未経験の転職では給与交渉はしない方が良いのか?

未経験職への転職を目指す場合、給与交渉は絶対にすべきでない!

これがこの疑問の答えとなります。
仕事をする上で、なるべく多く貰いたいという気持ちは分かりますが、「未経験であること」を忘れてはいけません。

未経験にも関わらず、望み通りの給料が貰える!
これが簡単に実現できるほど転職は甘くはありません。

「未経験者の自分を雇ってもらえるだけで有難い!」
「仕事で成果を示し、実力で給料を上げていく!」

この考え方で臨むのが最も賢い選択となります。
ここでは、未経験者が給与交渉すべきでない理由と適切な答え方について解説していきます。

 

未経験者が給与交渉をすべきでない理由

未経験者が給与交渉をすべきでない理由・・・。
それは「給与交渉できる根拠(経験・スキル・実績)を持っていないから」です。

転職で給与交渉を成立させるには、絶対条件として「根拠」が必要となります。

例えば、「月給〇〇万円欲しいです」と要望を伝えるのならば、その金額を貰うに値する「根拠」を示す必要があるということ。そして、この「根拠」に企業側が納得して、初めて給与交渉が成立します。

「月給〇〇万円払うに値する人物だ!」
「月給〇〇万円を払ってでも雇用したい!」

企業側に根拠を示してこんな風に思わせることが必要なわけですが、未経験者はその「根拠」を持っていないので示すことができません。それにも関わらず給与交渉をやってしまうと、「未経験にも関わらず何言ってんだ?」と思われて終了なわけです。つまり、交渉することで不採用を誘発してしまうんですね。

これは、内定後に関しても同じで、給与条件提示後の上積み交渉は「トラブル」の原因となることがあります。ですから、提示された金額で「行く」or「行かない」を判断すべきです。

希望額を聞かれた時の適切な答え方

未経験であっても、面接で希望額を聞かれることがあります。その際は、具体的な金額を答えても構いませんが、基本的には「御社の規定に従います」という回答が無難です。

希望額としましては「〇〇万円」となります。
ただ、未経験ですし、給与に関しては仕事で結果を出してこそ付いてくるものだと考えております。
御社で働かせていただくことが第一ですから、御社の規定に沿った金額で問題ありません。

内定獲得を第一に考えるならば、このニュアンスの回答がベストです。

 

転職の給与に関する余談

転職では「給料は入社後の昇給で上げていく」というスタンスで臨んだ方が楽なケースも多いです。

何故なら、もらわな過ぎは辛いですが、もらい過ぎはもっと辛いからです。

高い給料を貰えば、当然のこととして「会社からの要求」や「現場からの期待値」が上がります。「これだけの給料を払っているんだから、これくらいはやってもらわないと困る!」というスタンスになるんですね。

つまり、プレッシャーも大きければ、周りの目も厳しい!
更に、早期に成果を出すことを求められる!

そこで、思ったような成果が残せなかったとしたらどうなるでしょう?減給、周りからの冷たい目、冷遇・・・なんてことも無きにしも非ずです。だったら、会社から提示された金額からスタートする方が楽ですよね。仕事に慣れてきたら昇進を目指し、順を追って給料を上げた方がリスクもありません。

これも一つの考え方です。

まとめ

未経験職への転職を目指す場合、給与交渉は絶対にしない方が良い!

何となくでも理解いただけたでしょうか?

給与交渉は経験者でも簡単ではありません。
「自分の示す根拠」と「企業の評価」が一致しないと不採用となります。
こんな実状がある中で、根拠を持たない未経験者の要望が通るわけないんですね。

  • 未経験職への転職を実現したい!
  • 望み通りの給料を手に入れたい!

あなたはどちらを手に入れたいのですか?
この基準を明確にする必要があります。
残念ですが、2つの条件が同時に成立することはありません。

「二兎追うものは一兎も得ず!」

未経験者の給与交渉はこの言葉がよく当てはまります。

 

 


関連記事


転職サイトランキング



ピックアップ記事

  1. 履歴書

    転職履歴書「写真」のポイント(服装・髪形・ルール)を知ろう!
  2. リクナビNEXT

    転職サイト

    リクナビネクストは無料で利用できるの?不安を解消して登録しよう!
  3. DODA

    エージェント

    DODAエージェントの「フリーター(ニート)」支援の実態を探る!
  4. どうなるのか

    転職の現実

    仕事が嫌いで転職するとどうなるのか?どうすれば良いか?
  5. 会社からの評価

    面接

    転職面接「会社から正当な評価を受けていないと感じたら?」の回答例
  6. 成功

    転職事例集

    転職成功事例!未経験者が経験者に勝利して内定GET!
  7. linkedln

    転職活動

    Linkedlnの利用で転職を成功できるのは、超ハイスペック者のみ!?
  8. 転職履歴書

    履歴書

    短期の職歴を履歴書に書く、書かないはあなたの覚悟次第