クエスチョンマーク

志望動機「興味があった(興味を持った)から」を面接で語ると不採用!?

就職・転職・アルバイトに限らず、採用面接では必ず「志望動機」を問われますが、その際「興味があったから」「興味を持ったから」を前面に押し出す人がいます。

  • 昔からPC(パソコン)関係に興味があったから【IT・事務職関連】
  • ファッションに興味があるから【アパレル関連】
  • ゲーム作りに興味があったから【ゲーム業界】
  • 美しい建造物に興味を持ったから【建築士・土木関連】
  • 絵を描くことに興味があったから【WEBデザイナー、イラストレーター】
  • 文書を書く仕事に興味を持ったから【ライター、新聞記者】

一見、聞こえのいい「興味がある」という志望動機ですが、アピール力(プラス要素)はゼロに等しいのが実情です。つまり、志望動機として語るのは不適切であるということなのです。

この意味するところを詳しく解説していきます!

 

1.企業は「興味がある人」を雇用したいのではない!

面接に臨むにあたって知っておいて欲しいことは、企業というのは「自社の事業や関連商品に興味がある人を雇用したいわけではない!」ということです。

企業が採用活動で求めている人材とは、「雇用することで自社に利益をもたらしてくれる人材」です。これが採用の本質であって、それ以上でもそれ以下でもありません。この根本的な事実をしっかりと理解しておく必要があります。

例として「アパレル店員」で解説すると、企業は「販売員としてより多くの商品(服)を売り、より多くの売上をもたらしてくれる人」or「店長として店舗全体を管理して売上予算を達成してくれる人」を雇用したいということです。

つまり、これらの要素を満たしてくれる人物であれば、「服に興味があるかどうか?」なんてことはどうでもいいわけです。

A.ファッションに強い興味を持っているが、接客が苦手で「毎月150万円」の売上しかあげれない人
 
B.ファッションに興味はないが、接客スキルが高く「毎月250万円」の売上をあげられる人

 
あなたがアパレル店舗を経営する社長だとしたら、「A」「B」どちらを販売員として採用しますか? この疑問の答えが、この表題の明確な答えとなります。要するに、「興味がある」「興味を持った」は仕事の能力と全く関係のない要素なので、評価基準になり得ないのです。

また、会社というのは一個人の「興味があること」を実現させてあげる場でもありません。そして何よりも、応募企業(関連商品)に全く興味を抱かない人は、そもそも応募しません。つまり、応募者全員が少なからず興味を抱いているので、この動機では全くライバルと差別化できないのです。

これが一つ目の理由です!

2.志望動機の回答として適切ではない!!

面接に臨むにあたってもう一つ知っておいて欲しい重要事項があります!

それは、志望動機とは「応募企業でなくてはならない理由(応募企業を選んだ理由)」を語らなければならないものである! ということ。

分かり易く言うと、「何故、数ある同業他社の中でうちの会社を選んだのですか?」を聞かれているということ。つまり、「興味があるから」「興味を持ったから」という志望動機は、そもそも論として「不適切な回答」なんですね。

Q. あなたは、数ある同業他社の中で、何故、うちの会社を選んだんですか?
 
A. 応募職種の〇〇に興味を持ったからです!

 
応募企業を選んだ理由としては不適切ですよね?

採用側からすると、「〇〇の職種に就ければどの会社でもいいんだ…」と感じてしまいます。結果、「この応募者は理由もなく適当に自社を選んだだけ」と解釈して一発アウトです。

志望動機では、「数ある同業他社の中で応募企業を選んだ明確な理由」を語り、入社意欲をアピールしなければなりません。それにも関わらず、質問とかけ離れた回答をしていては、採用を勝ち取れるはずもありません。

これが2つ目の理由です。

 

面接で「興味がある」が効果を発揮する場面!

応募企業と関連のあるものに「興味がある(興味を持った)」というのは、決してマイナスではありません。その為、自身のPRポイントとして語るのは問題ありませんが、その場合でもプラスアルファが必要になります。

<模範回答(パソコンに興味を持つ、IT業界(SE)志望>
 
私は、社会に出てパソコンに触れる機会が増えたことで、ITというものに強く興味を持つようになりました。その興味が高じて独学でプログラミングを学習するようになり、今では簡単なゲームを作れるレベルに達しております。
その為、業界未経験ではありますが、ある程度の知識やプログラミング論を理解しております。もし採用されましたら、一流のSEとなれるよう日々精進し、御社に必要不可欠な人材となって貢献したいと考えております。
 

 
このように「興味がある ⇒ だから〇〇ができる ⇒ 結果的に貢献できる」を連想させる回答ができれば、採用の本質を満たした訴求力の高いアピールとなります。ここまで語って初めて、「興味がある(興味を持った)」というのがプラスとして生きてくるんですね。

  • 志望動機を問われたら「応募企業を選んだ明確な理由」を語る!
  • 面接で「興味」をアピールする場合は、採用の本質を満たしたプラスアルファーを追加する!

実際の面接で「興味があった(興味を持った)」を志望動機として語る人は決して少なくありません。それ故に、上記の2点を満たした回答を準備しておけば、あなたは候補者の中で一歩抜きん出ることができます。

 

 


関連記事


転職サイトランキング