ビジネスはてな

業績不振を「転職(退職)理由」として面接で語るのはアリなのか?

業績不振…従業員にとっては切実な問題です。

事実、会社が業績不振に陥ったことが原因で転職に踏み切る人は数多くいらっしゃいます。「業績好調の安定した企業で働きたい!」というのは転職理由としても間違っていません。ましてや、業績不振が原因で賃金カット(減給)なんてことにもなれば、それこそ死活問題ですからね。

ただ、この転職理由をは面接で通用するのか? ってのがここでの本題です。

 

業績不振は転職(退職)理由として通用するのか?

前述した疑問を解決するにあたり、ここでは「業績不振で減給となり転職を決意した人」を何人も担当した転職コンサルタントのお話しを引用しています。

業績不振で減給となったが故に転職したい…。
 
これまで年収600万円もらえていたが、業績不振で現在500万円になり、更に給料が下がることも予想されるため、転職したい。このような動機で転職に踏み切る人が増えています。
 
面談時に「希望年収はいくらですか?」と質問すると、500万円です、と回答されます。更に突っ込み、「なぜ500万円なんですか?」と聞くと、だいたい以下のような回答が返ってきます。
 
「だって、まだ小学生の子供が二人いるんです。これから大学まで進学することを考えると、更にお金が必要なんです。住宅ローンもまだ25年残っているので、生活諸々のことを考えると最低500万円はないと厳しいです。」
 
このお話し、確かに求職者にとってはとても切実な問題です。生活のことを考えれば、このくらいの年収が欲しいというのも理解できます。しかし、これはあくまでも求職者個人の都合に過ぎず、採用側の企業にとっては全く関係のない話です。
 
企業が中途採用で人材を募る理由、それは、「自社の問題点を解決したい」というものです。その問題を解決してくれる人を迎えるために予算を割くわけですが、これはあくまでも「その年収相応の活躍をしてくれる人に支払う給料」であるのです。
 
それ故に、転職理由がこのような「個人の都合」である場合、採用側は途端に興味をなくします。

 
これが業績不振を理由に転職する人のありがちなパターンなのですが、結果、「転職したが失敗し、給与だけでなく仕事のレベルも下がった」といった事例が多く発生しているのです。

もちろん、この例文では「減給」というものが絡まっているので、全てのケースに当てはまるわけではありません。しかし、業績不振を転職理由とした場合、企業はマイナスにしか発想できないのです。「なんだ、自社を選んだのは業績が好調なことが理由か」と考えるので、あなたが語った志望動機も薄まります。

会社の業績が悪化・・・安定した環境を求める、給料が減ったから他社にすがる。これも、「会社が業績不振になると真っ先に逃げ出す人」「業績回復を目指して仕事に従事しない人」との印象を与える行動です。

あなたが社長なら「業績が悪化すると辞める人」を雇い入れますか?

この疑問の答えが、表題の答えです!

 


 


関連記事


転職サイトランキング



人気記事

  1. 嘘

    2016.07.13 | 職務経歴書

    職務経歴書の実績に嘘を書いても構わない、ただし・・・。
  2. 必ず聞かれる質問

    2016.05.28 | 面接

    転職の面接で必ず聞かれる質問10選(対策必須)
  3. パニック

    2016.07.26 | 面接

    面接で頭が真っ白になっても”沈黙の許可”を貰えば問題なし!
  4. 2016.12.29 | 転職活動

    転職活動に疲れた30代に贈る、その疲れを根本的に解決する活動指針!
  5. なぜ?

    2016.07.30 | 転職の悩み, 転職の考え方

    なぜ、転職では「残業が多いから」という退職理由が通用しないのか?
  6. 壊す

    2016.07.15 | 転職の現実, 転職の考え方

    転職に対する良いイメージをぶち壊す!それが後悔しない為の秘訣!
  7. キャリア

    2016.08.02 | 心得, 転職の考え方

    キャリアを積むとは?その意味について深く考える!
  8. 2016.11.03 | 転職活動

    転職における適性テストの全貌(内容・対策・注意点)を知ろう!