転職最後の質問

転職面接「最後の質問」の例文とNG質問集

面接の最終段階で必ず聞かれる「何か質問はありますか?」という逆質問。

これ、何を意味しているのでしょうか?
そして、企業側は何を求めているのでしょうか?

私たち転職者側からしても「どんな質問をすれば良いのか」、「どんな質問をしてはいけないのか」、「特にありませんは通用するのか」と気になる質問でもありますよね。

そこで、面接での重要項目である「最後の質問」について詳しく解説していきます。

 

企業側の本音 ~ここが知りたいポイント~

質問を投げかける側の企業は「最後の質問」に何を求めているのでしょうか。

この最後の質問には「応募者の疑問や不安を解消する為に聞く」という側面があります。ですから、待遇・福利厚生などの条件面、仕事の実態、人間関係などを聞きたいのが応募者の本音ではないでしょうか。

でも、「何か質問はありますか?」に対して「NGの質問(聞かない方が良い質問)」というものが存在する以上、この逆質問に関しても「素直に聞きたいことを聞くものではない」と考えるのがベターです。ですから、他の質問と同様に「評価を落とさない回答を用意しておく必要がある」と言えますね。悲しいかなそれが転職面接の現実です。

以上を考慮して考えると「応募者の本音を探る為」というのが企業側の意図ではないでしょうか。つまり、「会社への興味・入社意欲の高さ」を再確認するということが目的なんですね。

 

あなたの価値を下げるNG質問例

ここでは一般的にNGとされている回答例を提示します。なぜ、NGなのか?それは、「会社への興味・入社意欲の高さ」を疑いたくなるものであり、それが原因で評価を下げてしまう可能性を秘めているからです。

  1. 特にありません
  2. 募集要項、会社のHP、IR資料を見れば分かる様な質問
  3. 抽象的な質問、漠然とした質問(例:今後の経営ビジョンは?、仕事は厳しいですか?)
  4. 細かく突っ込みすぎる質問(例:御社の財務諸表のこの数字は~)
  5. 不安や自身の無さを露呈する様な質問(例:研修制度はありますか?丁寧に一から教えてもらえますか?ノルマを達成できないとどうなりますか?こんな性格ですが、上手くやっていけるでしょうか?)
  6. 福利厚生などの待遇に対する質問(例:休日・休暇はとれますか?有休は使えますか?家賃補助はありますか?手当はどんなものがありますか?)
  7. 仕事内容と隔離する質問(例:残業は多いですか?何時くらいまでに帰れますか?配属先の人間関係は良好ですか?)

項目1、2は「会社への興味が薄い」「企業研究をしていない」と思われ、志望動機に対する信憑性を疑われる可能性があります。

項目3は質問の意図が見えず「それを聞いてどうなるの?」と思われる類の質問です。結果、「何か質問しないとまずいからとりあえず」というニュアンスで捉えられ、評価を落とす可能性があります。

項目4は「難しそうなことを言ってかっこつけたいだけでしょ」と思われてしまうかもしれませんね。これで評価が上がることはないでしょう。

項目5は「あなたの能力が疑われる」ことになります。結局は、仕事に対して不安があり、自信がないんだと思われてしまいます。結果、それまでの面接の評価が覆ってしまう可能性がある危険な質問です。自信がある人はまずしない質問ですから、最も避けるべき種類の質問と言えますね。

項目6、7は働く上で重要ですし、質問して解決したい部分であると思います。ただ、「仕事よりもそれが重要なんだ」「前職を辞めた原因はそこにあるのではないだろうか」と思われる可能性があります。全く別の退職理由や志望動機を語っているとしたら、その信憑性を疑われることになりますよね。この種の質問もプラスになることは無いですから、聞きたい気持ちを我慢して避けることが無難でしょう。

逆質問は、素直に聞きたいことを聞くと「あなたの本当の気持ちが露呈してしまう危険性を持った質問」だと認識しておく必要があります。特に項目5、6、7はその危険性が高いですから充分に注意したいですね。面接担当者はあなたの質問内容に対して「その質問の意図を考える」ということを頭に入れておきましょう。

<面接担当者は質問の意図を考える>

「仕事は厳しいですか?」⇒「厳しい仕事は嫌なんだ。楽を求めている!?」⇒「前職の退職理由は仕事が厳しかったからではないか」

「研修制度はありますか?」⇒「研修が無いと業務を遂行できない?」⇒「仕事に自信が無いのでは!?即戦力として期待できないのではないか」

「ノルマを達成できないとどうなりますか?」⇒「達成する自信がない!?」⇒「前職ではノルマが達成できず、そのプレッシャーから逃げるために転職したのではないか」

「休日・休暇はとれますか?」⇒「前職は休みが少ないのが嫌で辞めたのでは?」⇒「自社を選んだ理由は土日祝休みだったからではないか」

この様に質問意図を考えて連想される可能性があります。ですから、マイナスの方向に連想されかねない質問はNGだということなんですね。但し、これらの質問は「基本的にNG」とされているだけであって、必ずマイナスに作用するわけではありません。また、待遇に関しては働く上で非常に重要なことでもありますし、それを確かめないと入社意思を固められないこともあるでしょう。

そこで重要なのが「マイナス方向に連想されない上手な聞き方」となります。

これに関しては「面接で給料・残業・休日の質問をする際はどう聞くかが明暗を分ける」にて詳しく解説しています。興味がある方は併せてご覧下さい。

 

あなたの価値を高めるOK質問例

転職面接において「プラスとなる質問」「マイナス方向に連想されない質問」とはどういうものなんでしょうか。まずは、そのポイントをお伝えしたいと思います。

  • 入社後、自分が働くシーンを具体的にイメージできる質問
  • 成長意欲を示し、長期的視点で取り組んでいく意思を感じさせる質問
  • あなたと会社のマッチング度をマイナスのイメージを与えずに知る質問

1,2を通して「会社への関心度、入社意欲を感じさせること」が重要になります。また、この逆質問はどんな会社かを知るチャンスでもありますから、3を利用してあなたが望んでいる様な会社かを知ることにも使えます。

<入社後の働くシーンをイメージする質問>

  • 「具体的な一日の業務の流れがどのようなものか教えていただけませんでしょうか?」
  • 「入社後はどの程度の期間・どのような形で実際の業務に合流していくのでしょうか?」
  • 「実績・成果に対してどのような評価基準を設けているのか伺うことは可能でしょうか?」
  • 「私の様に中途採用で入社された方が、活躍している事例にはどんなものがあるでしょうか?」
  • 「私と同年代で入社し、その後活躍している人にどんな事例がありますか?」

 
<成長意欲を示し、長期的視点で取り組んでいく意思を感じさせる質問>

  • 「どのようなスキルを身につければ、今後の仕事に役立ちますか?」
  • 「私の様な中途採用者が、御社でいち早く活躍していく為に身に付けるべきスキルは何でしょうか?」
  • 「私と同年代で実際に活躍されている方は、何が優れているとお考えでしょうか?(どういった資質をお持ちでしょうか?)」
  • 「御社で活躍するために、私のこれまでのキャリアやスキルで足りないもの、補うべきものは何があるでしょうか?」
  • 「私の様に異業種から転職された方は、どの様な勉強をされているのでしょうか?」
  • 「私の様な異業種からの転職の場合、御社でいち早く活躍していく為に身に付けるべきスキルは何でしょうか?」

 
<会社とのマッチング度を図る質問>

  • 「この仕事で最も求められる資質は何であるとお考えでしょうか?」
  • 「この仕事の大変なところとして心得ておくべきなのは何だとお考えですか?」
  • 「御社の社員として強く意識しておくべきことや心がけは何かございますか?」
  • 「〇〇様(面接官)にとって、この会社(仕事・職場)の最大の魅力は何だとお考えですか?」
  • 「私の様に中途採用で入社された方が、苦労されている部分がありましたら教えていただけるでしょうか?」

ここで取り上げた質問例はほんの一例です。これらをイメージしてあなたの状況を考慮した質問を準備することが大切です。私は2の成長意欲を示す質問を多用していましたね。プラスの要素に連想されやすいですし、「御社で1日でも早く貢献したいから」という質問意図を簡単に示せるからです。

また、この逆質問に関しては「複数の候補(3つ以上)を持っておくこと」が大切です。企業によっては、面接中に会社概要、仕事の流れなどを説明してくれることもあります。想定していた質問が解決してしうこともありますから、複数ストックしておくことが必要です。
更に「面接担当者によって質問を変えること」も大切です。最終面接の場で、社長や役員に「細かな仕事内容」や「制度・待遇」などは聞かない方が良いでしょう。経営陣には経営戦略やビジョン、会社全体にまつわる質問がベターです。

最後の質問で重要なのは「マイナスを連想されない質問をする」「質問意図が分かり易い(プラスに連想される)質問をする」ということです。簡単に考えると、重要ポイントさえ満たしていれば何を聞いても問題ありません。また、この最後の逆質問よりも、それまでの面接過程の方が重要ですから、あまり気を使い過ぎない様にしましょう。


関連記事


転職サイトランキング



人気記事

  1. 必ず聞かれる質問

    2016.05.28 | 面接

    転職の面接で必ず聞かれる質問10選(対策必須)
  2. 転職の現実

    2016.10.15 | 転職の現実

    あまり知られていない「転職の現実」厳選10選!
  3. パニック

    2016.07.26 | 面接

    面接で頭が真っ白になっても”沈黙の許可”を貰えば問題なし!
  4. 給料下げる

    2016.08.05 | 初めての転職, 転職の考え方

    給料が下がる転職はなるべく若い内、それも結婚前がベスト!
  5. 個性

    2016.07.26 | 面接

    面接で個性的な回答は必要か否か?そもそも、個性的な回答とは何なのか?
  6. キャリア

    2016.08.02 | 心得, 転職の考え方

    キャリアを積むとは?その意味について深く考える!
  7. 妥協

    2017.02.09 | 転職の考え方

    転職には「妥協すべき点」と「妥協してはいけない点」が存在する!
  8. なぜ?

    2016.07.30 | 転職の悩み, 転職の考え方

    なぜ、転職では「残業が多いから」という退職理由が通用しないのか?