マイナビ転職

マイナビ転職の「スカウト」は意味がない?【応募・返信・内定率考察】

マイナビ転職には「スカウトサービス」なるものが実装されていますが、果たしてこれ、私たち転職者にとって価値のあるものなんでしょうか。

恐らく、このページをご覧いただいている方は「スカウト」に関して以下のような疑問を抱いている状態かと思います。

  • スカウト経由の応募は選考が有利に進む?
  • 面接確定?書類選考で落ちることはない?
  • スカウト経由の応募は内定率が高い?
  • どんな仕組みでスカウトが届くの?
  • 適当に自動送信しているだけじゃないの?
  • 転職者にとっての価値はあるの?
  • スカウトが届いた企業には返信しなければならない?
  • 利用して不必要だったら停止できる?

これらの疑問を解決する形で、マイナビ転職における「スカウト機能」について考察してみたいと思います。

 

スカウト経由の応募にメリットは存在するのか?

ここは先に結論をお伝えします。

スカウト経由の応募に、選考が有利に進んだり、内定率が高まるといったメリットは一切ありません!!

最も理解しておかなければならないのは、「スカウト経由で応募したとしても、通常応募と同じく普通に選考が行われるだけである!」ということです。採用の本質を考えると、スカウト利用者だからといって便宜を図ることは絶対にあり得ません。

 
例えば、以下のような二人の候補者がいたとしましょう。

  1. スカウト経由で応募してきたまずまずの人
  2. 通常ルート(求人情報の”この求人に応募するボタン”経由)で応募してきた優秀な人

この場合、企業は100%「2」の応募者を採用します。何故なら、これが「採用の本質(応募者の中からNo.1を採用する)」だからです。企業からすると当たり前のことですね。

よって、スカウト経由の応募あっても、書類選考の段階で不採用になることもあれば、面接確約なんてこともありません。(但し、期待度の高いスカウトの場合、「書類選考免除」などの特典が付随しているケースもあります。) 

要するに、スカウト経由の応募に特別な力はないということですね。これが「スカウト」に関する基本事項なので、スカウトが届いたからといって一喜一憂しないことです。

 

スカウトは求職者のためだけの機能ではない!?

実際のところ、スカウト機能というのは「求職者」というよりも「求人掲載企業」のための機能という意味合いが強いです。

昨今の転職市場は「採用側」にとっても厳しく、求人を出してただ待っているだけでは応募が集まりません。特に、知名度の低い企業はこの傾向が顕著です。それ故に、企業側からアクションを起こせる機能として実装されているわけです。

マイナビ転職の企業向けのページを見れば一目瞭然で、「求人を掲載するだけでなく、こちらから求職者にアプローチして応募を集められます!」といった類の言葉でスカウト機能がアピールされています。要は、応募が集まらない企業に対する救済措置ですね。

また、マイナビ転職からすると、求人を掲載してくれた企業に応募が集まらず、「この転職サイトは使えない!」と判断されることは避けなければなりません。何故なら、他のサイトに乗り換えられると「売上」が減少してしまうからです。要は、転職サイト側の都合も見え隠れしているわけです。

悲しいですが、スカウト機能には求職者を無視した都合も含まれているんです…

 

スカウトの仕組みと自動送信について

スカウトを受け取った際に求職者が気になるのは、「スカウトを送信してきた企業は、自分のWEB履歴書(経験)を見て判断してくれたのか?」といった部分かと思います。はっきり言って、自動送信で送られてきたスカウトに価値なんてありません。

この点は以下の認識で判断するのが賢明かと思います。(私は内部の人間ではないので推測込みにはなりますが、恐らく大きくは外していないと思います。)

  1. プレミアムスカウト ~ WEB履歴書(経験)の確認有り
  2. 通常スカウト ~ WEB履歴書(経験)の確認有り
  3. マッチングメール ~ WEB履歴書(経験)の確認有り
  4. 求人のご案内 ~ 自動送信(マイナビ側の機能)

マイナビ転職の「スカウト」にはいくつかの種類が存在し、同じスカウトとは言っても価値が異なります。(王冠の数や特典の有無で区別されており、名称も異なる。)

上記「4」のスカウト(求人のご案内)に関しては、ただ単に「あなたの経験(職種)や希望」と「企業側の求める経験(職種)」が自動マッチングされ、合えば送信されているのが実態でしょう。要は、求人掲載企業に応募者を集めるため、サイト側の都合で送信されているものですね。

だから、スカウトの価値という観点から判断すると、利用価値があるのは「1」「2」「3」と考えて問題なさそうです。

スカウトの種類(王冠の数・特典)や利用価値については、「」のページにて詳しく解説しています。スカウトを有効活用するための参考材料としてご利用下さい。

スカウトを利用する「真」の価値とは?

スカウト機能に関するこれまでの内容を踏まえると、あまり意味のないものに写ったかもしれません。しかし、スカウト機能には利用すべき大きな価値があります。

というのも、このスカウト機能というのは、内定を獲得する上で極めて重要な「企業とのマッチングが成立していることを知らせてくれるもの」なんですね。(自動送信の「求人のご案内」に関しては信用度が著しく低い)

基本的に転職は、「企業の求める経験・スキル ≦ あなたの持つ経験・スキル」が成立して初めて採用が考えられます。つまり、自身の市場価値と企業の求める基準のマッチングが必要不可欠なんですね。

ただ、自身の市場価値を正確に判断するのは難しく、求人情報から「企業の求める人物像」を読み解くのも簡単ではありません。それ故に、マッチングの成立を知らせてくれる「スカウト」には十分な価値があるのです。

結局、マッチングが出来ない人は、自分よがりの企業選択(高望み・経験無視・企業視点無視)を繰り返し、不採用が永遠と続きます。それだけ「マッチング」というものは転職成功に必要不可欠な要素なのです。

企業もバカではないので、自社の求める人物像とかけ離れた求職者に「スカウト」は送らないはずです。それ故に、スカウトが届いた企業に関しては、一つの「貴重な出会い」だと考え、十分に応募を検討する価値がある!と判断しても良いのではないでしょうか。

前述した通り、スカウト経由の応募が選考を有利にしてくれることはありません。通常通り、ライバルたちとの競争を勝ち抜く必要があります。しかし、マッチングが成立していることを考えると、内定を獲得できるチャンスは十二分にあります。

 

スカウトへの返信・停止について

スカウトを利用するにあたってネックとなるのが、「スカウト企業への返信の必要性」ではないでしょうか。

実際、スカウト機能を利用すると、結構な数のスカウトが定期的に届くようになります。仮に、スカウトの大多数が「応募したい!」と感じるような企業であれば問題ありませんが、そんなことはまずありあせん。ほとんどがボツです。

その際、応募しない企業に対して返信しなければならないとしたら億劫で仕方ありませんよね。これに関しては、応募しない企業への返信は必要ない! という認識で行動して問題ありません。

もちろん、スカウトに対するお礼と応募しない旨のメールを送れば丁寧なのかもしれません。しかし、応募しない企業に対して丁寧に対応しても何のメリットもありません。受け取った企業もしかり。だったら、そんな手間は省いてしまえばOKです。

スカウトに返信しないとまずいのでは・・・なんて気にする必要は全くありません。実際、誰もそんなこと気にしていません。何万、何十万人がマイナビを流動的に利用しているわけで、一個人のそんな些細な心配は、宇宙のゴミ屑と同じです。

 

マイナビ転職のスカウト機能の停止

一定期間スカウトを利用してみたが、あまり価値を感じなかった。スカウトが届くのが煩わしい。応募企業は自分自身で見つけたい。といった人はスカウト機能を停止するのもアリかもしれません。

<スカウトの停止方法>

マイナビ転職すかうと設定

 
TOPページ(ログイン後)から「各種設定の変更 ⇒ スカウトサービスの利用設定」と進めばで利用・停止を変更可能です。状況に応じてスカウト機能を賢く使分けましょう。

 


関連記事


転職サイトランキング