面接

転職面接「前職は円満退職でしたか?」の質問意図とOK・NG回答

転職の面接では、前職の退職状況を問われることがあります。

前職は円満退職でしたか?
前職はスムーズな退職でしたか?

企業はこの手の質問で何を探ろうとしているのでしょうか?
転職者にはどのような回答が求められているのでしょうか?

これらの疑問を解決すべく、企業側の質問意図、回答例を交えて詳しく解説していきます。

企業側の本音 ~ここが知りたいポイント~

回答内容を考える前に、企業の「質問意図」を把握しておきましょう。

<実はここが知りたい!>
求職者がトラブルメーカーでないことを確認している。但し、絶対に円満退職でないといけない!ということはなく、許容できる程度のものであれば、現在の反省の念と自身のけじめについて語ってもらえれば問題はない。

この手の質問を受けた場合、企業は「求職者がトラブルメーカーでないか」を確認しています。採用後に前職と同様の問題を起こして辞める…といった可能性がないかを見極めているんですね。要は、採用リスクを軽減するための質問ですね。

円満退職であったのならば、その事実をありのまま伝えればOKです。

問題はそうでなかった場合で、辞め際があまりにも醜いケースです。たとえば「上司と大口論の末、貸与品なども変換せずに退職してきた」といった場合は、「応募者 = トラブルメーカーの可能性あり」ということで採用を見送られる可能性があります。

しかし、多少のいざこざ程度であれば、言い方によっては許容されます。たとえば「あの時は感情的になってしまい、深く反省しています。来週早々にも非礼を詫びに行くつもりです」というように、反省の弁を述べ、関係修復策を語るなどしてフォローすれば問題ありません。

 


 

NG回答例

実際の面接の場でよくある「NG回答」について取り挙げておきます。

「あきらかなブラック企業でしたので、円満退職のできる環境ではありませんでした。私だけでなく同僚も~」
 
「社長からもう来なくてもいいという主旨の言葉を浴びせられたので、そのまま出社せずに自然と退職となりました。」

たとえこれが真実であったとしても、この言い回しでは「トラブルメーカーの可能性あり!」と判断されて一発アウトです。「上司が悪い」「会社が悪い」「環境が悪い」などの他責は、やはり面接官の心象を著しく低下させてしまいます。

OK回答例

OK例文から回答のポイントを探りましょう。

前職は円満退社ではありませんでした。
 
退職当時、直属の上司との関係がギクシャクしており、これが退職の主な一因でしたので、未だに釈然としない想いを抱えているのが正直な気持ちです。ただ、もっと自分からも上司に歩み寄ることができたのでは、と深く反省もしております。
 
また、前職の会社には私を一人前の社会人として育てていただいた恩もありますので、本当に感謝しています。
 
この先、転職先が決まり、自分の気持ちも落ち着きましたら、前の職場には菓子折りを持って挨拶に伺い、しっかりとけじめをつけて邁進していく所存です。

 
円満退職でなかったことを素直に伝え、自分の本音や前職への感謝の気持ち、転職決定後の関係修復策にまで触れることで、素直さを感じさせることができています。ここまでしっかりと語ることができれば、許容範囲として捉えてもらえるはずです。

 

 


関連記事


転職サイトランキング



人気記事

  1. 給料下げる

    2016.08.05 | 初めての転職, 転職の考え方

    給料が下がる転職はなるべく若い内、それも結婚前がベスト!
  2. 転職の現実

    2016.10.15 | 転職の現実

    あまり知られていない「転職の現実」厳選10選!
  3. 自己紹介

    2016.05.27 | 面接

    転職面接「自己紹介」の例文と流れ・内容・時間を徹底解説
  4. パニック

    2016.07.26 | 面接

    面接で頭が真っ白になっても”沈黙の許可”を貰えば問題なし!
  5. キャリア形成

    2016.09.04 | 転職の現実

    キャリア形成していかないと「会社から必要とされなくなる」怖い事実!
  6. キャリア

    2016.08.02 | 心得, 転職の考え方

    キャリアを積むとは?その意味について深く考える!
  7. 給料

    2017.01.08 | 転職サイト

    転職サイト求人の給料の実態!ホントはいくら貰えるの?
  8. 壊す

    2016.07.15 | 転職の現実, 転職の考え方

    転職に対する良いイメージをぶち壊す!それが後悔しない為の秘訣!