やりたい仕事

転職面接「どんな仕事をしたいですか?」の質問意図と回答例

転職面接において「やりたい仕事」を問われることは多々あります。

当社ではどういう仕事をしたいですか?
当社に入社しましたら、どんな仕事をしていきたいですか?

この質問は重要度が高く、回答内容が大きく評価を分けます。

企業は何を探っているのでしょうか?
応募者はどんな回答を示すべきなんでしょうか?

この疑問を解決する為、「企業の質問意図」「NG回答例」「OK回答例」を交え詳しく解説していきます。

企業側の本音 ~ここが知りたいポイント~

企業はこの質問の回答から何を探ろうとしているのでしょうか。
適切な回答を準備するため、まずは、企業の「質問意図」を把握しましょう。

<企業の質問意図>
第一に、当社の仕事内容について正しく理解しているのかを探っている。また、「やりたいこと」と「やれること」を切り離して考えられているか、実現の可能性(幻想を抱いていないか)を正しく認識できているのかも確認している。

この質問は、応募企業の仕事内容を正しく理解していないと適切な回答を示すことはできません。その為、「事前の企業研究の深度を問われている質問なんだ!」と認識しておく必要があります。

言葉通りに受け取ると、自分の願望を素直に伝えれば良い質問に感じますが、新卒採用時に見られる「商品企画がやりたい」といった根拠のない願望レベルの回答は、中途採用者を募る転職では通用しません。

また、「20代中盤までの若年層」と「ある程度のキャリアがある30代前後」では求められる答えも違ってきます。前者は「自身のポテンシャルやパーソナリティに基づいたやりたいこと」、後者は「キャリアに基づいたやりたいこと」を語る必要があります。

もちろん、企業側も本人のモチベーションが上がる分野の仕事をしてもらいたいと考えていますし、その期待には応えたいと考えています。ただ、その「やりたいこと」が当社で実現可能でなければ意味がありませんし、やりたいをやれる根拠を持っていないと任せられません。

その為、やりたい仕事と現実・現状にズレや勘違いがあったり、妄想レベルの回答は受け入れられません。

 

NG回答例

実際の面接の場でよくある「NG回答」について見ておきましょう。

「学生時代は皆が喜んでくれるような計画を立てることが好きだったので、企画の仕事をしてみたいです。」
 
「私はリーダーシップに自信があるので、マネジメントの仕事がやりたいです。」

転職においては、新卒採用時のような「学生時代のエピソードに基づいた答え」ではさすがに幼稚すぎます。また、「好きだから = その仕事ができる」は成立しませんし、「リーダーシップがある」という自己申告レベルの話でそれを任せてもらえることもありません。

つまり、この回答では「なぜ、それをやりたいのか」「どうしてそれができるのか」といった具体的根拠(経験・実績・スキル)を示す必要があります。会社は個人の願望を叶える場ではないので、単なる願望レベルでは通用しないと認識しておきましょう。

OK回答例

この質問の回答としては、どんな内容が適切なんでしょうか。

私は7年間、基盤加工の技術者として働いてきましたので、御社でも同じくこの仕事に就き、経験を活かしていきたいと考えております。また、御社には社内マイスター制度があると伺っておりますので、御社に入社が叶いましたら、より一層技術に磨きをかけ、社内マイスターの称号を得られるように努めたいと思います。
また、社の更なる発展のため、私が培ってきた技術やノウハウを、若い世代に伝えていくことにも挑戦していきたいと考えております。

この回答例は、自信の豊富なキャリアに基づいた「やりたいこと」を明確に話すことができています。「自身のやりたいこと」と「応募企業で実現可能なこと」が一致している為に、語る内容に説得力があります。また、やりたいことだけに終始するだけでなく、新たに挑戦していきたいことも追加で語っていますから、採用側に期待感を抱かせることもできています。

この質問は「あなたのやりたいことが応募企業で実現可能であること」を前提に、「やりたことができる根拠」を示す必要があります。

ただ、「若年層で経験が不足している場合」「未経験職への挑戦の場合」は明確な根拠を示すことはできません。その場合は、「なぜ、その仕事をやりたいのか(向いているのか)」を自身のポテンシャルや異業種で培った経験から示す必要があります。未経験OKの若年層を募る転職であっても、「単に興味があるから」レベルでは通用しないことが多いので注意しましょう。

未経験者は「〇〇の経験(理由)からその仕事がやりたい」と具体的に示し、更に「それをやる為に既に〇〇している」という意欲を同時に示したいですね。それができて初めて未経験者であってもポテンシャルで採用を検討してくれます。

 

 


関連記事


転職サイトランキング



人気記事

  1. 2016.12.29 | 転職活動

    転職活動に疲れた30代に贈る、その疲れを根本的に解決する活動指針!
  2. 読み解く

    2016.07.16 | 転職サイト

    転職サイトの信憑性が低いのは当たり前、どう読み解くかが重要!
  3. 2016.11.03 | 初めての転職, 転職活動

    転職における適性テストの全貌(内容・対策・注意点)を知ろう!
  4. 給料下げる

    2016.08.05 | 初めての転職, 転職の考え方

    給料が下がる転職はなるべく若い内、それも結婚前がベスト!
  5. 必ず聞かれる質問

    2016.05.28 | 面接

    転職の面接で必ず聞かれる質問10選(対策必須)
  6. 嘘

    2016.07.13 | 職務経歴書

    職務経歴書の実績に嘘を書いても構わない、ただし・・・。
  7. パニック

    2016.07.26 | 面接

    面接で頭が真っ白になっても”沈黙の許可”を貰えば問題なし!
  8. キャリア

    2016.08.02 | 心得, 転職の考え方

    キャリアを積むとは?その意味について深く考える!