転職面接自己PR

転職面接「自己PR」の回答例と企業が求めていること

転職の面接で質問されることが多く、必ず対策しておかなければならない質問の一つが「自己PR」です。

この「自己PR」はあなたのウリを企業に伝えるものであり「あなたの価値を高める回答」を示さなくてはなりません。ただ、アピールしたいばかりに話を盛り過ぎたり、信憑性の無い話をしてしまうと逆に価値を下げることになってしまいます。こんな風にあなたの価値を高めるチャンスをふいにしたくはないですよね。

そこで、面接での重要項目である「自己PR」について詳しく解説していきます。
企業側が求めていること、どう回答すべきかを知り、あなたの「自己PR」作りの参考にして下さい。

 

企業側の本音 ~ここが知りたいポイント~

面接で質問する側の企業は自己PRに何を求めているのでしょうか。

  • 客観性のある等身大の自己PRが聞きたい
  • PR内容が当社でどう役立てるかを見極めたい
  • 長ったらしい自慢話やうぬぼれは聞きたくない

企業側が聞きたいのは「数値等の具体的根拠やエピソードを交えた客観性のあるPR」なんですね。そして、そのPRポイントが当社で活かせるかを判断したいわけです。つまり、「企業が求める能力(資質・考え・仕事の取り組み方)=あなたのPRポイント」がマッチしてはじめて採用を検討されることになります。

逆に、何の根拠もない話はその真偽を疑われることになり、その真偽を確かめるべく突っ込んだ質問で返されます。そこでスムーズに回答できなかったり、具体的なエピソードを語ることができない。そうなればどんな結果になるかは想像できますよね。また、自分本位の自己PR、単なるうぬぼれ、自慢話、仕事に関係のないプライベートな話も論外となります。

あなたの価値を下げるNG回答例

「私は大学時代に中心となってサークルを立ち上げた経緯があり、リーダーシップには自信があります」

「私の一番のアピールポイントは根気強さがあることです。前職ではその根気強さを活かし、地道に営業活動を続けてまいりました。その結果、徐々に営業成績を上げることに成功し、ノルマを達成し続けることができました」

まず、社会人としてのPRポイントを聞いているのに、学生時代の話をしても意味がありません。転職は社会人経験を持つ中途採用者を求めているのであって、新卒採用ではないことを理解しておきましょう。また、話の内容に関しても「サークルを立ち上げた=リーダーシップがある」と企業側は判断しません。この様な回答は何の根拠もない自分本位の話となり、何の説得力もありません。

二つ目の回答はアピールポイントである「根気強さ」が営業成績にどう活かされているのかが全く分かりませんよね。また、数値による具体的根拠や実際のエピソードが無い為、何がどう凄いのかも伝わりません。あなたはこの文章を読んでどう感じるでしょうか。話に信憑性が無いと感じませんか。そして、大した実績もないんだなと思ってしまいませんか。つまり、これが本当の話であったとしても、それが伝わっていないということですね。その理由は「話に客観性がないから」ということになります。

あなたの価値を高めるOK回答例

「私の一番のアピールポイントは根気強さがあることです。前職の営業ではノルマ達成のために、部署内平均70件のところ、自分に1日100件の訪問ノルマを課し、雨の日も雪の日も猛暑の日も黙々とこなしてきました。半年これを実直に遂行した頃から営業成績が徐々に向上し、その結果、通年で目標比140%を達成するに至りました。
この様に根気強さがあるから自分に厳しく目標設定できます。そして、その目標達成に向けて地道に努力を重ねられる。これが私の一番の強みです。」

ここでは営業職を取り上げていますが、PRを裏付けるエピソードや数値を交えて「客観性」を伝えています。そうすることで、話に信憑性を持たせることができ、本当にそういう人なんだと思ってもらえるんですね。仮にその企業の業務が「根気強さ」「忍耐」「目標達成」などを必要とするものであるならば、入社後の活躍に期待しやすくなりますよね。

 
転職の面接における「自己PR」に重要なのは「話に客観性を持たせて伝えること」となります。

そして、客観性を生み出すポイントが「数値」「具体的エピソード」なんですね。また、回答例の「部署内平均70件のところ、自分に1日100件~」の様に「比較」を使うことでその価値を高めることもできます。更に「部署内No.1」などの誰が聞いても分かり易い数値実績があれば話に盛り込んでも良いでしょう。

自己PRは面接において聞かれる可能性が極めて高い質問ですから、きっちりと対策しておけばあなたの価値を高めることに繋がります。また、「長所は?」「誰にも負けない点は?」など様々な質問にも応用できる凡庸性の高いものです。

誰しもが必ず何かアピールすべきところを持っているはずです。

過去の業務を振り返って意地でも絞り出して答えを準備しましょう。


関連記事


転職サイトランキング



人気記事

  1. 妥協

    2017.02.09 | 転職の考え方

    転職には「妥協すべき点」と「妥協してはいけない点」が存在する!
  2. 転職先延ばし

    2016.10.14 | 転職の現実

    転職を先延ばしにするのは危険!
  3. 仕事を辞めて転職

    2016.02.15 | 初めての転職, 転職の考え方

    仕事を辞めてから転職活動する4つのデメリット
  4. キャリア形成

    2016.09.04 | 転職の現実

    キャリア形成していかないと「会社から必要とされなくなる」怖い事実!
  5. 必ず聞かれる質問

    2016.05.28 | 面接

    転職の面接で必ず聞かれる質問10選(対策必須)
  6. 壊す

    2016.07.15 | 転職の現実, 転職の考え方

    転職に対する良いイメージをぶち壊す!それが後悔しない為の秘訣!
  7. 読み解く

    2016.07.16 | 転職サイト

    転職サイトの信憑性が低いのは当たり前、どう読み解くかが重要!
  8. 嘘

    2016.07.13 | 職務経歴書

    職務経歴書の実績に嘘を書いても構わない、ただし・・・。