最後の転職

最後の転職にしたい!と意気込む30代転職者が陥る悪循環とは?

今回の転職を最後にしたい!

転職は回数を重ねるほどに良い方向に進まなくなるので、この覚悟を持って転職に臨むことは悪いことではありません。30代という年齢を迎えている人は特にそうだと思いますし、今後のキャリア形成や生涯年収を考えると、そうすべきだとも言えます。

ただ、そこに一つの落とし穴が存在し、「最後の転職にしたい!」「最後の転職にしなければならない!」という意気込みが足枷となってしまうことがあるんですね。

詳しく解説していきます。

 

最後だからこそ、超積極的に応募しなければならない!

あなたは、最後の転職が足枷となって「応募」を躊躇ってはいないでしょうか?

  • 会社を慎重に選び過ぎて応募に対して消極的になっている
  • 口コミや評判が悪いと応募を躊躇ってしまう
  • 理想を追い求め過ぎて、応募する企業が見つからない

こんな状態に陥っていないですか。
これは何も、会社を慎重に選ぶな、深い企業研究をするな、と言っているのではありません。
最後の転職なので、この姿勢は大切です。

ただ、応募に関しての姿勢は間違っています。
最後の転職だからこそ、超積極的に応募しなければならない!
これが正解です。

  • 気になった企業には積極的に応募する
  • 口コミや評判が悪くても、あなたが良いと思ったなら応募する
  • 自分の望みを満たしてくれる会社かどうかを自分の目で見極める

この積極的な行動が必要なんですね。
その会社に入社するかどうか・・・。
それは内定を獲得してから決めればいいことです。

求人情報やネットでの情報検索だけでは会社の本質は掴めません。
実際に面接で足を運び、雰囲気を肌で感じ、その会社で働いている人と話す!

これをやって初めて分かることがあります。
他人の口コミや評判は関係ありません。
自分自身の目で見極める姿勢が大切です。

気付く

また、場数を踏めば踏むほど、面接にも慣れ、企業を見る目も養われていきます。仮に一つの会社が駄目だったとしても、次の会社にその経験が活きてきます。結果的にその積み重ねが「内定確率を高めること」に繋がっていきます。

逆に、応募を躊躇って場数を踏まないと、志望度の高い企業が現れても、経験不足から失敗する可能性が高いんですね。超積極的に応募すること、これは経験を積むためにも必要なんです。

積極的に応募する、自分の目で見極める、多くの内定を獲得して選択する!

最後の転職にしたいのならば、これくらいの意気込みで臨むことが必要です。

最後の転職だからこそ、あらゆる可能性を模索しなければならない!

あなたは、最後の転職が足枷となって「求人媒体を限定」していないでしょうか?

  • 大手の転職サイトしか利用しない
  • 他人の口コミで求人媒体を限定する
  • 自分には合わないと考えて一部の媒体を検討もしない

こんな限定的な求人媒体の使い方をしていないでしょうか。

これもはっきり言って、間違っています。
最後の転職だからこそ、あらゆる可能性を模索しなければならない!
これが正解です。

最後の転職ですよね?
自分の中でベストと思える会社に入社したいですよね?
転職目的を実現してくれる会社に入りたいですよね?

だったら、あらゆる媒体を使って可能な限り多くの求人を見なければなりません。1,000件よりも、2,000件、2,000件よりも、3,000件です。当然、多くの中から探した方が、最適な会社と出会える確率も高まります。また、あなたにとって最適な会社が、どの媒体で求人を募っているかも分かりません。

複数の転職サイトを利用することはもちろん、エージェント、ハローワーク、求人誌、求人広告も使うべきです。

ブラックが多い、使えない、そんな他人の口コミや評判はどうでもいいです。
あなたの価値観と一致するとは限りません。
そんなもので媒体を捨てることは機会損失でしかありません。

人生において重要な最後の転職ですよね?
ならば、可能な限り多くの可能性を模索すべきではないでしょうか。

 

最後のまとめ

今回の転職を絶対に最後にしたい!!!!

この意気込みが、あなたを固まらせてしまい、行動を躊躇わせたり、可能性を狭める原因になることがあるんですね。結果、企業が選べない、応募できない、内定が取れない、活動が長期化するといった悪循環を生みます。

最後だからこそ、行動を躊躇ってはいけません。
超積極的な行動が必要になります。

最後だからこそ、可能性を狭めてはいけません。
あらゆる可能性を模索して選択肢を広げる必要があります。

「数多く応募するのは面倒だ!」
「内定を獲得したのに辞退するのはもったいない!」
「媒体を増やすと求人を閲覧するのが大変だ!」

もし、こんな考えが浮かぶのならば、「最後の転職にしたいは嘘?」と疑いたくなります。

今後の人生を考えると、最後の転職で入社する会社は極めて重要なはずです。

転職活動は相当な労力を要するので、面倒、大変というのは分かりますが、やれることをやっておかないと後悔するかもしれません。そして、「結局、また転職」なんてことにもなり兼ねません。

ほんの一時の活動の大変さなんてのはちっぽけなものです。
望み通りの結果が得られれば全て報われます。

<最後の転職にする為に>
当サイトでも「転職サイト」「エージェント」をいくつかご紹介しています。
可能性を広げる意味で参考にして頂ければと思います。
人生で最後の転職活動です。
大変かもしれませんが、「今」から最善を尽くしましょう!

 


関連記事


転職サイトランキング



人気記事

  1. 自己紹介

    2016.05.27 | 面接

    転職面接「自己紹介」の例文と流れ・内容・時間を徹底解説
  2. 読み解く

    2016.07.16 | 転職サイト

    転職サイトの信憑性が低いのは当たり前、どう読み解くかが重要!
  3. ブラック企業

    2016.09.03 | 転職の現実

    ブラック企業を避けて転職を繰り返すと、結局はブラックに辿り着く
  4. 仕事を辞めて転職

    2016.02.15 | 初めての転職, 転職の考え方

    仕事を辞めてから転職活動する4つのデメリット
  5. 2016.11.03 | 初めての転職, 転職活動

    転職における適性テストの全貌(内容・対策・注意点)を知ろう!
  6. キャリア

    2016.08.02 | 心得, 転職の考え方

    キャリアを積むとは?その意味について深く考える!
  7. 未経験OK

    2016.08.03 | 転職サイト, 転職活動

    転職サイトの「未経験OK」の意味を理解して応募しないと後悔する!
  8. 転職の現実

    2016.10.15 | 転職の現実

    あまり知られていない「転職の現実」厳選10選!