっかりと守り(参考ページ「転職先で人間関係に失敗しないための4つの行動指針」)、真摯に仕事に向き合っていれば、自然とそうした空気は薄れていきます。

 

転職初期はマイナススタートであることも多い!

転職した直後というのは、予期せぬ不都合がたくさん起きるものです。その為、転職直後はマイナススタートであるくらいに考えている方が楽で健全です。

たとえば、どの職場にも「個性の強い実力者や」「社歴の長い社員」「パフォーマンスの悪い問題社員」など、付き合いにくい人がいるものですが、あなたがこれまでに出会ったことがないタイプだと、初めは大きな戸惑いを感じてしまうでしょう。

しかし、これも慣れてしまえば戸惑いは消えていきますし、周りの社員から扱い方を教われば、上手く付き合っていけるようになるります。転職当初は、仕事そのものよりも、そうした社内の人間関係に翻弄されることも多いと認識しておきましょう。

更には、転職先のやり方(システム)が旧式で、業務効率が下がるケースもあります。「これまで自分がいた会社はシステムが優れていてやりやすかったが、転職先は旧式でやり辛い」といったケースです。

特に、大企業から中小企業に転職した場合、こうしたことはよく起こります。

業務効率が悪くなることは、仕事のやりがいやモチベーションダウンに繋がるので要注意ですが、まずは転職先のやり方(システム)を受け入れ、人間関係が構築された段階で改善提案していくのがベストです。

あなたの提案が通って業務改善が実現されれば、あなたの評価が上がると同時に、あなたへの見方も変わります。そうすると、より転職先に馴染め、仕事がやりやすい空気にも変化するはずです。

このように転職初期というのは非常に難しい要素があります。

あなたが不安や警戒心を抱いているのと同様に、迎え入れる側も同じような感情を抱いています。それ故に、「馴染めない」「歓迎されていない」と感じやすい時期でもあるのです。

転職後はすぐに判断せず、長い目で会社を見極めましょう!

 


 


関連記事


転職サイトランキング