会社不満退職

今の会社が不満で転職を考えているあなたに伝えたいこと

今の会社に不満があって転職したい!

やむを得ないケースを除いて、この「不満」こそが転職へと駆り立てる要素であることは疑いようがありません。

ただ、そんなあなたにお伝えしておきたい「転職の現実」があります。これは、冷静に考えると当たり前のことなんですが「会社の悪いところばかりに目を奪われ、転職することでそれが改善される希望を抱いている時」には見えていないことが多いものです。

転職の現実をしっかりと把握しておかないと、たとえ転職して別の会社で働くことになったとしても、また同じことを繰り返してしまう可能性があります。

まず、転職の原因となる「不満」について見ていきましょう。

  • やりたい仕事ができない
  • 職場環境が悪い
  • 残業が多い
  • 仕事量の割には給料が安い
  • 昇給やキャリアアップ基準が不明確
  • 休日が少ない
  • 上司と意見が合わない
  • 上司や同僚との人間関係
  • 会社の将来性が不安
  • etc・・・

これらの理由で転職を考える人は非常に多いです。

これらは全て「どの会社でも起こり得る不満」に分類されるもので、ここでお伝えする見解は、この不満が理由の転職についてとなります。

 

同じことはどの会社でも起こり得る

あなたが会社に対して抱いている不満が特別であることは稀で、どの会社でも同様の不満が存在することがほとんどです。

あなたはこんな経験をお持ちではないでしょうか。

久しぶりに友人に会って食事をする時、「各々の会社の不満で話が盛り上がる」といった経験が。「自分の会社も同じ!」「それは、ないけど、ウチの会社にはこんなところがある」といった具合にです。恐らく、大部分の人がこれに同調でき、疑問を感じることなく会話に花が咲いているのではないでしょうか。

この事実から知っておいてほしいことは、転職して会社を変えたとしても、今と同じ不満を抱える可能性があるということです。また、今抱えている不満が改善されたとしても、別の不満が浮上するなんてことも往々にしてあることです。

例えば、給料の安さを不満に転職して給料UPを実現したが、残業が多く、休みも少なくなった等です。「何かを手に入れたければ、何かを犠牲にする」ではないですが、そうである場合が多いという事実を頭に入れておきましょう。

あなたの望みを全て満たす会社は存在しない

会社というのは個々人の望みを実現する為に存在する訳ではないので、どんな会社でも何かしらの意にそぐわないところがあります。分かっているつもりでも、この事実をしっかりと頭に入れておかなと、永遠に理想の会社を追い求めて転職を繰り返すことになります。

あなたの求める条件を全て満たした理想の会社で働きたいのなら、それは「転職」ではなく「起業」です。あなたが会社を立ち上げ、自分でルールを作るしかありません。これをせず、他人の作った会社で働くのであれば、ある程度の不満は受け入れる必要があります。

あなたが転職して入社する会社は、誰かが不満をもって辞めた会社

企業が転職市場に求人を出す理由は、「事業拡大の為の人員確保(増員)」or「人が辞めて人員が足りないから」のどちらかです。前者は成長戦略の一環ですからプラスの要素ですが、後者の場合はやむを得ずのマイナス要素です。

で、転職市場の求人は後者が圧倒的な割合を占めます。

求人を継続的に見始めると、「通年で求人を出している企業」や「定期的に求人を出している企業」が如何に多いかに気付くかと思います。これらの企業がどんな企業かというと、「人の出入りが激しい(離職率が高い)企業)」です。

そして、転職市場は「転職したくなるような何かを持つ会社同士の中で人が流動している」と捉えることもできます。それ故に、「転職してあなたが次に入社する会社は、誰かが不満をもって辞めた会社であることが多い!」ということを意味するわけです。

悲しいかなこれも転職市場の現実なんですね。

仮に、従業員満足度の高い素晴らしい会社があったとしましょう。
この素晴らしい会社は離職率が圧倒的に低くなります。
だから、新卒採用だけで事足りるので、中途採用を行う必要がありません。

 

 

最後に

転職市場の現実を知ってどう感じたでしょうか?

恐らく大部分の人が「転職ってどうなの」「転職ってなんか怖いな」と感じたのではないでしょうか。中には「今の会社に不満な部分はあるけれど、もしかしたら悪い会社ではないのかもしれない」と感じた方もいるかもしれません。

ここで私が最も伝えたいのは、どこの会社でも起こり得る不満で転職すると「会社を変えても同じことが繰り返される可能性がある」という事実です。そして、その事実を踏まえた上で「今の会社に対する不満は、転職する程に悪いものなのか?」「自分の考え方や行動を変えれば、解消できるものではないか?」を考えて欲しいんですね。

例えば、今はやりたいことができていないけど、異動や会社への要望が通ればやりたい仕事ができる可能性がある。今の給料は安いけれど、実は昇進すればある程度は貰える。人間関係に問題があるけれど、その相手を受け入れて接し方を変えれば実は改善される可能性がある。

自分の考え方や行動を変えることで不満を解消できる可能性がある!
実はそれを知っているが、行動していない、行動したくないだけではないか?

これをよく考えることが大切です!
転職という行動は勇気ある行動ですが、転職しないという行動も同じくらいに価値があります。

 


関連記事


転職サイトランキング



人気記事

  1. キャリア

    2016.08.02 | 心得, 転職の考え方

    キャリアを積むとは?その意味について深く考える!
  2. パニック

    2016.07.26 | 面接

    面接で頭が真っ白になっても”沈黙の許可”を貰えば問題なし!
  3. 壊す

    2016.07.15 | 転職の現実, 転職の考え方

    転職に対する良いイメージをぶち壊す!それが後悔しない為の秘訣!
  4. ブラック企業

    2016.09.03 | 転職の現実

    ブラック企業を避けて転職を繰り返すと、結局はブラックに辿り着く
  5. なぜ?

    2016.07.30 | 転職の悩み, 転職の考え方

    なぜ、転職では「残業が多いから」という退職理由が通用しないのか?
  6. 給料下げる

    2016.08.05 | 初めての転職, 転職の考え方

    給料が下がる転職はなるべく若い内、それも結婚前がベスト!
  7. 読み解く

    2016.07.16 | 転職サイト

    転職サイトの信憑性が低いのは当たり前、どう読み解くかが重要!
  8. 2016.11.03 | 初めての転職, 転職活動

    転職における適性テストの全貌(内容・対策・注意点)を知ろう!