転勤

転職面接「転勤は可能ですか?」の質問に対するOK・NG回答例

転職の面接では「転勤」に関してあなたの考えを問われることがあります。

企業側からすると、入社後にその必要性が生じた時に「拒否」されると困りますから、面接の段階で確認しておきたいんですね。

転居を伴う転勤がありますが、問題ないでしょうか?
全国規模で転勤がありますが、何処にでも転勤可能でしょうか?

この質問は、転勤可能であれば「問題ありません。何処にでも転勤できます!」の一言で終了でなんですが、そうでない場合の答え方が難しいですよね。そこで、ここでは「転勤に関する質問」について、企業側の質問意図、NG・OK回答例を交えて詳しく解説していきます。

企業側の本音 ~ここが知りたいポイント~

企業はこの質問の回答から何を探っているんでしょうか。
まずは、企業側の質問意図を把握しておきましょう。

<企業の質問意図>
転勤が「可能」or「不可能」という明確な回答を求めている。また、転勤が不可能な場合、その理由が「応募者の単なる希望」なのか、それとも「やむを得ない事情」なのかを探っている。

人事異動は社内活性化の為に必要なことであり、戦略の一環でもあります。その為、転勤の可能性がある企業で「転勤できません」と回答すると、100%マイナス評価となりますし、不採用の直接の原因となることもあります。全国に事業所(店舗)を展開しているような企業は特にそうです。

また、既に該当企業に所属している人たちは「転勤の覚悟」を持って働いているわけで、あなただけを特別扱いするわけにはいきません。それ故に、「転勤できない人物は採用しない!」と一線を引いている企業も多いのが実情です。

つまり、理由に関わらず「転勤できません」と回答することは、それだけで不採用の確率が高まる!ということを理解しておいて下さい。

これを前提に「できない」と答えるわけですから、それ相応の理由が必要なのは言うまでもりません。「生まれ育った地域を離れたくない」といった応募者の単なる願望はまず受け入れられません。採用側は、「転勤できないやむを得ない事情を抱えており、それでも御社で働きたい!」という強い意志を持った人にだけ検討する余地を持ってくれます。

 

NG回答例

実際の面接でありがちな「NG回答」についていくつか取りあげておきます。

「問題ありません。転勤可能です。(嘘を付く)」
 
「〇〇近辺なら問題ありませんが、〇〇を離れるのは厳しいです。」
 
「恐らく大丈夫です。今のところ問題ありません。」

 
まず、内定を得たいがために「嘘を付くこと」は絶対に避けましょう。取りあえず内定を得て入社し、「実際に転勤命令が出てから考えれば問題ないだろう」という付け焼刃的な考えは、後々大きなトラブルになり兼ねません。

該当企業で働きたいのなら、転勤を覚悟する!
転勤が嫌ならば、諦める!

これしか選択肢はありません。

また、「遠隔地は厳しい」「恐らく大丈夫」「今は問題ない」など、明確な理由のない曖昧な回答もNGで、まず間違いなく一発不採用となります。この質問の答えは「可能・不可能」の二択であり、曖昧さは許されません。

OK回答例

OK例文から回答のポイントを探りましょう!

今は転勤が難しいというのが正直なところです。
実は今、父親の介護を抱えており、家族総出による交代制で介護をしているのですが、長男の私は一番の責任者となっているからです。
ただ、来年には弟夫妻がこちらの地域に越してくる予定で、その際は「今まで頼っていた分、今後は自分が中心になって父親を診る」と言ってくれています。また、下の子も来春になれば保育園に預けられるようになり、妻の行動範囲が広がるために、介護施設への送り迎えを担当すると申し出てくれています。
それ故、今すぐは厳しいですが、来春以降であれば遠隔地に配属になっても単身赴任で働く心づもりでいます。

 
この例文は、「父親の介護」という不可避な理由があり、今は厳しいが先々であれば対応可能であるという主旨を上手く説明できています。この内容であれば企業側も納得してくれるでしょうし、採用を検討してくれる可能性があります。

ただ、このレベルの正当な理由があったとしても、企業によっては弾かれてしまいます。それだけ、転勤が当たり前の企業で「転勤不可」を通すことは難しいことなんですね。

  • 転勤が不可能ならば、採用側が納得するだけの理由が必要!
  • 明確な理由を示せなければ、極めて高い確率で不採用となる!
  • 応募者の単なる願望は受け入れられない!

厳しいですが、これが転職の現実です。
この現実を理解して適切な回答を準備しましょう。

 

 


関連記事


転職サイトランキング



人気記事

  1. 転職先延ばし

    2016.10.14 | 転職の現実

    転職を先延ばしにするのは危険!
  2. 給料下げる

    2016.08.05 | 初めての転職, 転職の考え方

    給料が下がる転職はなるべく若い内、それも結婚前がベスト!
  3. 嘘

    2016.07.13 | 職務経歴書

    職務経歴書の実績に嘘を書いても構わない、ただし・・・。
  4. 給料

    2017.01.08 | 転職サイト

    転職サイト求人の給料の実態!ホントはいくら貰えるの?
  5. なぜ?

    2016.07.30 | 転職の悩み, 転職の考え方

    なぜ、転職では「残業が多いから」という退職理由が通用しないのか?
  6. 未経験OK

    2016.08.03 | 転職サイト, 転職活動

    転職サイトの「未経験OK」の意味を理解して応募しないと後悔する!
  7. 2016.11.03 | 初めての転職, 転職活動

    転職における適性テストの全貌(内容・対策・注意点)を知ろう!
  8. テスト

    2018.01.06 | 転職活動

    転職における「性格診断テスト」の対策と3つの目的!