流れ

転職面接の流れと重要ポイントの把握が心に余裕を与える

転職の採用過程の中で最もプレッシャーを感じるのが面接ではないでしょうか。

そんな中で、面接の流れや質問内容をイメージできていないと、不安もプラスして心の状態は最悪になってしまいます。結果、想像していなかった質問を投げかけられ、焦って意図しないことを口走ってしまう・・・。面接ではそんな失敗が多いものです。

ですから、面接に少しでも心に余裕を持って臨むため、大まかな流れや質問について把握しておくことは大切なんですね。そこで、転職面接の一般的な流れについてお伝えします。その流れを参考に、事前シミュレーションや回答準備を行いましょう。

  1. 入室・挨拶
  2. 自己紹介
  3. キャリアの確認
  4. 転職理由・志望動機の確認
  5. 最終質問

入室・挨拶

面接担当者が待つ部屋に入室する場合、ノックして「どうぞ」と言われてからドアを開けましょう。逆に、自分が先に面接室に入って待っている場合、担当者が入室したら立ち上がって挨拶しましょう。イスに座り続けたまま応対するのはNGです。転職の面接では後者のパターンが多い様に思います。

自己紹介

昨今は「自己紹介」から面接が始まることが多く、ここでは経歴、経験職種、PR、志望動機を簡潔に伝えます。自己紹介はあなたの第一印象を決定する重要なものですから、まとまり無くダラダラと長い話は避けましょう。

キャリアの確認

あなたの過去の「経歴(職歴)」、今後の「キャリアプラン(夢)」について問われます。ここでは、経歴(職歴)の事実を伝えると共に、応募企業で活かせるであろうスキルや経験をアピールすることが求められます。ただ、自分の能力を超えた過大評価は必要ありませんから、等身大の自分を伝えることを心掛けましょう。

転職理由・志望動機の確認

キャリアを踏まえ「転職(退職)理由」と「志望動機」が問われます。
転職(退職)理由は不平不満ではなく、前向きな姿勢を伝えることが大切です。志望動機に関しては、企業研究を行った上で「なぜその会社を選んだのか」「なぜその会社でないと駄目なのか」を意識した回答を心掛けましょう。また、転職理由と志望動機が連動していることも重要で、そこに一貫性があると話す内容に信憑性が生まれます。

最終質問

面接の最終段階では、応募者側から質問できる「逆質問(最後の質問)」の場が設けられます。転職面接ですから「特にありません」は避けるべきものとなります。ただ、企業HPや応募要項で確認できる様な質問、的外れの質問も意味がありません。何が求められているのかを把握して、しっかりと準備しておきましょう。

 
転職の面接は基本的にはこの流れで進んでいきますが、応募企業やその時の状況によって順序は変化します。面接はコミュニケーションの一貫ですから、臨機応変な対応が求められるのは言うまでもありません。
ただ、注目されるポイント(質問内容)はどの会社でも同じ様なものです。ですから、そのポイントに応じた質疑応答のシミュレーションをしておきましょう。それを万全に対策しておけば、順序が少し変わろうが余裕を持って対応できます。


関連記事


転職サイトランキング



人気記事

  1. テスト

    2018.01.06 | 転職活動

    転職における「性格診断テスト」の対策と3つの目的!
  2. 必ず聞かれる質問

    2016.05.28 | 面接

    転職の面接で必ず聞かれる質問10選(対策必須)
  3. 転職先延ばし

    2016.10.14 | 転職の現実

    転職を先延ばしにするのは危険!
  4. 壊す

    2016.07.15 | 転職の現実, 転職の考え方

    転職に対する良いイメージをぶち壊す!それが後悔しない為の秘訣!
  5. なぜ?

    2016.07.30 | 転職の悩み, 転職の考え方

    なぜ、転職では「残業が多いから」という退職理由が通用しないのか?
  6. ブラック企業

    2016.09.03 | 転職の現実

    ブラック企業を避けて転職を繰り返すと、結局はブラックに辿り着く
  7. 2016.11.03 | 初めての転職, 転職活動

    転職における適性テストの全貌(内容・対策・注意点)を知ろう!
  8. 最初

    2016.12.20 | 転職活動

    転職活動の最初にやるべき極めて重要な3つの行動!