通勤時間

面接質問「通勤時間が長くなりそうですが、大丈夫ですか?」の回答例と意図

面接では、会社と居住地が離れてる人に限定して問われる質問があります。

遠方にお住まいのようですが、通勤は大丈夫ですか?
遠方からの出勤で通勤時間が長くなりそうですが、問題ありませんか?

企業はこの質問から何を探ろうとしているのでしょうか?
応募者はどんな回答をするのが適切なんでしょうか?

この疑問を解決する為、企業の質問意図、OK・NG例文を交えて解説していきます。

企業側の本音 ~ここが知りたいポイント~

まずは、企業側の質問意図を把握しましょう。

<企業の質問意図>
採用するにあたっては「大丈夫です」「問題ありません」が大前提で、大丈夫だと言い切れる理由を具体的に語って欲しい。これまでの経験則、疲れない為の工夫、通勤時間の使い方など、根性論とは違う根拠を聞かせて欲しい。

この質問は、「長時間の通勤にめげることなく、通い続けられるのか」「通勤に疲れて業務に支障をきたすことはないのか」「睡眠時間が短くなるが、業務を問題なくこなせるのか」といった現実的な話を聞いているわけです。

その為、「大丈夫です」「問題ありません」と前向きな気持ちをアピールするのは当然のこと、具体的なエピソードや明確な根拠を用いて、企業側の不安を払拭することが求められています。逆に、「難しいかもしれません」といった回答は一発アウトに繋がりますので注意が必要です。

 

回答例文(NG編)

実際の面接でよくある「NG」回答について取り挙げておきます。

「実際に通勤してみないことには何とも言えません・・・。」
 
「通勤時間が長くどんなに辛くても、根性で乗り切って頑張ります!」
 
「可能であれば、私の家から近い店舗に配属していただければ幸いです。」

まぁ、本音を言えばこんな感じになるかとは思います。事実、実際に通勤してみないと分かりませんし、辛くても頑張らないといけないのが仕事ですからね。ただ、ここは採用面接の場!前述した企業の質問意図を考えれば、この類の回答はNGであることが分かるはずです。

こんな質問で不採用となるのはバカらしいですから、絶対に避けましょう。

回答例文(OK編)

例文から、どんな回答が適切なのか探ってみましょう。

はい、全く問題ありません。
実際に通勤時間を計ってみたのですが、ドアツードアで1時間45分かかりました。前職の通勤時間よりも少し長くなってしまうのですが、長い通勤時間は経験がありますし、最寄が始発駅ですので座って通勤できます。また、私は通勤時間を自分の好きな読書に充てていますので、長時間の通勤もストレスなく過ごすことができています。

 
これまでの経験や通勤時間の使い方から、長時間の通勤も問題がないことを明確にアピールできています。この内容なら、企業側に不安を抱かせることはないでしょう。この質問は、あれこれ考えることなく、具体的なエピソードや明確な根拠を用いて簡潔に答えればOkです。

たとえば、「前職では片道1時間40分の長時間通勤を約5年間続けており、慣れておりますので問題ありません」といった今までの長時間通勤の経験を語る、「フルマラソンの完走経験が5回あり、普段からジョギングで足腰を鍛えているので、片道2時間の立ちっ放し程度なら問題ありません」といった体力面からアピールする、といった観点からでもOKです。

この点を意識して回答を準備しておきましょう。

 

 


関連記事


転職サイトランキング



人気記事

  1. 妥協

    2017.02.09 | 転職の考え方

    転職には「妥協すべき点」と「妥協してはいけない点」が存在する!
  2. 圧力

    2016.08.04 | 転職の現実, 転職の考え方

    仕事のプレッシャーから逃げたいから会社を辞める!そんなあなたに伝えたいこと。
  3. 必ず聞かれる質問

    2016.05.28 | 面接

    転職の面接で必ず聞かれる質問10選(対策必須)
  4. 嘘

    2016.07.13 | 職務経歴書

    職務経歴書の実績に嘘を書いても構わない、ただし・・・。
  5. 未経験OK

    2016.08.03 | 転職サイト, 転職活動

    転職サイトの「未経験OK」の意味を理解して応募しないと後悔する!
  6. 2016.12.29 | 転職活動

    転職活動に疲れた30代に贈る、その疲れを根本的に解決する活動指針!
  7. テスト

    2018.01.06 | 転職活動

    転職における「性格診断テスト」の対策と3つの目的!
  8. 読み解く

    2016.07.16 | 転職サイト

    転職サイトの信憑性が低いのは当たり前、どう読み解くかが重要!