未経験でも転職できる業界・職種は「需要と人気度」がカギを握る!

転職を機に新たな業界・職種にチャレンジしたい!
このように考えている人は多いのではないでしょうか。

そんな時、未経験でも転職できる業界・職種は気になりますよね。
実はその業界・職種を知ることは非常に簡単です。

未経験でも転職できるのは、需要が高く、不人気な業界(職種)
未経験での転職が難しいのは、需要が低く、人気の業界(職種)

転職市場はこの論理で成り立っています。

つまり、未経験業界・職種への転職を実現できるかどうかは、
あなたがどの業界・職種を志望するかによって大きく異なるんです。

詳しく見ていきましょう。

未経験者の受け入れに寛大な業界(職種)

未経験でも転職できるのは「需要が高く、不人気な業界(職種)」だとお伝えしました。
実は、この「需要の高さ」と「不人気」というのはイコールでもあるんですね。

まず、転職市場で需要が高いとは「求人が多い」ということを意味します。
なぜ、求人が多い業界(職種)が存在するかと言うと「人の出入りが激しいから」です。
なぜ、人の出入りが激しいかと言うと「人が辞める何か」を持った業界(職種)だからです。

実際にその業界(職種)をいくつか取り上げみましょう。

  • 営業職全般
  • 医療・福祉
  • 運輸業
  • 建設(土木)・不動産業
  • 宿泊・飲食サービス業
  • 小売業全般
  • 生活関連サービス業
  • 教育・学習支援業

これを見ただけで何となくは想像できるのではないでしょうか?

人が辞める何か・・・。
完全実力主義、激務、薄給、不規則、休日が少ない、ブラック・・・等々です。
(各業界の人が辞める理由は「転職しやすい業界と6つの共通点」にて詳しく解説しています!)

もちろん、これらの業界にも素晴らしい会社は数多く存在します。
でも、「人が辞める何か」を持った会社が多いのもまた事実なんですね。
だから、イメージが悪い、イメージが悪いから避ける人が多い・・・不人気となる。

「採用側の需要は高い(人材を欲している企業が多い)」
「転職者に人気がない(避ける人が多く、流入者も少ない)」

こんなアンバランスな状態なんですね。

気付き

そして、これらの業界が未経験者の受け入れに寛大な理由。
それは、未経験も受け入れないと人材を確保できないからです。
残念ながらこんな理由なんですね。

未経験者にも優しい訳ではありません。
そうせざるを得ないんです。
需要と供給のバランスが一致していないからです。

経験者を雇う方が即戦力性は高いですし、育成に時間も掛かりません。
過去の経験(実績)から採用後をイメージできるので、採用リスクも軽減できます。
つまり、普通に考えると企業は経験者を採用したいはずなんです。

でも、経験者だけを募ると人材を確保できないんですね。
その業界経験者は、業界自体が嫌になって去っていく人が多いからです。

だから、未経験でも転職が可能なんですね。

未経験者が参入しにくい業界(職種)

未経験での転職が難しいのは「需要が低く、人気の業界(職種)」だとお伝えしました。
これに関しては「受け入れに寛大な業界」と全ての要素が反転します。

転職市場で需要が低いとは「求人が少ない」ということを意味します。
なぜ、求人が少ないかと言うと「中途採用で人を募る必要がないから」です。
なぜ、人を募る必要がないかと言うと「人が辞めないから」です。

この事実から、一つの結論を導く出すことができます。
それは、「需要が低く、人気の業界に未経験で入社するのは極めて困難だ」ということです。

  1. 需要(求人)が少ないという大きな壁が存在する
  2. 求人が無いわけではないが、求人があると応募が集中する
  3. 人気があって、応募も多いので高倍率となる
  4. 当然、豊富な経験を持つライバルが多数存在する
  5. 未経験者が勝ち抜くのは困難を極める
  6. 企業からしても、未経験者を採用する必要性がない

これが、「需要が低く、人気の業界(職種)」に未経験が参入するのが難しい理由です。

未経験職への転職を実現するための活動方針

基本的に、中途採用者を募る転職では未経験者は求められていません。

つまり、企業が「未経験OK」としているのには必ず理由があります。
そう、前述したような「そうせざるを得ない理由」です。

未経験職への転職を実現できるかどうか!?
これは、あなたが以下の方針で活動できるかどうかに掛かっています。

未経験の受け入れに寛大な業界(職種)も候補として検討できるかどうか。

幅広い視野を持って活動すれば、未経験職へのチャレンジも実現可能です。
20代であれば全く問題ナシ、30代・40代でも充分に可能性はあります。

逆に「未経験の受け入れに寛大な業界(職種)」は検討できない。
その場合は「相当に厳しい現実が存在する」と認識して活動に臨む必要があります。
未経験者が内定を勝ち取れる確率は極めて低いです。

厳しいですが、これが現実です。

転職を実現できるかどうか、これは需要と供給のバランスが明暗を分けます。
どんなに強く願っても、需要(求人)がない業界には転職できません。
逆に、需要(求人)が多い業界には多くのチャンスが眠っています。

未経験職への転職を実現したいのならば、幅広い視野を持って欲しいと思います。

需要が高く・不人気な業界(職種)で取り上げた中にも優良企業はいくらでも存在するからです。

また、人が流動的な業界であれば、この転職を最後だと思う必要もありません。
次の会社で成果を出せば、引く手あまたの存在となって更に良い会社に転職することが可能だからです。

更に、人が辞めやすい業界(職種)であるからこそ、そこで頑張れば昇進・昇格も早いです。
会社に必要不可欠な人間となって、高い給料を貰うチャンスも大いにあります。

是非、広い視野を持って未経験職への転職を実現させて下さい!

 


関連記事


転職サイトランキング



人気記事

  1. キャリア

    2016.08.02 | 心得, 転職の考え方

    キャリアを積むとは?その意味について深く考える!
  2. 嘘

    2016.07.13 | 職務経歴書

    職務経歴書の実績に嘘を書いても構わない、ただし・・・。
  3. なぜ?

    2016.07.30 | 転職の悩み, 転職の考え方

    なぜ、転職では「残業が多いから」という退職理由が通用しないのか?
  4. 仕事を辞めて転職

    2016.02.15 | 初めての転職, 転職の考え方

    仕事を辞めてから転職活動する4つのデメリット
  5. 壊す

    2016.07.15 | 転職の現実, 転職の考え方

    転職に対する良いイメージをぶち壊す!それが後悔しない為の秘訣!
  6. キャリア形成

    2016.09.04 | 転職の現実

    キャリア形成していかないと「会社から必要とされなくなる」怖い事実!
  7. 必ず聞かれる質問

    2016.05.28 | 面接

    転職の面接で必ず聞かれる質問10選(対策必須)
  8. 転職先延ばし

    2016.10.14 | 転職の現実

    転職を先延ばしにするのは危険!